オクターブ上のG G# A 辺りのガラガラ音とかノイズとか。

Aさんよりの質問です。
border
上のラ(G)を出すとネックの部分のオクターブキー(?)に空気が当たり「ザー」という音が出て非常に気になりました。楽器を調整に出してタンポも交換したのですが改善されず。
リペアーマン曰く、リード位置、マウスピースのセッティングで直るのでは?と言われたのですが…
何か良い対処法があれば教えていただければと思います。
border

生徒さんにも習い始めの頃などこの症状がでる方が沢山おられます、結論から先に言うと
日々の練習で解決していくということになりますね・・。

この症状はサックスの場合オクターブキーを押した G G# A 辺りに
おこりやすいですね。これはサックスというか管楽器の仕組み上なりやすい
のです。

では なぜそういうことが起こってしまうか・・・ということです。
ちょっと振動数での説明となりますので、うまく伝えられるか
心配ですが・・。

border
まずここに穴の開いていない笛があるとします。


①の笛の長さを X とした場合に、笛をならすと
1HZの音がするとします。

※1HZとは波形でみるとこんな感じです。

グラフの横軸は時間です。これで1秒分です。
1HZとは1秒間に波形の山と谷それぞれ1回分の波形です。

border
この笛で1オクターブ上を出すにはどうすればいいか?

といいますと、2つの方法があります。

①の笛は 1HZ の音をだすとすると そのオクターブ上の音は
2倍の周波数を出せればオクターブになります。
ですからこの例では 2HZ の音を出す方法です。

※2HZをグラフでみると

border
方法 その1

笛の長さを半分にする。
①の笛のながさを X とすると 1/2X すなわち
半分の長さの笛は2HZの音がでます。


これほど単純ではないのですが、トロンボーンを
イメージするといいかもですね、トロンボーンは管の長さを
変えられる楽器です。

border
方法 その2

真ん中に穴をあける。


真ん中に穴をあけると 管は穴があいたところまでの長さで
発生する周波数が決まります。サックスはこの方法を応用しています。
サックスの管体にはもともと沢山の穴があいてますよね、それを
閉じたり開けたりして管の長さを調節しているわけです。

ここまでいいですね?
さてサックスは③の方法でオクターブを出しているわけですが
もっと複雑な要素も加わってきますが 惑わすのでできるだけ単純に
説明します。

border
サックスにも ③ の方法を取るために オクターブキー があります。
左手の親指で押すやつですね。このキーを押すと音によって2箇所の穴が
使い分けられます。

下の赤丸の方のキーは オクターブキーを押した
D~G#までで使われ、A以上は上の方が開きます。

本来③の考え方ですと、それぞれの管の長さの
真ん中に穴を開けるのがベストですが、そうすると
全ての音程にオクターブの穴が必要になります。
15個とかそれ以上のオクターブホールが必要になります。。。
親指のところにはその分のキーがついて・・・・
そうなると演奏できないですね  😛

そこでできるかぎり少ないホールで全てをカバーできるように
2個のホールということになっています。しかもオクターブキーは
左手の親指1箇所で2つを自動的に使い分けています。
※厳密には倍音の特性などでオクターブを出しています。

 

 

しかしオクターブの D E F とかは 下のホール位置で余裕余裕!!ですが
ホールの変わり目である G G# A あたりはちょっと無理した位置となります。
ですから不用意に吹くと ガラガラガラガラ というような混ざった音(重音)になったり
空気が漏れたような音がしてしまいます。

ではどうすればいいか ですが、笛と違うところはサックスにはマウスピースが
有り、リードがついています、そこを吹くと発音源である音が発生します。
その音も口の弛緩・緊張により周波数は変化します。

このことを利用してうまくノイズの出ない発音を探します。
ですからロングトーンでの練習が最も効果的です。

たしかにこの辺りの音がノイズィーになりやすいのは、まだヌケテいない
新品の楽器やマウスピースのセッティングなどもありますが、99%アンブッシャーと
息の出し方で回避できると思います。

border
根気のいる練習かとおもいますが、頑張ってください。
また近くのサックス奏者に楽器を吹いてもらって、症状のでない
状態を聞いてください、楽器側の不安を取り除いてからトライした
ほうが精神的にもいいですらね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

テナー用オットーリンク有りますよ。

マッピもともと某著名先輩サックス奏者のキープ品の
中から更に僕も選定して来ました。

実は1ヶ月程前からリンクを探して都内のお店を回りましたが アタリが
なく 途方に暮れてましたて たまたま先輩に声をかけたら
メイン以外ならいいよーー とのことでしたので 笑
メインのは15万もするレアなリンクでしたけどね 笑
ということで物はリンク現行モデル選定品 トーンマスター 7★です。
多少使用感はありますが 比較的綺麗です。

 

完売いたしました。

その 1  リガチャー・キャップ付   ¥ask
落ち着いた音色がします、抵抗感は 2 に比べると多少ありますね。リンク特有の低音域はとてもいい感じです。サウンド

↓↓

その 2  リガチャー・キャップ付   ¥ask 売済
非常に楽に吹けます、抵抗感も少なめで 1 に比べると同じもでるなのにハイバッフルです。このバラツキがリンクの面白いところでもありますが、1とは違うモデルな感じさえします 笑サウンド

↓↓

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスのネックコルク

熊本県 シゲポンさんからの質問です。
「マウスピースを変更したのですが、マウスピースを付けるとぐらぐらに
なってしまいました、どうすればいいですか?」

僕の場合テナーはジャンルによってマウスピースを2種類使い分けてるんですが、
やはりそれぞれのマウスピースのネックに付ける部分の直径がちがうので、太い
方のマウスピースを付けるときにはちょっと緩いんですよね。

以前はそれぞれに有ったコルクの厚みのネックセットで変えていたのですが、
好みとして 片方のネックの方が好きでしたので、いまは直径太い方のマウスピース
を使う場合はコルクの所に紙を巻いて太さを調節しています。

しかしながらシゲポンさんが買い換えたマウスピースのみを使用するようでしたら
楽器店に持ち込んでコルクの巻きなおしをしてもらうほうがいいですね。
コルクの巻きなおしの際は、使用マウスピースも伝えるとバッチリ厚みを調整して
戻ってきます。
店によって金額はバラつきありますが1500円~3000円という感じてす。

シゲポンさんとは逆にコルクが厚くてマウスピースが入りにくい場合は、目の細かい
耐水サンドペーパーを水でぬらして、コルクを満遍なく削って調整します。

ソプラノとストラップ

滋賀県 I さんの質問です。
border
「ソプラノサックスを吹くときに、ストラップは使わないほうがいいのですか?」
border
えっと率直に 使わないほうがいいか? という質問の答えとしては
どちらでもいいですよー となりますね。

僕の使っているセルマー6はもともとストラップをかけるリングが付いて
いませんので使わないですね。

しかしソプラノはサックス属なかで小さいとはいえ 結構右手に負担はかかります。
とくにまだソプラノサックスでのアンブッシャーが確立できてない場合は、ストラップを
使って首に楽器の重量を逃がしたほうが 楽器の安定は図れるますね。

ただどうしてもソプラノのストラップを使うと、姿勢が前かがみで猫背に
なってしまいがちです。ですから姿勢には気をつけてください。

基本的にアルトもテナーもソプラノも口からの延長線にマウスピースが
真っ直ぐになるように構えるのが基本です。プロ奏者によってはその角度が
マチマチではありますが 基本が出来るまでは まずは基本姿勢で音色作りを
するといいと思います。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

クラシックサックスからの変更点

愛媛県Yさんからの質問です。
border
「クラシックのサックス今までやっていたのですが、ジャズをやってみようと思います。セッティングなどは
何を変えればいいですか?」
border
藤本 匡光 僕も大昔はクラシックサックスをしていました、高校を卒業してジャズ系に変更するさいに 僕もまずセッティングを変えようー と思ったのを思い出しました。

僕の場合は、とりあえずマウスピースは ARBエボナイトを先輩が譲ってくれたので使用しました。とても大きな音がして、なんか当時はクラシック体質だったので 汚い音 で自分でならしてて気持ち悪かったですね、

もちろん今考えたらマウスピース変えただけ だったので本来の音色は出せてなかったはずです。

クラシック時代はリードはバンドレン青箱 3半とか4番を使っていました、いま考えたら恐ろしく硬いリードを使っていました 😯  いまは2半とか下手したら2番を使っています。

リガチャーに関しては マウスピースとの相性や形状などで、変わってきますから一概にコレというものはないですね。

マウスピースも正直難しいところです。
多分クラシックの時にはセルマーs80 s90等をお使いだと思いますが、比較的そこらあたりから移り易いのはメイヤーの5~6番です。
しかしながらマウスピースをメイヤーにしてもクラシック的な音色に最初なってしまうとおもいます。
仮に、メイヤーですとリードはjava2半~3番がわりと多いセッティングですから試してください。
しかし正直奏法とアンブッシャーの変更がジャズ・ポピュラー系の演奏をするには必要になります。ですからセッティングを変えた瞬間から変わるものでは決してないですから、根気よく練習をしてください。

クラシック時代にヴィブラートを絶えずかけていたようでしたら、一旦ノンヴィブラートにする必要がでてくると思います。僕自身が一番苦労したところですね。

ジャズ・ポピュラーでもヴィブラートはかけますが、かけ方が全く違ってきますので、色々な奏者のかけ方 を勉強してみてください。
ぼくは当時デビット・サンボーン氏のヴィブラート研究しました。氏の演奏はヴィブラートのバイブレーション周波数まで計算されてかけています。

もちろん体得すると自然にでるようになりますが、最初はわりと機械的にメトロノームに合わせた練習なども必要になろうとおもいます。
上ではヴィブラートに関してだけ書きましたが、タンギングやアタック・・・諸々たくさんの奏法に違いがでてきますから、いちどポピュラー系の先生にレッスンを受けてみるといいと思います。

ただクラシックもジャズもポピュラーも共通している部分が「音楽的解釈」です。その表現方法は違ってきますが、いままでYさんがクラシックにおいて体得してきた 音楽的解釈(譜面解釈など)は、すごくプラスになっていますから、焦らずじっくりと体得してください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス特殊奏法

[2015 10 18 追記]

皆さんから頂く質問のなかに 特殊奏法 について
聞かれる事があるんですが、正直なかなかwebで説明するのは
僕の文章力から言っても無理がありまして・・・

なんとなくここではこういう感じーくらいで流してください 笑border
■ポルタメント■ Portamento

 ポルタメントは起点の音から終点の音まで ニュ~ル~っと繋げる
感じで演奏します。管楽器ですとトロンボーンは得意な奏法ですね。
グリッサンドとはちょっと違いますよ。
これをマスターするにはリップコントロールが上級になってから
初めてトライしてください。

サンプルでは ガーシュイン作曲 の ラプソディー イン ブルー の最初のソロ
本来はクラリネットがやってる所です。
最初のトリルの後にポルタメントがあります。

そのあとはなんとなく2音をポルタメントで繋げてみました。
サックスの演奏では3度~5度くらいのポルタメント奏法はよく
使いますね。

ポルタメント サンプル

border
サイレン■ Siren

またポルタメントの応用でフラジオ音域で使う場合もあります。
これはエリック・マリエンサルがアルトサックスよく使う技術ですね。

サイレン サンプル

border
■フラッター■ flutter

フラッターはフルートなどではよく出てきますね、舌を 巻き舌 の
要領で トゥルルルルルルル という感じで吹きます。
すると音も細かく切れて発音されます。

サンプルはちょっとウケ狙いです、といってもこれで
笑えた人は40代以上ですかね 笑
水戸黄門で 風車の矢七 が屋根裏などで悪代官の悪巧みを
探るシーンでフラッターが使われてます、元はフルートですけどね。
一発芸としても つかえるかもです 笑

フラッター サンプル

border
■ファズトーン■ Fazz-tone

ファズトーンはデビット・サンボーン氏が演奏の中でよく使う奏法(音色)です。
よく使うのは  high F    high F# の高音域です。というかこれはこの音域でしか
効果的に鳴りません。同じような音色に グロー奏法(唸り奏法)もありますが、ファズトーンと
グローは違ったものです。ファズトーンは重音奏法(2つの音を同時に鳴らす)といえます。

ファズトーン サンプル

border
■グロー(グロウル・グローイング)■ Growl

グローとは、その名の通り「唸り」奏法です。
犬が威嚇するときのような、低めの音を喉でグルグルグルと言わせながら吹きます。
テナーサックスのレコーディングでは要求されることが多く、またロック系のサックスでは必須テクニックです。

楽器を咥えずに喉を鳴らす練習をしても、あまり効果が期待できないので
楽器を吹きながら喉を鳴らしてみてください。
最初は、オクターブキーを押した、高いほうの ラ シ 辺りがいいと思います。
猛犬になったつもりで「ヴ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛~っっっっ」て感じです。
チワワとかの小型犬ちゃいますよ、めっちゃデカイ猛犬をイメージしてね 😆 
吹きながら歌を歌うわけではないですよ 笑
唸りの音程で「音の割れ方」が変わるので、慣れて来たら色々とためしてください。

グロー サンプル

border
■クウォータートーン(1/4音階)■ Quarter-tone

サックス演奏においては、微妙な音程を操る必要がでてきますが、1/4音階(半音の半分)の練習は、顎などの使い方の訓練に効果的です。
下記項目にある「オルタネイトフィンガリング」は運指によって1/4音を表現する、ひとつの手法とも言えますが、こちらのサンプル音源では、ベンド奏法の練習として、顎の調節のみで表現する手法をとっています。
◆quarter tone 下降

◆quarter tone 上昇

こらちのページで解説しています
//sax-players.net/quarter-tone/
border
■オルタネイト・フィンガリング■ Alternate-Fingering

こちらのページにて解説してます。

//sax-players.net/blog-151018/

border
■ハーフタンギング■ Half-Tonguing

もはやポピュラーサックスでは特殊奏法とはいえませんね、普通にいっぱい出てきますから、表現上必須奏法ですね。
譜面では音符の頭のところが × になっていたり、(♪)で書かれていたりします。
ただ、ほとんどの場合は、ハーフタンギングは記譜されていないので、自分でよく聞いて再現する必要があります。

ハーフ という表現通り、半分タンギングです!! ← めっちゃ雑な説明やね 😆
レッスンで教えると、10分くらいでやり方は習得できるので、テクニックとしては、そんなに難しくはないです。
技術的な側面よりも、ハーフタンギングを入れる場所とか、ニュアンスを習得する表現的な側面に時間がかかります。

「Just the Way You Are」中間部のPhil Woods氏アルトサックスソロは、ハーフタンギング無しには
あのニュアンスはだせませんね。
Just the Way You Are」アルトサックス ソロ“ の記事を参考に、ハーフの場所を確認してみてください。
border
中間部のソロをコピーして吹いてみました。  alto  sax; MASA

border
■ダブルタンギング■ Double-Tonguing
■トリプルタンギング■ Triple-Tonguing

まず最初に言っておきますが、サックスにおいて、ダブルタンギングは、アマチュアの方は出来なくていいと思います 😯

通常のシングルタンギング シラブルが「Tu Tu Tu」にたいして、ダブルタンギングは「Tu Ku Tu Ku」となり
「Ku」は喉で空気の流れを止めて、音をきります。
でも、中級者までの方は、この「KU」の練習はしないほうがいいかも、弊害がでてきますから。
んで、もし練習したいようなら、必ず指導者の下で習得してください。

同じ系統でトリプルタンギングもあります、
シラブルは「Tu Ku Tu  Tu Ku Tu  Tu Ku Tu 」 or  「TuTu Ku  TuTu Ku TuTu Ku」となり
3連符系の時に使います。

サックス以外の管楽器、例えばフルートとかでは、特殊奏法ではなく必須奏法なんですけどね。

この曲の16分音符連続のタンギング指定の所とかは、これくらいのテンポくらいから、ダブルタンギングも使ってます。もちろん、シングルタンギングも併用してます。

こちらの譜面ほしい方は、下記記事よりダウンロードできるようにしてます。
Badinerie サックスの譜面作りました。

border
■循環呼吸法■


サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

あかんでしょ・・・・・・

レッスンの際に生徒さん自身が市販の曲集を買ってきて その中のお気に入りの
曲を題材にレッスンすることがあるんだけど、ちょっとびっくりした事があった。。。
最近のサックスブームの中で、以前より沢山のサックスの曲集が
販売されているのはとても嬉しいことなんだけど、その生徒さんが
買ってきた曲集は最悪でした・・・・・ なぜってサックスの音域より
下の音が平気で書かれていました・・・・・ ありえない事です。
サックスの曲集を出版するにあたって 最低限音域くらいは知っていて
ほしいものですし、最良の音域で気持ちよく演奏できるように考慮してほしい
ものです。値段も決して安くはないわけですからね。
ここではもちろんその本の名前は出せないですけど、皆さんも
買うときにはザッと中を見てくださいね。五線より更に下の ソ とかが
出てきてたら そんな本は止めましょう。
しかし音楽出版の会社がこれくらいのチェックしないで どうするんですかね・・・
会社の信用を無くすだけなんですがね。

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。