サックスのアンブッシャについて

サックスのアンブッシャー

サックスのアンブッシャー  最近来られた生徒さんがアンブッシャーが壊滅状態だったんだけど、 なぜそうなったかというと、前の先生にアンブッシャーを変えることを 強制されたから・・ということでした。
サックスを練習する

サックスの練習メニュー 短時間編

生徒さんたちのほとんどが限られた練習時間のなかで サックスの上達を目指しています。  学生時代ならまだしも、社会人となるとなかなか時間は取れない ですし、プロを目指してる生徒達も生活のためにはバイトもしなくては なりません。  では限られた時間の練習はどうすればいいのでしょうか?
音程と音の干渉について

音程と音の干渉について。

音程というのは実に奥が深いので、ここではほんと簡単に説明します。理論などでは多少突っ込んだ説明をしますが、まずは音程の基本からです。
サックス・運指に関わること

サックスの指使い

※このページはFLASH使っています。PC以外では表示されません。
「ビンテージ」と呼ばれるサックス機種

ビンテージサックス

ビンテージサックスとはサックスの歴史において当時の優れた技術・職人技の楽器をさします。クラシック奏者はビンテージ楽器には興味の無い場合がほとんどですが、ジャズ奏者にとっては羨望の楽器ではないでしょうか。
サックス購入と予算について

サックスの値段は?

サックスを買う場合まず気になるのが価格ですよね、とくにサックスを始めて買う場合は迷ってしまいます。値段帯も広くいったいどれを選べばいいのか・・・ 別項目で書いてある「安い楽器から・・」を参考にしていただくと、逆に使用に耐えるサックスは幾らくらいから・・と疑問におもわれると思います。
サックスの選定とは

サックスの選定

楽器の選定 新品や中古の楽器を買う場合は必ず選定作業を行いましょう。選定とは音質・ピッチ・バランスなど様々な観点から状態のいい楽器を選ぶ作業です。
サックス本体の材質

サックス本体の材質の違い。

本体の色の違い 楽器本体には色々な色の違いがありますよ。大きく分けて材質によるものと塗装(ラッカー)によるものメッキによるものがあります。管体自体が銀色でも銀で管体事態を作ったもの、また地金に銀メッキを施したモデルがあります。
サックスの選定とは

ネット通販

今やpcの前に座れば何でも買える時代になりましたねー 日用品~車や家まで買えます。 ネットでのサックス通信販売も沢山のお店で行われています。  
サックスのレンタル制度を利用する

サックスのレンタル制度

レンタル制度 楽器の購入は日常生活においての金銭感覚ですとやはり高額となりますよね。。。 スーパーですこしでも安い野菜を求めて安いスーパーまであるいたり。。w そりゃ楽器の購入となると10万円は下らないので慎重になって当然です。 そこでいまは便利な世の中でレンタル制度がありますね。
USEDサックスは買ってもいいか

USEDのサックスは買い?

USEDは? 楽器購入の選択肢としてUSEDの選択肢もあります。USEDはサックス専門店では数多く陳列販売されていますから、現行はもちろんですが、現行モデル以前のモデルも手ごろな価格で手に入る場合があります。
廉価なサックスセットは避けよう

やす~~い サックスセットって?

サックスを始める時にやはり楽器り購入価格は、実生活の金銭感覚から考えると、非常に高い出費となります。そこでだれしもこう考えます「続くかどうかわからないし、とりあえず安い楽器買ってためしてみよう・・」これはごく自然な考え方です、しかし安かれ悪かれの楽器をを手にしてしまうと、サックスは一気に難しい楽器と感じてしいま...
サックスのリードについて

サックスのリード その2 リードメーカーの特徴

サックスのリードには、色々な種類が販売されています。それぞれのリードの特徴を見てみましょう。
サックスの持ってよい部分

サックスの持ち方

楽器の持ち方 楽器を本体を持つ場合は、ある特定のキーなどに負担をかける持ち方をしてしまうと、比較的柔らかい金属を使っているサックスはキーが曲がってしまったり、キーにゆがみが生じて息漏れを起こしてしまう場合がありますから、しっかりと決まった場所を持ちましょう。
サックスを置くときには

サックスの置き方

サックスを床やハードケースの上に置く場合は、上の写真のように 裏向き におきます。 商品写真などはキーが見える側に置いていますが、必ず上の写真の向きに置いてください。表向き に置くと左手のサイドキー部分に楽器の重さがかかってしまうので、キーが曲がってしまったりする恐れがありますからね。
サックスを練習する

練習場所・・・結構サックスってウルサイからね・・

サックスを始めるにあたって最初に問題になってくるのはこの練習環境をどうするか・・ではないでしょうか? 学生の方などは比較的学内に音の出せるスペースがあったり、サークルなどに所属することでこの問題は解決すると思います。しかし社会人の方にとっては日々の練習場所の確保は難しい問題でしょう。