ソプラノサックスとダブリング(他サックスとの持ち替え)でありがちな話

レッスンでわざわざ神戸からお越し下さったHさん。

「ソプラノサックスの上の方が出しにくくて・・・」

という事でした。
Hさんはテナー歴は25年で、結構練習もされている方なのでフラジオも操れるレベルではありますが、ソプラノはわりと最近始めたそうで、上記のような悩みを抱えているとのことした。

正直なところ、テナーメインの奏者がソプラノを買って、上の方が鳴らないんです・・・の場合は、まぁ・・原因は「あれやな」と予想付くわけです😅

1つは、息入れすぎ!!

テナーのような息入れの解放感をそのままソプラノに持ってこようとしてしまって音痴や音割れ、上のラから先が出ない・・となる場合。ソプラノに解放感を求め過ぎたらあきません。

2つめはマウスピース・リードの選択ミス

テナーでティップオープニングが広いマウスピースを使っていて(例えばリンク7とか7★とか) ソプラノはセルマーC90 とかくらいで、開きが180くらいのやつを使っているのに、テナーの感覚のままリードが柔らかいの使ってるとか・・

とくに、2つめの方が多いですね・・・
セルマーのS90は扱いやすいマウスピースですが、テナーの感覚からするとティップオープニングは激狭なので、リードは3~3半が適正となります。
ティップオープニング狭いマウスピースに柔らかいリード付けたら、ペタッてリードがくっついて鳴らなくなりますよね。
それをむりやり鳴らそうとすると、めっちゃ深めに咥えてオモチャみたいな音でさらに音痴になりますからね(^^;

回避策は先ほど言ったように
①ティップオープニングが狭いマウスピースは、固めのリード

逆に

⓶マウスピースをティップオープニング広めのものに変えて、リードは柔らかめ

となります。

ここで、⓶の選択をすると、メリットだけのような気もしますけど、ティップオープニング広めに柔らかいリードだと、音量もでますけど、音程は暴れやすくなります。
すなわち、息はある程度入る余裕を残しつつ、音程をキープする練習をしないとダメです。

①は音程の遊び幅は狭いのですが、ポピュラーサックスの場合、それもデメリットと言えばデメリットですけど、ソプラノサックスではそれほど影響はないです。リードが硬いことでアンブッシャがタイトになるため、結構シンドイっちゃシンドイですね(^^;

初心者の方・ソプラノ初級者の方は ① の選択
例えばセルマー C90-180 あたりに、レジュール3番とか

ポピュラーよりのセッティングなら
セルマースーパーセッションGとかに、レジュール2-1/2とか、ラヴォズ ミディアム とか ミディアムソフト とか

※まあ、上記は一例で、実際はマウスピースのバッフル形状の違いで組み合わせも変わりますし、奏者のアンブッシャでも然りですけどね。

ちなみに、わたくしの最近のセッティングは
セルマースーパーセッション H に
ファイブラセル 2 か 2-1/2 もしくは
ヘムケ 2-1/2 とか ラヴォズ ミディアムソフト です。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

雑誌 ”Goods Press”  サックス連載企画 🎷第6弾🎷

さて、今年から連載頂いている、雑誌 “Goods Press”  さんでのサックス連載企画第6回が掲載されました。(140~141ページに掲載されています)

今回は、ちょっと大胆な発言もしていますが(^-^;

サックス企画以外も、もちろん読み物としても楽しい雑誌なので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

雑誌 ”Goods Press”  サックス連載企画 🎷第5弾🎷 エアロフォンも紹介してます。

さて、今年から連載頂いている、雑誌 “Goods Press”  さんでのサックス連載企画第5回が掲載されました。(138~139ページに掲載されています)

今回は、エアロフォンも登場いたしますー

 

サックス企画以外も、もちろん読み物としても楽しい雑誌なので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

左手のポジション

先日、サックス歴20年以上の新人生徒さんに、サックス奏者として誰しも通過する”儀礼”であります、左手の矯正をはじめました。

左手のポジションは、英才教育でサックスを学んだ人以外は、まあ、私もそうでしたけど、ある時から矯正期間が必要になりますし、自身でもそう感じてきますよね。

現代の楽器は人間工学に基づいて細部が改良されていますから、むかーしのサックスより、キーポジションも改良されてますけど、逆を言うと人間工学に基づいたサックスの持ち方の”理想的な手の形”にしないと、サックスのキーポジションにピッタリと収まらない訳です。

こんなこと言いながら、私自身も決して運指が美的ではありませんが(^^; 左手に関しては20代に師匠から”強制矯正”していただきました 😛

矯正する前は、左手のパームキーが絡むフレーズは壊滅的なものもありました、んで矯正期間は更に壊滅的になりましたけど、そこは踏ん張りどころで、半年くらい経過してからは、驚くほどスムースに動く瞬間が感じられるようになりました。
とはいえ、矯正してからでもできないフレーズは、何回も繰り返して練習するほかないのですけどね。

間違ったポジションで何回も繰り返して練習するよりは、一回とにかく矯正する期間を設けたほうが、後々の効率は上がるのは確かです。

手首の角度(スナップ)・指の重心・それぞれの指の第一関節・hight D & D#は人差し指で押そうとしない・・・・等々、矯正は多岐に渡りますが、歴が5年を超えたくらいから、是非、今習っておられる先生や指導者の下、矯正に着手してみてください。
※詳細は、わたしが文章で書く才能が無い事や、動画解説を作るとかはめんどくさいし伝えにくいしww・人によって症状がそれぞれ違うなどの要因で、詳細はスル~します 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

雑誌 ”Goods Press”  サックス連載企画 🎷第4弾🎷

さて、今年から連載頂いている、雑誌 “Goods Press”  さんでのサックス連載企画第4回目が発売されております。(138~139ページに掲載されています)

今回は、 サックスどこで練習すりゃいいの??編 です。

サックス企画以外も、もちろん読み物としても楽しい雑誌なので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

偶然

レッスン生の人との関わりで、たまに起こる偶然、まぁ、なんか因果があるのかもしれませんが 😆

昨年の最大の”因果”は、たまたま東京に来ている期間だけ、サックスを習いに来ていたY君。
九州に住んでる人なのでもとくに繋がりはなさそうだったのだけど、話してみると出身は神戸・・・
中学は?

え~~~同窓やんっっっっっっ

生まれた年は・・・

え~~~同学年やんっっっっっっ

まさかの同級生でした。

私が中学の頃は、一学年400人以上いましたので、小学校が違うY君とはまったく共通点も無くて、さらにY君は、当時ヤンチャしてたらしくて、殆ど学校に来てなかったそうで、知りませんでした 😆  Y君もそんなこととは知らず、うちに習いにきたわけでww 不思議なこともあるもんです。
ちなみに、中学時代のY君は、相当のヤンチャだったらしくて、中学の友達に聞くと“あいつはヤバかった”と言ってましたw 知らなくて良かった 😆
大人になったY君は、そんな面影は全くなくて、プロサーファーとして活躍されてます。

——————————–
で、最近の”因果”は
「先生、●●でよく購入してませんか?」
●●は、10年程前から2か月に一度は、会社業務で必要となるものを買っている、大手販売店の通販部門。

「うん、使ってるよ~ なんで知ってるの??」

「いつも、メールやり取りしてるの、僕です」

「えーーーどういうことやねんww」

その大手販売店の通販は、配達日時指定ができないんだけど、いつも注文してから「もし可能でしたら土曜日の12時~18時にお願いしたいのですが・・」とか我儘をメールでお願いしてまして(^^;
それに対して、いつも我儘を聞いてもらって、丁寧に対応してもらってました。
んで、そのメールを確認すると、そこには彼の署名が 😆
わっっっっ・・・
「今後ともよろしくお願いいたします」w

私自身は、法人名でやりとりしてたのですが、レッスンに来られた時に弊社名を見て、なんか知ってる・・となったそうですww

いやぁ・・・人と人はどこでどうつながるかわかりませんから、謙虚に生きなきゃ・・と、改めて思う今日この頃です 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

とりあえずスマホで

ここんところ、サックスを始める生徒さんには、チューナーはわざわざ専用機かわなくても、スマホのアプリでいいよ~と言っています。

ただ、難点が一点・・・性能が高すぎて、敏感すぎる 😆
3,000円位で手に入るチューナーとかは、アプリと違って計測から表示迄にレイテンシー(遅延・ズレ)が起こるけど、アプリでは瞬時に反応するので、初心者には判定が厳しすぎるような 😆
昔のチューナーには、そのあたりのアバウト具合を選べるのも有ったので、アプリでも少し甘めの判定モードとかあると、初心者は必要以上に神経質にならなくて良いかもしれません・・(^^;

とはいえ、100円程度で高性能のチューナー・メトロノーム等アプリを手に入れられるのは、便利な時代になりましたね。

あと、そうですね、練習用によく使われているのが、iReal Proですかね。このアプリは、昔からある有名伴奏ソフトBand in a Boxをアプリにしたような手軽さで、伴奏してくれます、オプションでアヴェイラブル・ノート・スケールの表示機能とかもあり、スケールを覚え出しの頃には、とても重宝するのではないでしょうか。現在、このソフト通常時は1,600円ですが、たまに安売りしてて700円とかになるので、それ見つけた時は迷わずポチってくださいw

20年くらい未来に、あなたの理想のサックス音色で、頭で想像するだけで、その通りに華麗にサックス音を奏でるアプリが出て来たとしても、本物のサックスは止めないように!!
AIに負けないように練習しておきましょう 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン