サックスのアンブッシャー

最近来られた生徒さんがアンブッシャーが壊滅状態だったんだけど、
なぜそうなったかというと、前の先生にアンブッシャーを変えることを
強制されたから・・ということでした。。
有り得ん・・・ なんで強制するんやろね。。
サックスのアンブッシャーとはマウスピースの銜え方なんだけど、
大きく分けて2種類あるんよね。
●シンリップ奏法
サックス アンブッシャー シンリップ
シンリップ奏法はマウスピースを咥えるときに下唇を下の歯に巻く奏法。
一般的にクラシック奏法とも呼ばれることが多いのですね。
●ファットリップ奏法
サックス アンブッシャー ファットリップ
ファットリップ奏法はマウスピースを咥えるときに下唇を下の歯に巻かないで咥える奏法です。
本来クラシック教育においては、サックスより古い楽器でシングルリード
楽器であるクラリネットと同じシンリップ奏法が基本とされてました、
しかし現在も名を残したジャズミュージシャンが まだサックスを始めて
手にした際に、クラシックサックスの基本でもあったシンリップを知らずに
サックスを吹こうと練習したら 下唇を巻く なんて思わないですよね。
そのまま巻かずに練習することで、サックスの奏法としては間違った奏法として始まったといわれています。
しかしその間違いから始まった奏法は、60年を経て、今では
一つの奏法として確立されています。
さてじゃあどっちがいいのか?
答えは どちらでもいい です。
シンリップでは音が細く、音程の変化がつけにくい とか
ファットリップでは音程が不安定で・・など色々と論争はありますが、
どちらの奏法も突き詰めれば同じです。
ですから先生によっては奏法を変えろという人もあるようですが、
変える必要はないと思います、むしろアンブッシャーを壊して
しまいますからね、合う先生探したほうがいいかもですね。。
厄介なのは大学のサークルなどで先輩が大学からサックスを始めたので
ファットリップ奏法。 後輩は吹奏楽から始めたのでシンリップ奏法。
そして先輩はいいます「ジャズはファットリップじゃなきゃ駄目だ」

後輩は そっかジャズはファットリップにしないと・・・とそれから
シンリップを捨てようと頑張ります。 それでもいいけど、それなら
今まで培ったシンリップ奏法を極めていけばいいわけです。。

どちらの奏法でも 練習して極めればいい音色でるし・いい奏法なのです。

さらに、ダブルリード楽器を吹くときと同じように、ダブルリップ奏法でサックスを吹く方もおられます。

シンリップ、ファットリップの人も、ロングトーン練習だけ、ダブルリップでやってみると、変な力が口輪筋にかかりませんから、リラックスして息圧の安定につながります。

僕自身はアルト・ソプラノはシンリップ で
テナーは シンリップとファットリップの中間みたいなアンブッシャーですかね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスの練習メニュー 短時間編

生徒さんたちのほとんどが限られた練習時間のなかで
サックスの上達を目指しています。
学生時代ならまだしも、社会人となるとなかなか時間は取れない
ですし、プロを目指してる生徒達も生活のためにはバイトもしなくては
なりません。
では限られた時間の練習はどうすればいいのでしょうか?
——————————————————
■練習時間の最低10%はロングトーン!!
ロングトーンですが、めちゃめちゃ大事なのは言うまでも
ありません。しかしながら限られた時間 ずーーっとロングトーン
していてもいいのですが、やっぱし曲を吹いたりすることも大事ですし、
ロングトーンを意識しながら曲を吹けば良いわけです。
たとえば曲のなかにも、沢山音を伸ばす必要がありますから、
しっかり基本を意識して音符を吹きましょう。
呼吸に関してもそうですよ、曲のテンポをゆーーーっくり
吹くことで、呼吸・ロングトーンの練習にもなります。
ロングトーンも曲を使うことで すこしは楽しくなるかな 笑
■指の練習
これは色々な練習曲(エチュード)が存在します。
クロイゼ などは有名ですよね、ただし結構中盤からは
難しいですね。普段からエチュードを使って無駄な動きを
減らす練習をしてもいいですし、自分の好きな曲の中で指が転ぶ
所をメトロノームに合わせて重点的に練習するのもいいでしょう。
またメジャーを全12調で練習するのが、初期段階では非常にいい
頭と指のトレーニングになります。
かならずメトロノームを使うことと、指の転びをシビアに判断できる
注意力が必要になります。
■曲の練習
短時間練習においては、曲の練習まで時間がなくなってしまうかも
しれないですが、表現力を身につけるには必要不可欠です。
表現力 は 楽器のコントロール 譜面解釈 表現手法 ・・ など等を
学ばないといけませんから、結局は基礎練習も必要になってきます。
しかしいま自分で出来る限界までチャレンジしてください。
自分の演奏の納得のいかない部分を具体的に解析する癖をつけましょう。
何が足りないのか・・・

ダイナミクスの幅狭くない? とくに小さい音つかってる?

ほとんど最初の頃はコントロールできないため、ppなどは使って
演奏してないと思います・・・ これを克服するならロングトーン
に クレシェンド デクレシェンド の練習をしっかりしなきゃ。

譜面解釈はしてみた?
譜面解釈はまたいつか書きますが、歌心 とか言われる
フレーズの吹き方、ダイナミクス など様々なことが
解釈から生まれます。
プロ奏者はメロディーを吹くときにすごい考えて 計画的 に
吹いている事を知ってくださいね。
「こう吹いたらサックスらしく かっこよく聞こえるはずだー」と
計画して吹いてます。あるいみ腹黒いかな 笑
そして解釈からブレスの位置など全てのコントロールが決まりま
す。
等々 曲を練習することで、足りない部分を自覚して基礎練習に
立ち戻り、また曲を吹いてみて・・・と繰り返しになります。
ですからあまり 15分はひたすらロングトーン して 20分は指・・と
いう風に決め付けて練習せずとも、次第に自分のペースをつかんで
来ると思いますよ。
曲を吹くことでサックスの楽しさもわかりますし、足りない部分も
わかるとおもいますから、沢山曲を吹いてください。
そして自分に足りない基礎部分を発見して そこを練習・克服して
レパートリーを増やしてください。
 また携帯電話などの録音・撮影機能を活用して、客観的に
自分の演奏をきくようにしましょぅ!!!!!!

あっプロ志向の場合は、全然違う練習スケジュールが必要には
なってきますからね。基礎練からテクニック・表現など全てに
おいて時間を作って練習しなくちゃだめです。。
また書きますわ。

音程と音の干渉について。

音程というのは実に奥が深いので、ここではほんと簡単に説明します。理論などでは多少突っ込んだ説明をしますが、まずは音程の基本からです。

音程 というのは音楽的には ある音 と ある音 の隔たりを表す単位 ということになります。
単位は 度 を使います。
家からコンビニまでだと 200m とか距離の単位は cm m km などですよね。じゃあ ド と レ はどれくらい離れてるの?説明して? といわれたときに単位がないと困りますよね、そこで音と音との隔たりの単位があるわけです。

しかし音楽演奏者でよくいう 音程(ピッチ) は多少意味合いが違います。
サックス奏者二人が同じ音をだしていても、完全には一致してない場合 濁り が生じます。
この濁りは物理的に言うと、音波の干渉 です。

音の高さを表す単位は Hz ヘルツという単位を使います。これは空気の振動によって生まれます、1秒間の振動数をあらわす単位がこのヘルツなんです。
たとえば1秒間に440回空気を振動させると ピアノのラ(A音) の音になります。厳密には室温や湿度など様々な条件がくわわります。逆にいうと440回振動させた音(440Hz)はピアノのラの音にしましょう と取り決められたわけです。これが下記にも書きますが国際基準音というものです。

では音の干渉(濁り)を聞いてみましょう。干渉は簡単に説明すると同じ ピアノのラ音 でも440Hz と 439Hzを同時に鳴らした場合不快に感じる音の ウネリ が生まれます。管楽器などは各々の奏者が音程をコントロールしないと正しい周波数で演奏できませんので、このズレが他の楽器と音の干渉を生み演奏を聞くものにとっては不快と感じてしまいます。

音の干渉を聞いてみましょう。

完全一致の場合 (2音とも440HZ)
ズレが有る場合2音 (339Hz と 440Hz)
ズレが有る場合2音 (338Hz と 440Hz)
ズレが有る場合3音 (339Hz と 440Hz と 441Hz)

音のウネリわかりましたか?

微妙にずれた2つ以上の音が鳴ると、音が回転しているように聞こえると思います。

楽器の場合のよく言う 音程あわせてっ!! ピッチ悪いよ・・ は同じ音を出そうとしているにも係わらず
合っていない場合を指すことがおおいです。

正しい音程という基準は実は物理的な振動数で実は決まっています(国際基準音 A=440ヘルツ)。その基準から各音の周波数が決まってきます。自分が出してる音と基準音とを比べて、合っている とか 高い 低い と表示するのがチューナーの役割です。チューナーでは基準A(ラ)の周波数を変えることも出来ます。空気の振動である音波は湿度や気温によって多大な影響がありますから、夏の暑い場合吹奏楽などではA=442Hzなどでバンド全体で基準を高めに合わせる場合もあります。

音程を合わすことに関しては自分の周りにサックス奏者や音楽知識のあるひとに実際に聞いて体験してくださいね。

音痴なサックス奏者 にならない為にはまずこの音程の存在を知っておいてください、しっていてもサックス技術がおぼつかない時期にはコントロールできないと思います。しかしその時に自分が音痴になってることを「気持ち悪い」と感じることが音痴サックス奏者にならないための重要なポイントになります!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

ビンテージサックス

ビンテージサックスとはサックスの歴史において当時の優れた技術・職人技の楽器をさします。クラシック奏者はビンテージ楽器には興味の無い場合がほとんどですが、ジャズ奏者にとっては羨望の楽器ではないでしょうか。

ビンテージとして現在も取引されているメーカーはメーカー セルマー・コーン・ブッシャー・キングなどか有名で、とりわけアメリカンセルマーのマーク6はとても有名です。

 

ビンテージサックス
CONN   コーン USA
CONN サックス コーン
 1920年代~30年代 アメリカのジャズ創生時代に脚光を浴びたメーカーです。有名なところではチャーリーパーカーの愛器がコーンですね。
当時のサックス製作技術としては最高ではないでしょうか。マイクロチューニング機構という革新的な機能がありました、これはマウスピースを指すネック部分の長さを可変できるようになっており、チューニングを変えられるといったものでした。
音色的には非常に軽やかなサウンドでありつつ、中音域はパワーと色気を兼ね備えた音色です。楽器自体のレスポンスも非常によく当時としては最高水準の楽器でしょうね。

現代の楽器から持ち帰るととキー配列が結構厳しいかもしれないですね、とくにオクターブキー・テーブルキーは押しにくいかもです。

いまでは創られていない C調 の Cメロサックス なども当時は製造されていました。

200,000円位~

King   キング USA
King   キング  サックス
1940年頃に super20というモデルで一躍脚光を浴びる。キャノンボールアダレイが愛用していたことでも有名ですね。チャーリーパーカーもsuper20は使っていましたね。
音色はキャノンボールアダレイに代表されるカラッとした爽快感・スピード感のある音色が特徴です。
写真はsuper20のシルバーソニックです。この楽器はベルなどに銀をふんだんに使い、レスポンス・音色の劇的な変化を生みました。現在では非常に貴重な逸品です。200,000円位~
H.SELMER  ヘンリー・セルマー フランス
現在でも有名サックスメーカーとして君臨するセルマー。1936年に発表されたバランスアクション、その後継機種スーパーバランスアクションは現在でも多くのジャズサックスプレイヤーに愛用されています。70年ほど前の楽器ですが、すでに現在のサックスにも受け継がれている仕様が使われています。1954年に発売されたマーク6、1970年にはマーク7、1980年にはsuper
action 80 と現在まで歴史はつづいています。ぞくに フランスセルマー で フラセル と呼ばれます。
45万~
A,SELMER  アメリカン・セルマー アメリカ
アメセル テナー
いまやビンテージサックスの代名詞とも言える アメセル です。もともとの楽器はフランスセルマーなのですが、これをジャズの本場であるアメリカに持ち込み、作り直したモデルです。1940年代中盤~マーク7までアメセルは生産されていました。いまある セルマーUSAではないですよー。
モデルはスーパーバランスアクション、マーク6、マーク7と一部super
action80もアメセルのものが有るようです。
細部にまでこだわった仕様となっており、当時の職人のこだわりを感じます。
溶接・塗装・タンポ・・・等々フランスセルマーとは一線を画しています。
現在ではアメセル マーク6が一番の花形ビンテージですね。
著名なミュージシャンが数多く愛用しており、シリアルナンバーの上2桁を総称して 14万番台 などと呼ばれ、同じマーク6でも珍重される年代が存在します。
ただし購入には注意が必要でして、粗悪なものも販売されているのが現状です・・・信頼の於ける楽器店をまずは選びましょう。
ネットの個人売買では比較的安く手に入る場合もありますが、高い買い物ですので試奏してから買うようにしてください。
たんに古くなってしまってどうしようもないアメセルマーク6も存在するのも事実です。90万~ ものによっては150万をゆうに超えます。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックスの値段は?

サックスを買う場合まず気になるのが価格ですよね、とくにサックスを始めて買う場合は迷ってしまいます。値段帯も広くいったいどれを選べばいいのか・・・

別項目で書いてある「安い楽器から・・」を参考にしていただくと、逆に使用に耐えるサックスは幾らくらいから・・と疑問におもわれると思います。

まず初心者の方にとっての楽器選びと言う点では、前述したサックス3大メーカーからの選択がいいと思います。もちろん他メーカーでもいいものは沢山出てきていますが、ここでは三大メーカーに絞った説明を致します。

メーカー名
モデル名
アルト
テナー
ソプラノ
バリトン
セルマー
シリーズ2
彫刻有
390,000
460,000
420,000
980,000
シリーズ2
彫刻無
350,000
410,000
360,000
910,000
シリーズ3
彫刻有
450,000
510,000
483,000
 
シリーズ3
彫刻無
416,000
460,000
460,000
 
リファレンス
510,000
     
リファレンス(54.36)
 
580,000
   
ヤナギサワ
901-2
198,000
230,000
200,000
520,000 (901)
902
210,000
250,000
275,000
 
991
280,000
315,000
324,000
 
992
350,000
395,000
386,000
 
9937
680,000
755,000
 
 
9930
 
 
 
950,000
ヤマハ
275
100,000
11,8000
 
 
475
142,000
174,000
172,000
 
675
 
 
260,000
 
62
180,000
213,000
 
 
82z
252,000
285,000
 
 
875
292,000
350,000
 
 
41-2
 
 
 
390,000
62-2
 
 
 
540,000

 

 

 

 

※2007年6月現在都内某楽器店での実売価格

価格表は現行モデルの都内楽器店での実売価格を表示しています。

一番安いモデルはヤマハ275となります。275はサックスを始めてみたい方には入門用にはいいと思いますよ。入門用といっても割と長く使っていける楽器だと思います。私の生徒さんの状況からですと、だいたい3年~ほど経つと上位モデルが欲しくなるようです。

予算は20万円まで と決めると実は ヤマハ 275 475 ヤナギサワのアルト 901-2 くらいしかないんですよね・・
25万円まで伸ばせば一生使っていける楽器を買うことが可能です。セルマーは35万円以上となり最初に買うにはすこし勇気がいるかもしれないですね。

独断と偏見では予算が

15万円までなら ヤマハ 275
20万円までなら あと5万円貯めて!!
25万円までなら ヤナギサワ902 ヤマハ82Zアルト
30万円までなら ヤナギサワ991 ヤマハ82Z
幾らでもいいなら セルマーシリーズ2 リファレンス ヤマハ82Z ヤナギサワ992

上記以外のメーカーでもいいモデルが沢山ありますので、選択肢は増えるはずです!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

サックスの選定

新品や中古の楽器を買う場合は必ず選定作業を行いましょう。選定とは音質・ピッチ・バランスなど様々な観点から状態のいい楽器を選ぶ作業です。

楽器の工作精度の高いヤマハ・ヤナギサワなどの同じモデルでも選定作業が必要になってきます。折角買う楽器ですから購入時の状態の一番いいものを手にしてください。

では実際に選定はどのように行えばいいのでしょうか?
まず貴方が初心者・初級者の場合は、ある程度以上楽器経験のある方にお願いしてください。出来ればプロの奏者で選定経験の豊富な人にお願いするのがいいと思います。プロにお願いする場合は選定料がかかります。

楽器選定の流れ(人に選定をお願いする場合。)

● まずはどのメーカーのどのモデルがいいか検討して、決定したら楽器店に在庫を確認する。選定には複数本在庫があるのが望ましい。しかし人気モデルの場合は難しい場合もあるので、過去に同じモデルを選定した経験のある人にお願いする必要がある。選定者がプロの場合はその方がよく使う楽器店にお願いすることになるので、任せてしまっても大丈夫でしょう。

● 選定時はできるだけ残響ののこらない場所で行う。楽器店に防音室・選定用の部屋がある場合も多いので確認してみる。

● 選定を別の方にお願いした場合でも、貴方自身サックス経験者の場合は自分でも必ず吹いてみてください。できれば自分の今使っている楽器があるならもって行くことをお勧めします。

● 選定者にお願いできるようならば、同じフレーズなどを楽器ごとに吹いてもらうと、音質・鳴り等の違いが聞き取れるはずです。選定者が楽器を決定した場合には是非とも自分の楽器と吹き比べて今持っている楽器との差を実感してください。もしこのときに少しでも違和感があるようなら、選定者に相談し別のメーカーや別のモデルなども視野にいれるといいでしょう。

 

楽器選定の流れ(貴方が中級者以上で自分で選定をする場合)

● まずはどのメーカーのどのモデルがいいか検討して、決定したら楽器店に在庫を確認する。選定には複数本在庫があるのが望ましい。

● 選定時はできるだけ残響ののこらない場所で行う。楽器店に防音室・選定用の部屋がある場合も多いので確認してみる。

● まずは自分の楽器を持っていき、ある程度リードが馴染むまで吹く。また出来るだけ2.3日前からリードなどセッティングを変えないようにし、使えるリードは数枚用意しておく。新品の楽器はネックのコルク部分が硬いのでコルクグリスは必携。楽器の取り扱いは自身のものより慎重にね!!
さて実際に自分で選定する場合は色々な方法があります。まずはファーストインプレッション!!それぞれ選定する楽器を吹き比べてください。

楽器のメーカー・モデルによって多少鳴りのポイントが違ってきます、ここを感じるまでその楽器本来の実力はわからないので、多少吹き込む必要があります。またメタルのマウスピースでバリッっと吹くタイプの人は、モデルによってはオーバーブロー気味になってしまいます。オーバーブローするとその楽器本来の良さは分からなくなってしまいますので、最初は余り息を入れすぎないようにしましょう。そして自分のセッティングでのその楽器の限界点を把握してくださいね。
いい音 とは決してオーバーブローさせてはいけませんからね。

ではファーストインプレッションで良いものが見つかったら、細かい部分での検証にはいります。まずは音程のバラつきが許容範囲なてかどうか調べます。ですからチューナーを持っていく事をお勧めします。サックスという楽器自体はもともとそれほど音程のいい楽器ではないですが、口で調整することで音楽的に問題ない範囲に収めることができます。その収めることができる範囲が許容範囲ということになります。まずはいつも通りチューニングしてみて、各音をメーターで測ってみてください。

だいたい±15セントの範囲内だと口で調整できますので大丈夫です。細かく言うと マイナス方向ではできたら-10セント以内 +方向ですと15~20セントまでなら大丈夫です。ヤマハ・ヤナギサワですと殆どどのモデルでも高精度で音程は問題ないでしょう。セルマーなどは結構音程の悪いものもあります。

もし同行者してくれるサックス吹きがいたら聞いてもらうといいですね。自分で吹いた時に聞こえてる音は骨伝導の振動も含めて聞いてますから、なかなか人に聞こえてる音色ってわからないですからね。あとはMDなど録音して聞いてみるという人もいますね。
ppp ~ ff までムラ無くクレシェンドできるか? またその逆は?
pppで全ての音域が響くか? また音質ムラはないか?
壁などに向かってベルから出た音を反射させてよく聞いて下さいね。
キーのレスポンスなども重要ですね、メーカー品はまず大丈夫ですけどね。

音痴じゃないか?・吹奏感は好みか?・音域によるバラつきがないか? 等クリア出来たらOKでしょね。もし音が下の方だけ出にくい・・等は楽器店に言って調整してもらってください。新品の場合は特に調整が良いわけではないので、おかしいところは店に伝えて調整してもらってください。

文章だと分かりにくいかもしれなかったですね・・、また現場で色々と臨機応変に試すこともおおいので、なかなか説明が難しいのですね。選定は出来るだけプロの方にお願いするほうがいい楽器選びができると思います。なによりプロの奏者に選んでもらうと、安心感も買えますからね。

サックス教室 藤本匡光

 

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。