サックスのエチュード(練習曲)とか

Klose 25の日課練習 はサックスの練習曲(エチュード)では、1.2を争う有名著です。

私自身は高校2年生の時に、一つ上のI先輩がこの本を教えてくれまして、神戸元町のヤマハさんに買いに行ったのを覚えてます。
高校生には超高額な楽譜でしたから、オカンに我儘言って出資してもらいました 😆


内容はというと、ひたすら指を動かすエチュードですが、随所にサックス奏者が苦手とする指のつながりが散りばめられてまして、繰り返しやっていくうちに「あれ・・なんか最近指動くようになってきた感じする」となるエチュードです。
レベルは初級者~中級者向けと言われますが、10番あたりからは結構ムズイデス・・。

 

あと他のエチュードで有名どころとしては、ラクール 50の練習曲

これは、クローゼと打って変わって、譜面ずらは簡単そうに見えて、甘く見てるとひどい目に遭う本です。
とにかくダイナミクス記号をきっちり守ろうとすると、おもわず自分の癖が出そうになります。
これに関しては、よほど自己判断能力がたけている人でない限りは、最初は指導者の下で診てもらいながら練習する方が良いかもしれません。

これは2巻に分かれています。


 

日々のスケール練習を含めて、現在一番有名な本は何といってもサクソフォーンのためのトレーニングブックではないでしょうかね。安いのに盛り沢山なんです。

中身は音符が沢山並んでて、ほとんどの方が「げーーーー大変そう」と思うでしょうし、はいっっ実際大変です!
とにかく全調性の音階とか分散とか・・と、まさに基礎練習の集大成です。音階などはすごくすごく重要な練習ですから、根気よく続けることで、確実に上達します。
クローゼもそうなんですけど、こういった運指練習を騙されたと思って日々練習を続けると、自分でもびっくりするくらすスムーズに指が動く瞬間がでてきて、驚くと思います。
あと、トレーニングハイとでも言いましょうか、ひたすら続けていると、なんかが降りてくる瞬間あります(謎)

 

これ以外にも、まだまだ沢山ありますし、さらにジャズ系にはジャズ系のエチュードも沢山ありますが、上記はジャンル関係なくサックスをコントロールする為には非常に良いエチュードですよ。
サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!