ジャズの勉強は必要か?

今回も寄せられた質問からです。
鳥取県からTさん(♀)のご質問です。
border
「私はサックス歴5年目でアルトサックスを吹いています。高校時代は吹奏楽で
サックスを吹いていましたが、いまはポップスなどの曲を吹いています。
現在習っている先生から ジャズの練習もしたほうがいいよ といわれてますが、
ポップスを吹くのにジャズを練習しないと吹けないのでしょうか?」
border

Tさんのお悩みは ある程度サックスが吹けて、曲も吹けるようになった頃に
次のステップへ上るために避けては通れない所かもしれないですね。

ジャズ という音楽は 人によって好き嫌いがあって当然ですよね。
サックス吹くからといってジャズを吹くとは限りませんからね。

しかし ジャズの奏法 は現代音楽にとっては必要不可欠となっているのも事実です。
いわいる ジャズレガート奏法 と呼ばれるものです。

ポピュラーやフュージョンなどはジャズ奏法から発展してきたものなので
根底は ジャズレガート奏法 で演奏する必要があります。

タンギングの位置やアタックの位置がクラシック奏法とは 反対 になってきます。
ここで書くのは大変難しいのですが、現在習っている先生は次のステップに向かう為
ジャズレガート奏法を習得する必要がある と判断されたんだと思います。
システマティックに練習すれば、だいたい2ヶ月くらいで形になってきますよ。
そうすることで今まで演奏していた曲も見ちがえる程上手く聞こえると思います。

まずは先生になぜ必要なのかを じっくり説明してもらって、納得した上で
学んでくださいね。

僕も結論からいうと ジャズ音楽が好きでなくても サックスが上達したいならば
奏法としての ジャズ は是非勉強すべきだと思いますよ。
食わず嫌いは勿体ないです!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

ソプラノサックスと音程

以前質問いただいた内容からです。
border
「僕はアルトサックスを7年吹いています、最近念願のソプラノサックスを
手に入れました。しかし楽器がすごく音痴になってしまいます。
どうすればいいでしょうか・・」
border

うちの生徒さんのなかにもソプラノサックスに憧れてソプラノから始めた生徒さんが何人もいます。

だいだいの意見としては まずはテナーサックスとかアルトサックスでサックスに慣れてからソプラノサックスに手をだすほうがいい と言われていますけどね。
僕もそれには一理あるとは思っていたのですが、アルトサックス テナーサックス が吹けるからといってソプラノサックスが吹けるわけでもない・・・というところもあるんです。

サックス族 のなかでは テナーとソプラノ アルトとソプラノ という持ち替えをするひとは非常に多いと思います。
そして多くの人が「ソプラノサックスは音痴」といいます。
しかしながら ソプラノサックス本来 というか サックス 広くいうと管楽器は音痴なわけです。奏者がいかに音程に気を配って、なおかつ 歌 を奏でるかという事が重要になってきます。

とくに現代のサックスは昔の楽器に比べて格段に音程があわせやすくなりました。
ヤナギサワのソプラノサックスは驚異的に音程がいいですよね。
でもやっぱし奏者が音痴だと サックスも音痴になってしまいます。

またサックス族で、高音域のソプラノサックスは、チューナーと単位 CENTで説明したように
少しのアンプッシャーの違いで、大きく音程が違ってきます。
アルトやテナーの感覚のまま、アンプッシャーを締めたり・弛緩すると、音程はフラフラになっちゃいます。

ソプラノサックスは、マウスピースが小さい分、アンブッシャーの筋肉の使い方が、テナーサックス・アルトサックスにくらべて、難しくなるのは間違いないのですが、ソプラノサックス特有の音痴の原因としておおいのが

■楽器の支え(支持)が間違っている。

■口からの楽器本体の角度が悪い、クラリネットみたいに吹いている。

■リードとマウスピースのセッティング(持ち替えする人は、持ち替えた時のそれぞれのマウスピースやリードの相性とか)

■息を必要以上にいれようとしている

・・・ が多いですね。

特に多いのが
■楽器の支え(支持)が間違っている。
■息を必要以上にいれようとしている
。。です。

楽器の支え 角度 セッティング は練習で克服すべき部分ですが、繊細なブレスコントロール だけは練習というか 意識 を変えないといい演奏は出来ないと思います。

最近のソプラノサックスは息をいれたら、入れるだけ鳴ってくれますが、実際の演奏において、ソプラノサックスはプロの奏者もそんなに大きな音で吹いてるわけではないんです。

ソプラノサックスの勝負所は pp~ppp の繊細な演奏をいかにコントロールするかだと思います。
またタンギングもソプラノは非常に繊細かつ丁寧にする必要があります。

また低音域の演奏にはコツが必要となってきます、低音域は
息をそのままいれちゃうと ビェ~~っと いうか ガサツな音色になってしまいます。低音域は唇と顎のコントロールが必要になりますがこれはちょっと文章では書けないんです。。。すんません。。

僕はむかし オーボエ の曲をコピーしてました。
好きなところでは ボロディン作曲 イーゴリ公 の第2幕 ダッタン人の踊り  の有名なオーボエとイングリッシュホーンの旋律とかラヴェル作曲 ボレロ  とかもいいですね、これには実際にテナーサックスのソロの後にソプラノサックスのソロが続きます。

まずはメロディー楽器として、全ての音域で繊細にかつ音楽的に
メロディーを奏でる練習をしてみましょう。
そのうえで、きっちりとチューナーを使い、正しい音程感覚を培ってくださいね。

まあ、ここまで書いといてなんですが、マウスピースを変更してみて、音程が取りやすくなることが多いのも事実でして・・。
ソプラノサックスのマウスピース製造はとても難しいと聞いたことが有ります。たしかに、マウスピース内部の、高音部を司る部分と、低音部を司る部分が近接なので、モデルによって音程が一番良く合う咥えの深さも違いますし。また、低音部のレ・ミあたりがガラガラいって鳴りにくい物もあったりします。
これは、ソプラノサックスにとって、というか、筒状の管楽器にとって(受け持っている音域が高い管楽器は顕著ですね)、マウスピースを挿す深さは重要でして、全ての音域を許容範囲内の音程で鳴らすためには、抜き過ぎても、差し過ぎてもだめなんですよね。ですから、マウスピース自体の容積も重要になっては来ると思います・・。やたら噛んで音を出している人は、必然的にチューニングをする際にマウスピースを抜いていますから、本来の設計範囲より抜いてしまっている場合、それぞれの音程は合いません。逆も然りです。
うまく伝えられませんが(^-^; ソプラノサックスは、経験から得ることが多いのも事実なんです・・。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

反復記号

反復記号は、 譜面において、同じ所を繰り返す場合に使われる記号です。
中学の音楽の授業で習っているとは思いますが、いかんせん
僕も中学の音楽の授業はフメジメに受けていたので、楽器に係わるまでは
わかっていませんでした。
皆さんも今一度覚えてくださいね!!


基本的には
◆リピート
◆ダルセーニョ
◆コーダ の3種類を覚えれば大丈夫です。

※ いまから出てくる譜例には、下段に 小節番号 を書いています。
小節番号はその小節の頭に書いてますが 例えば 1→2 とかいてある
場合は 1小節目 と 2小節目 を演奏する という意味ですので
間違わないでくださいね。

リピート記号
        
基本的には1対でワンセットとなっています、譜面で一番よく使われるくり返し記号です。
実際に下の例で使われ方をみてみましょう。
例 1)

2小節目の頭 と 4小節目の終わり にリピート記号がありますね。 この場合は 2.3.4小節を繰り返すことになります。通常指示のない場合は 2.3.4小節を2回。
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→5→6→7
例 2)
例 1 では特に指示がありませんでしたから、2回繰り返しましたが この 例 2 では
“×3″ (掛ける 3) という指示がありますから、3回繰り返します。
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→2→3→4→5→6→7
例 3)
さて 今度は 4小節目 と 5小節目 の上に それぞれ 1  2 という数字が入ってます。
これは 1カッコ 2カッコ とよばれます。リピート記号とセットで使われます。
カッコ がついた場合は くり返しを挟んで数字の順番に進んでいきます。
進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7
例 3)
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→2→3→4→2→3→5→6→7

 

ダル セーニョ
  
は セーニョ と呼ばれます。 は ダル セーニョ で 簡単に言うと セーニョ に 行け!! ということです。
ダルセーニョ の出てくる譜面では 通常 コーダ と共に使われます。一緒にコーダも覚えましょう。
コーダ
  
は コーダ と呼ばれます。 は トゥー コーダ で 簡単に言うと コーダ に 行け!! ということです。 は曲の終結部分(エンディング)に向かう場合に使います。
例 1)
2小節目の頭に 
3小節目の頭に 
4小節目 は 1カッコ 
4小節目の終わりに
6小節目終わりの上部には 

7小節目の終わりに 
8小節目の頭には がついています。さてどうやって進行するのでしょうか。反復記号には 優先順位 があります。
まずは  が優先されます。これに 1カッコ 2カッコ ・・ も含みます。

次に →  があれば コーダ より優先されます。

 

サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2(上のは通過)→3→4→3→5→6(6小節目終わり上部のは通過)→7(7小節目終わりにがあるので記号のある2小節目へ)→2→3→4→3→5→6(6小節目終わり上部にがあるのでマークのある8小節目に飛ぶ)→8→9
————————————
1→2→3→4→3→5→6→7→2→3→4→3→5→6→7→8→9
————————————
例 2)
サックス教室 譜面の読み方
例 2 では 一箇所 例 1 と違う部分があります。の横に (STRAIGHT)と書かれています。ストレート ですから 直訳すると 直進 ということになります。
この場合 ダルセーニョしてきた時はサックス教室 譜面の読み方 サックス教室 譜面の読み方のリピートを無視して 直進してくれーー ということです。
例2では 1カッコ 2カッコ がありますので、直進するには 2カッコ に進行します。
カッコが有る場合 ストレート の時は一番数字の大きいカッコにそのまま進行します。
進行順序 例1) 1→2→3→4→3→5→6→7→2→3→4→3→5→6→7→8→9

例2)
 1→2→3→4→3→5→6→7→2→3     →5→6→7→8→9
例 3)
サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2→3→4→3→5→3→6→7→2→3→4→3→5→3→6→8→9
例 4)
サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2→3→4→3→5→3→6→7→2→3→6→8→9

 

ダ カーポ
 曲の一番最初に戻ってください!! という意味です。
例 1)
サックス教室 譜面の読み方
は 優先順位としては ダルセーニョ や コーダ より優先されます。 効力は1回限りなので、
繰り返してきて再度の小節にきても、その場合は無視してそのまま進行します。
進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7→1→2→3→4→2→3→5→6→7→8→9
例 2)
サックス教室 譜面の読み方
D.C time straight などの注釈があるときは 直進するので この場合は 2カッコ に進行します。

また 7小節目の最後にある D.C の部分に あわせて D.C straight と書く場合もあります。

進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7→1→2→3→5→6→7→8→9

 

border

さて ちょっと長いですが 練習問題 です。 まず自分で書いてから 答えみてください。

区切り線
問 1
サックス教室 譜面の読み方

 

区切り線

 

問 2
サックス教室 譜面の読み方

border

答え
問 1

123434567891091091091112131478910910910911121516

問 2
12343434567891091091091112131478911121516

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

「何か・・・」

某ライブに足を運んだ時に2人の若いサックス奏者が演奏してました、
後で聞くと二人とも22歳だということで んーーーうらやましい 笑

二人ともアルトでプロを目指してるということで、流石にいい演奏してました。
ライブが終わってから、二人を共通の知り合いが紹介してくれてすこし話をしました
「僕達 どうでしたかね?」
と質問をうけました。こんなときに「いやー よかったよーー」って単に返答するのは
逆に失礼なような気もするわけです。とくに二人はプロを目指しているということだったので
率直に意見をいうことにしました。

二人の演奏は対照的で、仮にA君 と B君 とすると
A君はちょっと小難しいフレーズを並べて吹くタイプ。
B君はパワータイプの奏者で細かいフレーズは無いものの熱い演奏。
だったわけです。ただ正直ライブ中に僕も「何かがたりない・・・」と思いながら
みてました。 別に二人に限ったわけではなくて、もしかして自分も客観的に見られた時に
この「何か・・」が足りてないのかもしれない・・・と思い、60分近くその「何か」を考えてました。

素晴らしいと思えるミュージシャンには この 「何か」が音楽に充満していて
聞いていて心地よいわけです。それはテクニックとかそういうものでもなく、もっと
潜在的な「何か」という気がします。

潜在的 とはいっても 潜在したままでは表現することはできないような気がします。
潜在的にもっている資質を後天的な努力と理解で表現に結びつける能力を培うような
気がします。

ではその「何か」はなんなんでしょうかね。。。
僕も具体的には書くことが 現段階ではできません。。。
20代には見えなかったことでもあるので、いまようやくその存在に気づいたくらいの
感じです。結局偉大な諸先輩のミュージシャンから学ぶ事はフレーズ・テクニックは
もちろんですが、いきつくところ この「何か」を自分で見つけるためのステップであって
楽器自体もその表現のツールということになるのかもしれません。
ツールを扱うテクニックがずば抜けてても、それだけでは創造はできない。
しかし しっかりツールを扱えないと、思い通りの作品もできない。
ツールを扱えることは必要条件だけど、結局「何か」を加味しないと音楽にはならない。

僕自身「何か」の存在を身近に感じられる瞬間がライブ中などにたまに有る。
周りの音の流れの中に曇りのまったくないラインが見える瞬間というか。。。
ただこればずっと続くわけでもなく、ある瞬間顔をだしては 消える。
まったく出ないときもある。

そのときにはフレーズやら そんな計算できるもんじゃない気がする。
少なからずテクニカルなフレーズを吹くときは 計算 が入っているから、
わりと冷静だったりするわけで。
ほんまなんなんやろね。。。
若い2人と こんな訳の分からん会話をして 妙に楽しかったわけですわ。
「何か」をこれからも探さなければならないね。。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

雨の土曜日

月末も近くなってきて、余計にあわただしくなってきてますね。。
昨日はあいにくの雨やったね。。昨日はレッスン日とちいうことで朝9時~15時まで
レッスンしまして、その後に楽器の選定で渋谷に移動。
楽器店でアルトサックスの選定をして終わった頃に 懐かしい人物が入店。。
おーーーT君!! 久しぶりでした、彼が大学時代の数年間サックスを習いに来てました。
とても努力家で、人一倍音楽のこだわりを持っていた彼だったので卒業を期に一旦レッスンを
終わったのですが、聞いてみたらミュージシャンを目指すことにしたー ということで
ここにも親不孝が 笑
機会を作って彼のライブも見てみたい!!
渋谷から一路西荻窪へ。教え子のOさんが人生初のライブ出演ということで
緊張を更に煽る意味でライブを見に行きました。
ライブハウスには早めについたので、なんとなく ぼーーーっとしてたら
あれっっ・・・ また別の教え子が。。。偶然とは恐ろしいものです。。
「なんでココにいるんですかーーー」 笑 っと声をかけられました。
たまたま2人は別のバンドでしたが 同じイベントに参加してたんですね 笑
人生初ライブのOさんは 初めてとは思えないくらい堂々としてました!!
ここ一ヶ月レッスンでソロをカンコピしたキャンディーダルファーの曲も
かっこよかったです!!
こうやってステージに立つ生徒さんを見ると ほんと嬉しいんですよね。
一緒に楽器買いに行った頃とか思い出しますわ。
また是非ライブの機会を作って 人前にでる気持ちよさを感じて、目標をつくって
練習に励んでね!!
最後のバンドでサックスのサポートででた偶然居合わせた彼女も
ハーフタンギングが上手くなって ソロのおいしい部分でキマって
思わず グーー サインしてしまいました 笑
彼女はプロ奏者を目指しているんだけど、セッティングも決まって
どんどん伸びてる感じやねー
別のバンドにもサックス奏者が2名いて、なんかサックス率高いイベントでしたね。
また管楽器増えてきてるんかなー 一時期管楽器が少なくなって、多くの大学の
ジャズ研にサックスの新入部員が1名とかって 管楽器冬の時代があったからね。。

しかし今日は思いがけない出会いと、新鮮な気持ちを思い出すことの出来た
雨の土曜日やったわー

ビンテージサックスと付き合っていく

質問者 T さん
border
サックスを始めて4,5年です。ずっとテナーをしています。今、使用しているテナーはマーチンのハンドクラフトモデル(1937年)です。古い楽器なのでいろいろ不都合があるのですが、今後古い楽器と付き合っていく事で、注意しなければいけない事等があれば教えて頂きたいのですが・・・。
border
とても素晴らしい楽器をお持ちですね!! マーチンのサックスは僕も大好きです!!
いまの楽器では出せない音色がでますよね。市場にもなかなか出回らないので貴重ですね。

僕自身がマーチンを吹いてみて、オクターブキーの高さ また バネの張力 が
個人的には気になってしまいます。ですからオクターブキーのテーブルにすこし
高さを持たせてやるために2m厚くらいでパテを埋めると丁度よかったですね。

バネ にかんしては現代の楽器の 棒バネ が張力が強過ぎると感じる方も
多いので、このへんは個人の好みではありますが、現代のバネに変更することも
可能ですから、リペアマンに相談してみるといいかもとれないです。

キーの開き具合 も気になるようなら 開き調整 をリペアマンに相談してみてください。
それだけでもフィンガリングレスポンスは大分かわりますからね。

基本的に古い楽器ではありますが、丁寧に扱っていればまだまだ使えると思いますし、
いまのリペア技術ですとある程度の修理は可能だと思います。

しかしながら最悪キーが折れたり、極度に変形するヘコミなどは、替えの部品が
無いので、困難な場合もあるようです。

オリジナルの部品に拘るのは多少無理もでてくると思いますが、現代の部品も
取り入れてもいいようなら、まだまだこの先何十年も吹きつづけることが可能です。
なにより日々愛情をもって、息を吹き込んであげることが楽器長持ちの秘訣だと
思います!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

お勧めサックスマウスピース

このブログよんでくれてる方から質問いただいたんで、そのままここに回答してみますね。
お勧めのサックスマウスピースは? との質問だったんですが、私感ですので参考程度ということで。
ジャズ ポピュラー 向けということで書きます。
border
ソプラノサックス
border
セルマー スーパーセッション D~H
最近ではお店に在庫がなくなってて、多少入手困難かもですが、低音~高音まで
安定した音色がでます。抵抗感は少なめなので多少セーブしながら演奏すると
渋い感じで吹けます。僕はHを10年近くつかってます。
border
ビーチラー ラバー
もしかすると発売完了してしまったのかも・・・昔は定番でしたね。僕も一時期
愛用してました。 わりと落ち着いた音色で、コントロールも容易な印象です。
高音域はキラビヤカな印象がありました。
border
バリ ハードラバー
結構最近つかってる人おおいですね、抵抗感はセルマースーパーセッションに
比べると強いかもしれないです。すこし頑張ってふく感じが好きならいいかもです。
音色はまさに定番な感じですかね。
border
アルトサックス
border
メイヤー
まあ定番中の定番ですが、僕は MM より MS の方が好きです。
s は スモールチェンバー の略で、 Mのミディアムチェンバー より
音はブライトになりますが、息の通りもよく高音域が気持ちいいです。
border
ビーチラー (ラバー)
2007年は僕もビーチラーで過ごしました 笑 ラバーですがメタルよりもパワーでます。
ハイバッフルなので高音がキラキラ系ですが、吹奏方法によりジャズ的な音色も
コントロールできます。アンブッシャーが悪いと騒音になってしまうので注意!!
border
ヤナギサワ (メタル)
ラバーを吹いてる方が メタルへの第1歩にはもってこいのマウスピース。
工作精度は素晴らしく、あまりアタリ・ハズレが無い感じですね。
音色は意外と地味目でジャズなどにも使用できます。多少個性が出しにくい
のが難点なような気がするけどね。
border
ガーデラ
2006年まで僕も10年以上使っていたマウスピース。とにかく職人技で計算しつくされた
感がある芸術品。音色はいわいるスタジオ系の音がしますが、人によっては全然
鳴らないという相性もあるようです。低音~フラジオまで均一になる感じは他のマウス
ピースではあまり類をみないですね。ただ初代ガーデラは入手困難で中古でも
15万円とかで売られている。。。信じられない。。。
border
テナーサックス
border
V16
イヒョウをついて こんなの先頭に 笑 僕も10年つかっていた。素材が結構丈夫な
真鍮で殆ど劣化が感じられない。レーザートリムなので精度が非常に良いですね。
音色は意外とおとなしく、ジャズにはもってこいだと思います。僕のは手を加えてて
ハイパワー仕様にしてましたが、リード選びが非常に楽で、わりとどんなリードでも鳴り
ます。
border
オットーリンク
定番中の定番ですが、なかなかアタリには恵まれないマウスピース。。
定番は7★~8辺りですかね。当たりのマウスピースは低音~高音まで
非常にスムーズに鳴ります。音色は多少雑味の効いた感じで男のテナーって
印象ですかね。ハズレを買ってしまって 練習しながら悩んでいる方が多いのも
事実でして・・・マウスピースを疑ってみてください。。僕も今まで沢山買いましたが
いま一本だけ大当たりを持ってて、それ以外はあげてしまいました 笑
今は私はメインで使っています。
border
ヤナギサワ (メタル)
ラバーを吹いてる方が メタルへの第1歩にはもってこいのマウスピース。
工作精度は素晴らしく、あまりアタリ・ハズレが無い感じですね。
音色は意外と地味目でジャズなどにも使用できます。多少個性が出しにくい
のが難点なような気がするけどね。
正直、このマウスピースでずっと飽きずに使うか・・というと微妙なところです。
border
番外編
当たればでかいぞーーー なマウスピース
border
デュコフ
定番ではありますが、ほんと・・・いいのが・・・すくない・・・・ てか  殆ど ない 笑
僕も昔沢山買いましたが、あたりは1本だけでした。。。Pチェンバーとかも有りますが
ん・・・やっぱし デュコフ ですね。。
当たったら ほんまに良いマウスピースです。リードミスなんかも出ないし、音は
意外と高貴な? 音色がするんですよ。
フロリダ工場生産の前はハリウッドで生産されてて、そのころのハリウッドモデルは、現在はほとんどお目にかかることはないですが、今のデュコフとは全然イメージの違う太い音がします。
border
クラウドレイキ
昔は定番でしたが 最近ではあまり使っている人をみないですね。僕も昔は使ってました。ハイバッフルなのでラバーなのにめっちゃパワーがでます。バップ系の演奏などにもいいと思いますし、ロック・ポピュラーのエレクトリカルな現場でも大丈夫ですね。
ただ結構作りが甘く、良いものが・・・・ バランス悪いとすぐにリードミスがでますね。
レイキにはメタルもあのます、これはなかなかいい感じでした、吹きやすくてパワーもありました。
見た目は「黒」なので、ラバーのように見えますが、なぜか本体にはヘンテコな窪み細工がしてあります。
border
ビーチラー メタル
ハイパワー系のマウスピースです。
エリックマリエンサルやネルソンランジェルが使っていますね。
ただコントロールは非常に難しいと思います。音色はイケイケの傾向がありますが
十分なコントロールできれば甘い音色も出ます。ただちょっと限界ギリギリの作りな感じで、リードの相性がシビアで、リード代がかさみます 😆
私も20代のころは、アルト・テナーで使っている時期もありましたけど、いまいち自分とは相性がわるかったように思います。

border
これら以外にも最近では色々な素材のサックスマウスピースがでてますよね、楽器店にサックスをもって、店員から見て「このお客、買いそうやな」な雰囲気を醸し出しだして色々と試奏してみてください!!! 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。