バンドでサックス演奏

皆さんの中にもバンドでライブ活動をされている方も
多いと思います。
ライブが終わってから録音を聞いてみると、自分がすごく
音痴になってしまっていることってないでしょうか?
ライブ中には自分自身は気持ちよく吹けたはずなのに・・・と
凹みますよね。。 僕もアマチュア時代には何度もそういう経験が
ありました (x_x;)

原因には色々な要因が関係してきますが、もし悩んで居る方
居られたら試してみてください。
まず本番中に演奏が熱くなってきてしまって、オーバーブロー
気味に吹いてしまって口が緩んでしまってる。
これにはライブのリハーサル サウンドチェック時に、モニターの
調整を自分なりにうまく調節する必要があります。
大きすぎても・小さすぎてもライブ中気持ちよく演奏できないですよね。。

サウンドチェック時にはあまり大きな音(f~ff)で調整しないように
するといいかもしれません。とりあえずミキサーの方は貴方が
大きく吹こうが、小さく吹こうが、客席側の出音をバランスよく
調整する仕事ですから、サウンドチェック時に大きく吹いてしまうと
当然ミキシングコンソールの貴方のフェーダーは下げ気味に設定
されてしまいます。貴方が一人でソロならいいかも知れないですが、
ドラム・ギター・ベースとバンド全体になると小さくなってしまいます。

もちろんバンドで音を出した状態でもミキサーの方は サックス小さい と
感じると大きくしてくれますが、バンドで演奏してるときは、音が小さいから
貴方も大きく頑張って吹いてしまいます。結局このバランスでライブが
始まってしまうと・・・そう貴方は聞こえないからがんばりっぱなし。。

口も疲れて ピッチはbしてしまってきます。
これは モニター の調整にも影響してきますから、サウンドチェック時は
mfくらいまででバランスをとってもらうといいかもしれないですね。
ステージ側から言うと、外部スピーカーよりモニターが命綱ですよね。

モニターに返すほかの楽器のバランスも重要ですが、これは 経験
となってきますから説明は・・ちょっと できないかも。。かな すいません。

僕の場合はモニターにも多少リバーブをかけてもらい、心地よく
演奏できるようにお願いします。
バラード系が多い場合はとくにそういう感じですね。
ホーンセクションのときは全然ちがいますが。。

音量は編成にもよりますが、基本的にドラムのスネアーとハイハット
キーボード・ボーカルを中心にベース・ギターを少々聞こえるようにして、
自身の音は 硬め にモニターしてもらいます。
音量はほかの楽器よりも多少大きめくらいにしてます。
プロの中でも人によって全然バランスは違いますけどね。。

あと音程に関してもうひとつ重要な要素に 聴感上 の響きの影響があります。
バンド全体においてギター キーボード ベース などでコード(和音)
がなっていますよね。んでその 和音構成上 にボーカルやサックスは
乗る 感じで演奏している状態になります。

この状態の時にバンドは440Hzでチューニングしていると思いますが
サックスは倍音の関係で多少ピッチを高めに吹いたほうが綺麗に聞こえます。

アルトサックス・ソプラノサックス など音の高い楽器ほどピッチを高めにとるほうが
ソロの場合は綺麗に響いて聞こえる傾向があります。

とはいっても 高すぎてはもちろん駄目ですよね。。多少ということですから
チューニングの段階で441hzくらいで試してみてください。

ただこれは 聞く耳 ができてくると問題なくなります。
他とのバランスや音程を 聞く ようするに客観的に 聴感上 から
判断できるようになるには多少の経験が必要です、でもまず先に書いた
モニターとのバランスなどをうまくとって、聞ける環境をつくるのが
先決かもしれないですね。

あと余談ですが ベースアンプの前に立ち位置を絶対にしない!!!
ベースのような低い振動数がスピーカーからでていると、空気を振動
させる管楽器にとっては非常に影響がつよく、ある瞬間に楽器が鳴らなく
なったりします。音波の干渉がおこってしまい、リードの
振動がなくなって音がならなくなってしまいます。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスの調整

サックスは見て分かるようにメカニカルですよね、簡単に言うと
精密機械な訳です。
精密機械を維持するためには調整も必要ですし、時には故障もする
訳で、そのときには楽器店などに調整・修理を依頼します。
サックスなどの管楽器を調整・修理する技術者がリペアマンです。
女性もいますからリペア師とでも言いますかねー。
さてサックスの調整は定期的に出す必要があります。
サックスのキーの裏側には タンポ と呼ばれる部品がついてます。
材質としては 鹿皮 ブタ皮 などが一般的です。
ようするに スキン ですから、スキンケアが必要になります。
またサックスには通常演奏していないときに 閉まっているキー と 開いているキーがあります。
閉まっているキーのタンポには トーンホールの溝がタンポ側にも
しっかりと付いていますが、普段開いているキーのタンポは
復元力 が働き、閉まっているキーのタンポに比べて
溝が薄くなりやすいです。
ようするに気密性が失われやすいということです。

管楽器にとって気密性は音色・吹奏感・音程に多大な影響を
与えますから、あまり吹いてない楽器ほど調整は必要になります。
また普段から演奏している場合でも、楽器は細かな振動をしています、
振動の影響でネジなど機械的な部分に誤差が生じてきます。小さな誤差
でも沢山の部品があるサックスでは相まって大きな変化となってしまいます。

徐々に状態が悪くなるため、あまり本人は気づかない場合が多いのですが、
半年に1回は調整したほうが無難ですね。
また新品購入の場合は最初は3ヶ月ごとくらいでもいいと思います。
タンポが新しい分復元力が大きいので気密性も崩れやすくなります。
また調整には修理というよりも、音程や吹奏感を有る程度変える
ことでも利用します。キーの開き具合 バネの張力 タンポの材質
タンポの設計 などマイナーチェンジをして自分にあった楽器に
調整していくわけです。これはリペアマンと仲良くなって色々と
情報を聞いて相談してみるといいですね。
先ほど書いた タンポの気密性を保つために、保管時に普段開いている
キーを閉めた状態に保つための キークランプ という商品も売られて
いますよ。僕はティッシュとコピー用紙をうまく使ってお金をかけずに
キーを閉じて保管してますが 笑
—————————————————
以下リペアマンには怒られると思いますから 自己責任で。。 笑

さっき書いたタンポのスキンケアですが、僕はオリーブオイルを
使っています、食用でもちょっと高価なのね。
顔とかのスキンケアに使うスキンケアローションも使ったことありますし 笑
たまにタンポに綿棒で薄ーーーく塗ります。ほんと薄くでいい
ですよ。するとどうでしょう・・調整直後の感じにもどります 笑
なんどもいいますが自己責任にしてくださいよ。。苦情は一切
受け付けませんからね・・ 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

アドリブの基礎 その1

サックスを何年か吹いているうちに、ジャズやポピュラーにおいても
ソロを吹く機会が出てくると思います。
そして なんとなく気になっていたけど、触れないように
していた C-7 とか B-7b5 といったコードネームが気になって
きますよね。。
そして理論書を一冊買ってみる・・・ところが チンプンカンプン・・
んで挫折。。。。
この繰り返しを味わっている方も多いと思います。
「アドリブは自由に吹けばいいんだーーー」とかアドバイス
された方も居ると思いますが、たしかに究極的にはそうかもしれません・・。
しかし ある法則 に基づいたなかで、自由に吹くということですから、
その ある法則 を学ぶ必要があります。

■まずとにかく全ての調のド レ ミ ファ ソ ラ シ ド を
吹ける様に練習してください!!!!

いまは必要性を感じてなくても、理論の勉強・調性・アドリブに
おいて全ての調の ドレミ・・・を吹けることが大前提となって
きますし、コードネームを理解する上でもとても重要です!!!!!!!!!!
今回はまず手順を説明しますね。詳しくはそれぞれ後日アップして
いきます。

1 音と音との距離を表す単位 度 を学ぶ。
長2度 長3度 短3度 完全5度・・・など。
これはコードネームにおける基礎となる部分です。
長3度 → Major 3rd
短3度 → minor 3rd
という風に アメリカ表記 がコードネームの基礎となっています。

2 コードの表記法則を知る。
コードネームというのは、ジャズが盛んとなったアメリカで
発達してきたものです。
もともと人間の作った記号ですから、法則を知れば誰にでも
読むことができます。
最初は複雑で分かりにくいかも知れないですが、表記法則は
一貫した決まりがあるので、それを知ればあとは訓練で大丈夫
です。

3 コードネームを理解したら 調性(Key) を理解する。
例えばバンド経験の有る人は、体感していると思いますが、
「ちょっとー ここ ソロ吹いてー」って言われたときに、
その部分に合う ドレミファソラシド を探した経験ありませんか?
例えばある部分では
ソ ラ シ ド レ ミ ファ# ソ の調が合うけど、次は
ファ ソ ラ シb ド レ ミ ファ の調に変ってたりと
部分部分で転調していたりしますが、どの部分にも 調性(Key) が
存在します。この調性(Key)を理解することがアドリブの第一歩
です。
そこで調性(Key)を知る為にまず
ダイアトニックコード を学びます。

4 ダイアトニックコード を学んだら 今度はコードネームの
連結の法則 ケーデンス(終止形) を学びます

5 色々な曲のコード連結を 解析(アナライズ) します。
ここらへんまで来たら なんとなく自分がアドリブするために
どんな練習すべきかが分かってきてるはずですよ。
もちろん細かい部分は沢山あるんですが、それは大木の幹の部分を
固めてから枝の部分を学ばないと、結局わからなくなってしまいます。

6 小節単位のフレーズ(lick)を各キーで練習する。

 

まずは 全12調 の ドレミ・・・・・をふける様に

しといてください!!
んで律儀に譜面に書いて練習しないでください、頭で体で覚えないと
いざというときに直ぐにはでてきません。
それに伴って 調号 と 調 の関係も覚えましょうー
#が4つ って言われたら すぐに ミ~ のドレミを吹ける様にねー。

サックスのリード調整 入門編 2

※その1 はコチラ

さてでは実際に削って見ましょう。

まず とくさ か サンドペーパー を用意して水にぬらします。削るリードも水でぬらします。

これはリードを画像処理して厚みの分布を分かりやすくしたものです。色の濃い部分が厚く、明るい部分は薄くなっています。
リードを手にとって、光にかざしてみると分かると思いますよ。吹いてみた感じがとりあえず硬い場合は、全体を満遍なく削りましょうー
削る場合は、とくさ サンドペーパー のかける方向を間違わないようにしてくださいね。矢印の方向にのみ動かしてください。

逆方向に動かしてしまうと、リードの植物繊維を痛めてしまうので、ザラザラしてしまいますし、うまく削れませんからね。
あと2.3回削ったら吹いてみて また削って 吹いてみて と徐々に削りましょう!!

「ちょっと待て その1削りが 命取り」

硬さが程よくなったら 微調整 にはいります。
この写真で 青色 の部分はもう手を入れないほうが懸命です。先の方の青部分を削りすぎるとリードミスが頻発したり、音がぺらぺらになってしまいますし、中央青部分は リードの腰 の部分です。ここを削りすぎるとまったく使い物にならなくなってしまいますから、なれてくるまでは、微調整はやめときましょ!!でも失敗を恐れてはだめなんで、色々試して駄目だったら最後にここら辺を削ってみると、どう変るか分かると思います!!
さてリード削りはこの写真で示した部分の調整が一番効果があります、真ん中のレ~高音域くらいまで、この部分の調整で変化していきます。
まずは左右のバランス(厚み)を均等にするといいですね
光に透かしてみて、透過する光の濃淡で把握してみてください。あまり広範囲を削るより、前のほうとか 後ろのほうを少しづつ吹いてみると変化がわかると思います。この色の付いた部分は たとえばバンドレンというメーカー一つとっても V16 と JAVA だと厚みの分布が違っています。逆に言うとメーカー側はリードの厚みの分布を変えることで、違った製品名にしてるわけです。
分布を変えると抵抗感・吹奏感・音色が激変しますからね。

 

リード調整はある程度サックスにもなれてから行ってくださいね。
アンブッシャー ・ 呼吸 などが一定でないと、リードが原因かどうか
分からないですからね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスのリード調整 入門編 1

僕を含めてリード楽器奏者にとっては、消耗品である
リードには頭を悩まされますよね。。。

箱で買うと2000円とかしちゃって しかも全部は使えない。。
10本入りのお菓子を買って、そのうち6本が腐っていたら怒るのが
当たり前ですが 笑 リードの場合は仕方ない・・とあきらめますよね。

僕もいままで沢山のリードを吹いてきたわけですが、やっぱし
メモリアルリード と僕が呼んでいる 思い出のリード があります。
箱から出して湿らせて吹いた瞬間に稲妻が落ちた感じで、全ての
音域がすばらしく、音色もすばらしく、さらに吹奏感まで最高!!!
ってリードですが、数年に1枚・・・とかそういう確率かもしれません。

10枚買ってそのうち5枚以上ある程度吹ける自分に合ったリードメーカーと
種類と硬さをまず見つけましょう。
ほとんど鳴らないとか、音色が嫌い・・とかそういうメーカーは省いていき
探してみてください。

10枚のうち ホームラン はなくても、5枚くらい ヒット が打てる種類と硬さが
見つけることが まず第一歩ですね!!

さて10枚のうち 5 枚ヒットなら 逆を言うと 5枚 はずれ・・・なわけです。
その5枚を捨てるわけにもいかず・・・・という場合に、ドブに捨てるつもりで
調整してみてはいかがでしょうか?

正直時間と手間と経験が必要なので、その時間練習にあてたいときは
新しいリードを買ったほうがいいかもですが、ある程度調整する能力があると、
「もうすこし 高音域がでれば 最高なのに・・」って時とかに役に立ちます。

ただし 削る という方法で調整するので、最初から柔らかすぎでNGなリードは
調整できないので。。。

———————————————————-

準備するもの

●とくさ
●耐水サンドペーパー  600番以上の細かいやつね。

とくさ ってあまり馴染みないかも知れないのですが、リードの調整を
するときに使う植物です。リードももともと植物の 葦 ですから、植物で
植物を削るわけです。こまかな調整ができます。

僕のすんでる東京では多摩川あたりには自生してます。

竹を小さくしたような感じの茎です。

この とくさ の茎を節ごとに切って乾燥させたものが

これはもう15年前くらいに作っていまだまだ持ってます。
沢山つくっちゃえば一生もちますね 笑
とくさ は観賞用としても販売されてるらしいので、花屋さんなどに
聞いてみるとあるかもしれないですよ。

NEXT → サックスのリード調整 入門編 2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス用汎用マイク

ここを読んでくれている人のなかにも、バンド活動を
されている方が沢山居ることと思います。

 バンドなどで演奏するときには、サックスにもマイクが
必要になってきます。

ここではサックスに使われる定番のマイクを紹介してみますね。

シュアー社 SM58これはリハーサルスタジオやライブハウスでもよくみるゴッパチ というとこのマイクのことです。

ボーカルなどに使われる事が多いのですが、サックスにも使えます。ただ個人的感想としてはスタジオなどで使うと音がボヤケ気味になってしまうので好きではありません。これはマイクが音を拾う方向 指向性 が広いために、サックス以外の音も拾いやすい為だと思います。しかしライブやリハーサルでボーカリストはほぼ全員このマイクを使っています、声などにはいいみたいですね。
市場であまりにも安価で売られているものには、偽物も多いようなので注意してください。

シュアー社 SM57これはとてもサックスに相性のいいマイクです。58よりもマイクの前だけに 指向性 を持たせている為他の楽器などの音を拾いにくく、クリアーなサウンドを得られます。

ライブハウスなどでサックスにはこの57を使うことが多いですね。僕の好きなマイクの一つです。

ゼンハイザー社 MD421

これはもう定番なんですが、サックスやドラム とにかくありとあらゆる楽器に非常にすばらしい性能を発揮しますね。
ライブハウスは勿論、テレビ・ラジオ局等でもサックスを録る場合このマイクが置かれています。信頼性も高くとても気持ちよく音をひらってくれます。

AKG 社 ピンマイク エーケージー とか アカゲ と呼ばれる会社の定番ピンマイクです。僕もこれを3本持っています。
サックスのベルにクリップで挟み集音します。ボックスの方はバッテリーユニットとなっています。マイクには電源供給を必要としない ダイナミック方式 と、電源供給を必要とする コンデンサー 方式があり、このマイクはコンデンサー方式です。一般的にコンデンサー方式のほうが音が良いといわれています。僕自身もうこの機種の先々代から15年くらいこれを使っています。高音域から低音息までバランス良く拾ってくれる感じです。難を言うとマイクとボックスの線が邪魔とか、すこしボックスの差込口が貧弱な感じでよくネジを締めなおしますね。自宅録音も色々マイクを試しましたが、僕自身はこれで録音するのが一番手軽で綺麗にとれるので簡易レヒコーディングはこれにしてます。しかしクリップ式なのでキーノイズを拾いやすいので、PCに取り込み後にイコライザーでノイズ除去を施す必要がありますが。。。
ライブなどではキーノイズは全然問題ありませんよ。アルト・テナーではベルに一つのマイクで大丈夫ですが、ソプラノではベル部分と左手薬指上辺りからも拾う必要があるのでマイクが2本必要になってきます。ボックスに2本のマイクを挿してそれぞれ音量バランスを調整できるのも利点です。
SD SYSTEM LDM94これもサックスでは定番のピンマイクですね。デビットサンボーンが愛用していることでも有名です。
このマイクはダイナミック式で電源ボックスを必要としないので、手軽に使えますね。音もとてもストレートな感じで拾ってくれますし サックスらしい音作りができます。
キーノイズを比較的低減する装着システムなので、あまりカチャカチャというキーノイズを拾いにくい反面、アルト と テナー の持ち替えなどで使用する場合は、クリップ式に比べると付け替えに手間取るかもです。
一時期僕も使用していましたが、昔ライブハウスに忘れてきてそのまま行方不明となりました。。。

マイクを個人で用意する必要があるか??というと必要はありませんが、

サックス用ピンマイクは一つ持っていると便利ですね。

振り付けをしながらサックスを吹く場合などはピンマイクが必要になってきますからね。

4万円くらいまで予算を見れば上記のマイクは購入可能ですよ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

結婚式でのサックス演奏

昨日は久々に友人の結婚式に出席しました、サックスをしていると
皆さんも経験あると思いますが「なんか吹いてよーー」って頼まれます
よね?

僕はもう結婚式ブームの年代は過ぎたので、最近では少なくなりましたが
26.27歳くらいのサックス吹きにとっては 結婚式演奏は頭の痛い問題かもしれないですね 笑

さ・・・そこで引き受けたのはいいけど 問題は選曲ですよね。。
祝い事の席だから 曲目によっては演奏に向かないし・・

かといってあんまり知られてない曲だと、客受けよくないし。。
ピアノで伴奏してくれる出席者が居れば一緒に演奏するのもいいでしょう・・

しかしそれにはお互いの準備も必要で不安要素もふえるわけで・・と
引き受けてから苦難の連続ですよね。。

僕の場合はカラオケを準備しておいて、一人で演奏することが多かったですね。
これには事前に会場側でどのメディア(CDやmp3などの媒体)を再生出来るか
確認しておくことが必要です。

 

またパソコンで焼いたCD-Rの場合は、会場側のCDプレイヤーが古いと、
音が飛んでしまったり、再生できない場合もあるので注意が必要です。

また当日はサックスをマイクでひろえるのか、それとも生音のまま
なのかでカラオケとの音量の調整も必要なので、できたら式の前に
少しでもリハーサルをして、会場の音響担当と打ち合わせした方が安心ですね。

カラオケはインターネットで比較的容易に手に入る時代ですので
ヤマハミュージックイークラブのようなサイトから、購入すると手軽でいいと思います。

僕が知り合い結婚式で、よく吹いてた曲は

Wedding Song ☆kenny G
forever in love ☆kenny G
未来予想図Ⅱ☆Dreams Comes True
Everything  ☆Misia
星に願いを
Whole New World

とかですかね。

最近の結婚式では、kenny Gの「Wedding Song」を吹いてきました、ソプラノだし荷物少なくて
すみますし 受けがいいですからね 笑

最近はあんまし歌詞の内容や曲目にこだわらずに選曲しても
問題はなかったりしますけど、 聖者の行進 とかはハッピーな
曲ですが、本来お葬式の曲なのでだめですよ 笑

 

あ あと打ち合わせにないのに、司会者からのムチャ振りで、ほぼ100fパーセント
演奏前か後にマイクを渡されて、新郎新婦にお祝いの言葉を言わなければならなくなるので、
新郎・新婦の名前くらいは、事前に確認しておいたほうがいいですよーーー w

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。