下唇の裏が痛くなります。

この質問はわりとコンスタントに送られてきます、みんな悩んでいるんだと思います。

結論から言うと 「時間か解決する・・・」ということになってしまいます。
こんなこと言うと無責任な感じもしちゃうんですがね・・ 笑

僕自身も高校生の時はよく唇の裏から出血していました。
結局下の歯で下唇の裏を噛んでいるので 仕方ないのですが、逆をいうとあまり 歯 で噛まなくなれば症状は改善されるということです。
(ただ部活ですから時間的には恐ろしいくらい 吹かされてました、
平日5時間 休日は8時間とか。。。ですから 2時間くらいの練習なら 痛みが出なくなるまでにはそれほど時間はかからないと思います。)

それにはアンブッシャーで使う筋力がつくまではどうしても
アゴの筋肉をつかってしまいます。
アゴの筋肉を使うということは  噛む ということにつながってしまいます。

アンブッシャーで使う筋肉(代表的な筋肉としては 口輪筋)等が発達してくると、
アゴの筋肉を使う割合が減少してきますから、下の歯から 下唇へのプレッシャーは低減されていきます。
正直、長時間(3.4時間以上)吹いても痛みを感じなくなるくらいまで上達するには
10年単位の時間がかかります。。

またセッティング面からも改善する方法はあります。
あまり開きの広いマウスピースに硬めのリードを使うと、やはりアンブッシャーの筋力が大きく必要になります。
ですから比較的やわらかめのリードを使うセッティングにしてみるのもいいです。
しかし開きの広いマウスピースに、硬いリードで出る音色がどうしても欲しいなら
その試練に打ち勝ってください 笑

クラシック系の場合は僕も当時そうでしたが 3~3半 のリードを
使わないと、なかなかまろやかな音色がえられないのも事実です。
クラシック系奏者の中には歯から下唇への負担を軽減するために
下の歯茎の部分に紙をいれたり、下の歯に直接かぶせるシリコンを
使っている人もおられます。

ポピュラー・ジャズ系では平均的には 2半 あたりのリードを
使いますから、クラシック系奏者よりは本来負担は少ないんですけどね。

改善には時間がかかる とはいえセッティング面からも改善策を
模索してみると 大分軽減されていくと思います。

今回はあんまし回答になっていないような。。。。お許しを・・・。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

お気軽にコメントをどうぞ!!