【Aerophone】近々メジャーアップデートが来るらしいよ!!

未だにAerophoneが品薄状態が続いているようですね、品薄商法か?? と噂もたっていますけどw 単純に予想以上の売れ行きで生産が追い付いてないらしいです 😆
IMG_5919

そんなAerophoneのファームウェアが近々バージョンアップする という噂を聞きつけました~ 😛
メジャーアップデート」と書いたのは、いわゆる修正的アップデートではなく、機能を大幅に追加したアップデートになるらしいのです。
教室 区切り線
気になる小耳に挟んだアップデート内容なんですけど
教室 区切り線
〇15音色程追加されるらしい!

シンセ系の音色でレイヤーを重ねたタイプの音色が15音色ほど増えるらしい。「レイヤーを重ねた」とは、音色と音色をミックスした音色とでもいいますか、まあ簡単に言うと音が太くなるはず 😆  キーボードでは、よくレイヤー重ねて音色つくったりしますよね。

アップデートで音色が追加できる とは、聞いていたのですが、これは楽しみですよね!
しかしまぁ良い時代になりました 😮  音源バージョンアップで内蔵ROMを交換していた20代 😆
教室 区切り線
〇ウインドシンセ奏者待望の「キーディレイ機能」

Key delayパラメータが追加されるらしい。ウインドシンセ奏者にとって、とてもありがたいですよね
僕のEWIでもKey delayの設定をしていますが、これを自分の好みに設定できると、Aerophoneもさらに演奏しやすくなると思います。ちなみにKey delayをざっくり説明すると、運指を行ったとき、とくに早いフレーズを吹く時などに、別の音が意図せず間に入ってしまう事があります、よくあるのはオクターブキーがシビアすぎて「ピッ」て意図しないオクターブ上の高い音とかね。
奏者の指の動作が機械的にめちゃくちゃ正確ならこの機能はいらないのですが、人間ですから、どうしてもどこかの指だけ瞬間的に遅れたり、早かったりしてしまうものなのですよね、で、これの対処として音の変わり目(運指の変わり目)に極短いタイムラグを設けることで、次の運指になったタイミングで発音さるように設定できるということです。自動車のハンドルの「遊び」みたいなもんですね、レーシングカーのように、あまりクイックにダイレクト過ぎても普段使いには使いにくいわけです。
演奏者が自分に合わせて適切に設定すれば抜群の効果を発揮するはずです 😳
教室 区切り線
〇フラジオ運指のON/OFF

僕自身はAerophoneでフラジオ運指も使ってるのですが、サックスを吹ける人ばかりでもないですし、またサックスを吹いておられても、まだフラジオ領域の練習をしていない人も沢山いるわけですね。んでフラジオ運指での発音をON/OFFできるようになるらしいのです。
別にON/OFFできなくてもええやん と思うかもしれませんが、なんせAerophoneには恐ろしい数のフラジオ運指が事前登録されていますから、意図せずにたまたまフラジオ運指になってしまって、演奏中にピ~っと鳴ってしまう事があるみたいなので、OFFにするものありですね。
サックス吹かない人はフラジオを習得する必要もないですし、オクターブキーでカバーできるのでOFFできるようになるならOFFでいいでしょうね。
教室 区切り線
〇USERトーンのPCバックアップ

この機能!!めっちゃ欲しかったんですよね 😆  プリセット音色のパラメータに変更を加えて、ユーザー領域に保存できますけど、これをPCにバックアップできるようになるらしいです。
僕の場合、けっこう意図せず上書きしてしまう事が多くてww
「上書きしますか」 で Yes を押すわけなので、気を付ければいいだけなんですけど、無意識に2回ボタン押してしもて・・わ・・・・前の消えた・・・となることが度々 😆
バックアップできるということは、ある日につかうセット用 と 別の日に使うセット用 とかPCにバックアップとっちゃえば、ロードしてあげるだけでよくなるんかな、そしたらめっちゃ楽になりますわ 😳
教室 区切り線
〇MIDI周りのカスタマイズ

ウインドシンセで結構苦労するのがMIDI出力で外部音源やPCでソフトウェア音源をを鳴らす際に、外部音源やPCソフトウェア音源側でのMIDI設定が面倒なことがおおいんですよね、とくにブレスでの外部音源の反応やら、バイトセンサーでのピッチ変化をどうアサインするかとか・・。でAerophoneはこの面倒さを回避する解決策として、Aerophone本体側で送出するMIDI信号(#CCやら)を任意に変更できるようになるらしいです。この辺はローランドさんにとってはシンセや音源モジュールで培った得意分野のはずなので、個人的にもめっちゃ期待しております 😆

教室 区切り線
その他既存パラメータのアップデートや追加新機能があると思いますが、アップデートきたら弄ってみてお知らせいたします~!! クリスマス時期までに来るといいなぁ 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

G#キーべとつき対策(自己責任)

皆さんもサックス吹いた時に、G#キーがトーンホールに貼り付いてしまってて、音が変わらないとか・・ベタついてて運指とタイミングがずれるという経験ある方が多いのではないでしょうか。

G#キーのバネ圧調整して改善する場合もありますけど、基本的にはタンポのべた付きなので、再発する場合もよくあるんですよね・・。

なぜか、これはなりやすいサックス個体となりにくい個体があるんですよね、ついているタンポの表面処理状態にもよりますが、僕のアルトは全然大丈夫ならなんですけど、今使っているテナーはよくベトツキます :roll:

クリーニングペーパーで処置をしても、その場しのぎでなかなか改善しない場合もおおいですよね。
で、昔とある先輩に教えてもらった方法です、これである程度は改善されると思います。

クリーニングペーパーは吸水性は抜群ですが、薄いのもあり直ぐ破れます、いかんせん使いにくい。。

そこで身の回りにある紙でとても丈夫なものといえばなんでしょうーー??
正解は「紙幣」です。

吹き終わってスワブとおして管内の水分をとってから、G#のトーンホールにこんな感じで挟んでスタンドに立てています。移動時にケースに仕舞う時も挟んでます。こうしとくと次吹く際にもベタベタしてません 😛
IMG_6036

昔から使っている10$紙幣です 😆  国によっては紙幣の素材がプラスティック系素材の所もあるようなので、吸湿性という意味では、その国の紙幣では役に立たない場合もあるかもしれませんので、素材は調べてみてください 😆

日本の紙幣でもいいと思いますが・・・・ なんか、東MAXさん的でヤラシイ~ですよね 😆  😆
IMG_6037IMG_6038

あと、個人的に「パウダーペーパー」は使用しないです、粉ですからね・・。
教室 区切り線
コルトレーンは・・・輪ゴムですね :-P 演奏中にべたついての対策でしょうね。
輪ゴムはケースに何本か入れとくと、バネが不意に折れてしまったときの応急処置にも使えますよ 😆
0630630
JohnColtraneMusic

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

 

食も年末進行

私の食も年末進行になってきました 😆
先日は”焼肉食べ放題”なるものに行ってきました。
焼肉食べ放題の場合は、その料金人数分でそこそこのお肉を精肉店やスーパーで調達した方が満足度高い場合が多いのですが、今回いったお店は肉質が良く大変満足いたしました 😆

 

東京では野菜が高騰してますね・・。
寒くなってきたので鍋をしようと近所のスーパーに立ち寄ると、小ぶりな白菜の1/4カットが
税込み170円に・・・ 例年の倍近い価格ですね 😯
IMG_6010
皆様も、年末にかけて更に外食の機会が増えると思いますが、私もですが肥大化にお気を付けくださいませ 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

マフラーと手袋

今日は朝起きてみると、家々の屋根は真っ白でした 😯  まだ11月なのにねぇ・・
yuki

タイミングよく前日に手袋とマフラーを新調したのもあり、それほど寒さを感じずに事務所まで来れました。とはいえ、前に書きましたが、コンクリ打ちっぱなしの事務所は暖房ガンガンで1時間経っても15℃です・・・。練習室に避難しますかね 😆

寒暖差が激してので、皆様くれぐれもご自愛ください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

母からの電話

家の母は80才目前で神戸で元気に一人暮らしをしております
数年前に携帯メールを覚えてからは、ちょくちょくメールを送ってはきますが
ようわからん絵文字がはいってたりします 笑

まあ、専らメールより電話が主で、妻とはしょっちゅう電話してるみたいで、だいたい妻にかかってきた電話を私に代わってちょっと話す というのがここんところの流れです。

昨日は珍しく私に直電で、なにかと思ったら弟のインタビュー記事が神戸新聞に掲載されたんよーーととても喜んでいました。
私と正反対でとても真面目な弟は、神戸で社会福祉活動NPO(ひきこもり支援等)で代表を務めていて、ラジオとかにもコメンテーターとして出たりしているそうです。私が東京にいるので、正直詳細はよくわかっていないのですが、弟は身内ながら尊敬できる活動をしています。
とにかく母が喜んでくれるのは、なにより親孝行だなぁと思います。

先月私も読売新聞に名前入りでとり上げて頂いたのですが(不法行為とかではないですからね 😆 )、母はわざわざ読売新聞の販売店に行って、その日の紙面を購入したそうです、ありがたい事です。
今は亡き寡黙だった父も、私が毎週NHKに出演していた時は、仕事を早めに切り上げて楽しみに見ててくれたそうです。

まあ、こんなとこで書くのもなんだけど、両親には感謝しております。なかなか面と向かって言えないんですけどね。

以上、昔反抗期に「くそばばあ~~」と言い放ち、母を泣かせた私が申してみました 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

1時間のデイリートレーニングメニュー

いわゆるデイリートレーニングと呼ばれる練習メニューは人それぞれだと思いますが、例えば”1時間分のメニュー”と考えると、ご自身の内容はどうでしょう?

「1時間の練習だと何をすれば??」と質問を受けることも多いのですけど、例えば1時間しかできないのであれば”1時間で出来ることを増やすために1時間練習する“という禅問答みたいな答えになりますかね 😆

ある練習、例えばメジャースケールでもいいですけど、初期段階は1時間で出来るのはたかが知れています。
全調を譜面を見ずに制覇するのに何週間・何か月もかかるでしょう。でもそれを積み重ねていくと、1時間で全調できるようになり、30分でできるようになり、15分で・・・と続けていけば、例えば♩=120で、このバターンで八分音符で吹くと、1時間のうち48秒でメジャースケールを単純に全調吹く練習が完了します。そしたら、あと59分12秒他の事を練習できます。
で、59分12秒で出来ることを増やすために、上記の繰り返しですね。
1時間 と言わずに 2時間 に出来る日があれば、倍以上の効果的な練習ができますよね。

色々な事を取り込もうとし過ぎて、なにを練習したのか分からなくなるよりは、ターゲットを絞ったトレーニングをコツコツやって処理速度を上げ、余裕が出て来たらそれに+別メニューを・・とやっていく方が達成感もあるとは思います。

practice僕自身も毎日最初30分にやるメニューはルーチンメニューです。
でも、その30分のメニューも、初期段階ではメチャメチャ時間がかかっていたことです。

自身のルーチンメニューを作って、練習できるときは、まずそれを消化して「サックスやら頭やら指やらを温めてから」練習に入れるようにするといいかもです。
ですから、まずはあなた専用のルーチンメニューを作るために日々練習してみてください。

なお、”ロングトーン”はテンポあげて時間短縮に命をかけないでくださいね 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス情報ブログと東京池袋で開講しているサックス教室のページです。