pp が上手くうけない。。。。

東京都 Iさんからの質問です
「サックスを始めて2年になります、どうしてもppがうまく出せません どうしたら
いいでしょうか?」
 これは沢山の方が悩んでる部分だと思います。
大きな音は比較的サックスは出しやすい楽器だとおもいますが、
ppはセッティング(リード選び)にもおおきく影響をうけますが、
大体の場合 腹式呼吸 が出来ていないことが原因です。
 腹式呼吸の項目にも書きましたが人間は直立状態になると
胸式呼吸に意識せずに切り替わってしまいます。
 管楽器を吹くときには複式にするっ と自分自身で気をつけないと
出来ないものなんです。
 その日々の訓練を続けるうちに マウスピースを口にした瞬間から
自然と腹式呼吸に切り替わるようになってきます。
 まずはロングトーンで腹式呼吸を意識して練習してください、
mfくらいでまっすぐに伸びるようになったら、デクレシェンドして
ppあたりまで小さくなったら そこで耐えて伸ばします。
 そのときにアンブッシャーの緊張感・息の通り方・通り道をしっかり
意識してください。
 そしてそれに慣れたらppを吹いていたときのアンブッシャー・緊張感などを
頭に描いて最初からppでロングトーンの練習をしてください。
 残念ながら楽器演奏においては 大は小を兼ねない ので
根気よく練習してくださいね。

ある生徒さん と サックス と David T Walker の関係

少し前になるんだけど、ある女性の生徒さんに サックスを持ってる写真をとりたい と
いうことで、レッスン時に写真を撮ってあげた。
 まだ彼女は今月からレッスンを始めた感じなので、楽器はまだうまく吹けないんだけど
サックスをもってニッコリの写真にした。
「記念にでもするのかなー」と思うんだけど、彼女の口からは意外な人物との関係が。。
David T Walker さんにメールで送るんです。。。
えーーーーーーー David T Walker氏といえば世界的ギタリストなわけで。。。
彼女とはメル友らしく 来日時にもライブに招待されてるそうで。。
その昔David T Walker氏もサックスを吹かれていたそうで、サックスを習うことを
伝えたら 写真を送れーー という流れだそうで。。
 世間は狭いというか・・・なんか不思議な関係ってあるもんですわな。。

譜面がよめない・・・どうしよう。

いま生徒さんのなかにも 譜面と格闘している人が何人か居る。
譜面が読めなくても最初は全然大丈夫なんだけどね、思い出して
欲しいんだけど、小学校で笛とかハーモニカ吹いてた頃って譜面
読めて無くても曲吹いてたでしょー?
曲を覚えて ドレミとか階名をかけばなんとかなるわけです。
 だけど多少楽器が吹けるようになってくると、市販の曲集とかで
好きな曲を吹いてみたくなる。。。そうなると譜読みが必要になって
くるわけです。
 やみくもに 譜面を読めるように勉強しなきゃ・・・ と思うより
自分自身が必要に駆られる一念発起したほうが 上達は早いですから
その時まで待ってもいいわけです。
 実際に譜面を読むとなると コツは必要になりますが、僕自身も
中学時代吹奏楽部でありながら 譜面がよめなかったんです 笑
なんかいっつもチェッカーズ(古いか。。。)の藤井尚之さんのフレーズを
真似する練習??をしてました。
 さていざ高校に進学して吹奏楽部の盛んだった母校では 部員が
沢山いました。1年生は 1軍 にははいれないのですが、入学して
すぐの夏のコンクールでテナーを吹けるチャンスをもらいました。。。。
が。。。。。。 そこで譜面が読めないことが発覚!!笑
そのまま落とされました 笑
 さすがに落ち込んだのを覚えてます。。んでやっとこさ一念発起して
当時はクラシック音楽が大好きだったので、リムスキーコルサコフ の
シェヘラザード という曲のオーケストラスコアの単行本を買ってきました。
シェヘラザード はほんとに大好きで、殆どのパートの動きまでしっかり
聞き込んでいたくらいだったので、そのスコアの譜面を見て各パートの
動きを追って このリズムはこういう風に譜面では表記するのか という
感じで勉強しました。
 ようするに 譜面に書かれたリズム を把握さえすれば あとはドレミを
読んで当てはめればいいからです。
 それを2週間くらい続けてるうちに 譜面は読めるようになってました。
 一回身につければ一生大丈夫!! ですから、みなさんも一念発起する時が
来たらがんばってみてくださいね。

震災から13年。

今日1/17は13年前に阪神大震災があったんですよね。
僕自身も大変な経験をさせてもらいました。実家が神戸市長田区なんですが
あの日の朝はバイトに行くために朝目を覚まして、テレビをつけたら なんか
「大地震・・・・・」というスーパーが目に飛び込んできました。
場所はよく分からなかったのですが、よくよく見ると神戸・・・
正直最初はたいしたことはない と、映像を見ながらもおもってしまいました。
「とりあえず バイトは休もう~~」と なんだか いい理由ができたーー
くらいの勢いでバイト先に電話したくらいです。。。
午前中不幸にも亡くなった方が7人という感じでしたので、亡くなった方には
申し訳ないのですが、あれほどの被害がでているとは思いもよりませんでした。
しかし午後には700人を超え流石に危機感がうまれました。
連絡をとろうと電話しても一向に繋がらず、すぐに神戸に向かうことも考えましたが
そのときの状況では移動手段も皆無でした。
NHKでは夜になると死亡者名簿が読み上げられ、いやな思いをしながら
名前に聞き入っていました。
連絡もとれないまま数日が過ぎたある夜、ついに知り合いの名前がNHKで
読み上げられました。
もちろんカタカナ表記でしたから確証はありませんでしたが、
翌日新大阪までしか行かない新幹線に乗り込みました。
新幹線には被災地に向かうらしき沢山の人たちが乗り込んでいました。
みんな言葉も少なくほんと思い空気だったのを覚えています。
新大阪から電車で行けるところまで行きましたが、実家までは30キロ近く歩くしか
ありませんでした。目にした光景はいまでも忘れられません。
高速道路が倒れ、ビルが積み木のように崩れ、またビルが原型を留めたまま
横倒しになっていました。
木造民家はまるで落ち葉が風で吹き溜まったように瓦礫の重なりとなっていました。
そこから実家までは、同じく神戸に向かう長い人の列に並んで蟻の行列の
ように歩き続けました。潰れた家屋地面には 家族の安否がかかれた
紙片が無造作に置かれていました。町中が異様な匂いにつつまれ聞こえるのは
サイレンとヘリコプターの音しかありませんでした。

どれくらい時間をかけて実家に戻ったのかも記憶に無いのですが、実家に
ようやくたどり着くと 幸いさこに家族はいました。家は傾いてて瓦は全部
落ちてプルーシートが付けられていました。とりあえず生きててよかった。。
電気は復旧していましたが、ガス・水 は依然不通でしたから、給水車がくる時間に
なるとポリタンクをもった長い行列ができていました。もちろんお風呂には入れませんし。
トイレも非衛生だけど殆ど流すことができませんでしたね。
母校には家を失った被災者の方が沢山テント生活をされていました。
そのなかに懐かしい友達とも会いましたが、久しぶりの感動は無く 言葉少なく
挨拶をした程度でした。
実家の正面には山がありましたが、その山が崩れ斜面に建っていた家屋の
むかし世話になったおばちゃんも亡くなったとききました。うちの町内だけでも
沢山の方が亡くなりました。
色々と書ききれない苦労が僕にもありましたし、また被災者それぞれに突然ふりかかった
天災ではありましたが はや13年ですね。。。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ジャズの勉強は必要か?

今回も寄せられた質問からです。
鳥取県からTさん(♀)のご質問です。
border
「私はサックス歴5年目でアルトサックスを吹いています。高校時代は吹奏楽で
サックスを吹いていましたが、いまはポップスなどの曲を吹いています。
現在習っている先生から ジャズの練習もしたほうがいいよ といわれてますが、
ポップスを吹くのにジャズを練習しないと吹けないのでしょうか?」
border

Tさんのお悩みは ある程度サックスが吹けて、曲も吹けるようになった頃に
次のステップへ上るために避けては通れない所かもしれないですね。

ジャズ という音楽は 人によって好き嫌いがあって当然ですよね。
サックス吹くからといってジャズを吹くとは限りませんからね。

しかし ジャズの奏法 は現代音楽にとっては必要不可欠となっているのも事実です。
いわいる ジャズレガート奏法 と呼ばれるものです。

ポピュラーやフュージョンなどはジャズ奏法から発展してきたものなので
根底は ジャズレガート奏法 で演奏する必要があります。

タンギングの位置やアタックの位置がクラシック奏法とは 反対 になってきます。
ここで書くのは大変難しいのですが、現在習っている先生は次のステップに向かう為
ジャズレガート奏法を習得する必要がある と判断されたんだと思います。
システマティックに練習すれば、だいたい2ヶ月くらいで形になってきますよ。
そうすることで今まで演奏していた曲も見ちがえる程上手く聞こえると思います。

まずは先生になぜ必要なのかを じっくり説明してもらって、納得した上で
学んでくださいね。

僕も結論からいうと ジャズ音楽が好きでなくても サックスが上達したいならば
奏法としての ジャズ は是非勉強すべきだと思いますよ。
食わず嫌いは勿体ないです!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

ソプラノサックスと音程

以前質問いただいた内容からです。
border
「僕はアルトサックスを7年吹いています、最近念願のソプラノサックスを
手に入れました。しかし楽器がすごく音痴になってしまいます。
どうすればいいでしょうか・・」
border

うちの生徒さんのなかにもソプラノサックスに憧れてソプラノから始めた生徒さんが何人もいます。

だいだいの意見としては まずはテナーサックスとかアルトサックスでサックスに慣れてからソプラノサックスに手をだすほうがいい と言われていますけどね。
僕もそれには一理あるとは思っていたのですが、アルトサックス テナーサックス が吹けるからといってソプラノサックスが吹けるわけでもない・・・というところもあるんです。

サックス族 のなかでは テナーとソプラノ アルトとソプラノ という持ち替えをするひとは非常に多いと思います。
そして多くの人が「ソプラノサックスは音痴」といいます。
しかしながら ソプラノサックス本来 というか サックス 広くいうと管楽器は音痴なわけです。奏者がいかに音程に気を配って、なおかつ 歌 を奏でるかという事が重要になってきます。

とくに現代のサックスは昔の楽器に比べて格段に音程があわせやすくなりました。
ヤナギサワのソプラノサックスは驚異的に音程がいいですよね。
でもやっぱし奏者が音痴だと サックスも音痴になってしまいます。

またサックス族で、高音域のソプラノサックスは、チューナーと単位 CENTで説明したように
少しのアンプッシャーの違いで、大きく音程が違ってきます。
アルトやテナーの感覚のまま、アンプッシャーを締めたり・弛緩すると、音程はフラフラになっちゃいます。

ソプラノサックスは、マウスピースが小さい分、アンブッシャーの筋肉の使い方が、テナーサックス・アルトサックスにくらべて、難しくなるのは間違いないのですが、ソプラノサックス特有の音痴の原因としておおいのが

■楽器の支え(支持)が間違っている。

■口からの楽器本体の角度が悪い、クラリネットみたいに吹いている。

■リードとマウスピースのセッティング(持ち替えする人は、持ち替えた時のそれぞれのマウスピースやリードの相性とか)

■息を必要以上にいれようとしている

・・・ が多いですね。

特に多いのが
■楽器の支え(支持)が間違っている。
■息を必要以上にいれようとしている
。。です。

楽器の支え 角度 セッティング は練習で克服すべき部分ですが、繊細なブレスコントロール だけは練習というか 意識 を変えないといい演奏は出来ないと思います。

最近のソプラノサックスは息をいれたら、入れるだけ鳴ってくれますが、実際の演奏において、ソプラノサックスはプロの奏者もそんなに大きな音で吹いてるわけではないんです。

ソプラノサックスの勝負所は pp~ppp の繊細な演奏をいかにコントロールするかだと思います。
またタンギングもソプラノは非常に繊細かつ丁寧にする必要があります。

また低音域の演奏にはコツが必要となってきます、低音域は
息をそのままいれちゃうと ビェ~~っと いうか ガサツな音色になってしまいます。低音域は唇と顎のコントロールが必要になりますがこれはちょっと文章では書けないんです。。。すんません。。

僕はむかし オーボエ の曲をコピーしてました。
好きなところでは ボロディン作曲 イーゴリ公 の第2幕 ダッタン人の踊り  の有名なオーボエとイングリッシュホーンの旋律とかラヴェル作曲 ボレロ  とかもいいですね、これには実際にテナーサックスのソロの後にソプラノサックスのソロが続きます。

まずはメロディー楽器として、全ての音域で繊細にかつ音楽的に
メロディーを奏でる練習をしてみましょう。
そのうえで、きっちりとチューナーを使い、正しい音程感覚を培ってくださいね。

まあ、ここまで書いといてなんですが、マウスピースを変更してみて、音程が取りやすくなることが多いのも事実でして・・。
ソプラノサックスのマウスピース製造はとても難しいと聞いたことが有ります。たしかに、マウスピース内部の、高音部を司る部分と、低音部を司る部分が近接なので、モデルによって音程が一番良く合う咥えの深さも違いますし。また、低音部のレ・ミあたりがガラガラいって鳴りにくい物もあったりします。
これは、ソプラノサックスにとって、というか、筒状の管楽器にとって(受け持っている音域が高い管楽器は顕著ですね)、マウスピースを挿す深さは重要でして、全ての音域を許容範囲内の音程で鳴らすためには、抜き過ぎても、差し過ぎてもだめなんですよね。ですから、マウスピース自体の容積も重要になっては来ると思います・・。やたら噛んで音を出している人は、必然的にチューニングをする際にマウスピースを抜いていますから、本来の設計範囲より抜いてしまっている場合、それぞれの音程は合いません。逆も然りです。
うまく伝えられませんが(^-^; ソプラノサックスは、経験から得ることが多いのも事実なんです・・。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

反復記号

反復記号は、 譜面において、同じ所を繰り返す場合に使われる記号です。
中学の音楽の授業で習っているとは思いますが、いかんせん
僕も中学の音楽の授業はフメジメに受けていたので、楽器に係わるまでは
わかっていませんでした。
皆さんも今一度覚えてくださいね!!


基本的には
◆リピート
◆ダルセーニョ
◆コーダ の3種類を覚えれば大丈夫です。

※ いまから出てくる譜例には、下段に 小節番号 を書いています。
小節番号はその小節の頭に書いてますが 例えば 1→2 とかいてある
場合は 1小節目 と 2小節目 を演奏する という意味ですので
間違わないでくださいね。

リピート記号
        
基本的には1対でワンセットとなっています、譜面で一番よく使われるくり返し記号です。
実際に下の例で使われ方をみてみましょう。
例 1)

2小節目の頭 と 4小節目の終わり にリピート記号がありますね。 この場合は 2.3.4小節を繰り返すことになります。通常指示のない場合は 2.3.4小節を2回。
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→5→6→7
例 2)
例 1 では特に指示がありませんでしたから、2回繰り返しましたが この 例 2 では
“×3″ (掛ける 3) という指示がありますから、3回繰り返します。
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→2→3→4→5→6→7
例 3)
さて 今度は 4小節目 と 5小節目 の上に それぞれ 1  2 という数字が入ってます。
これは 1カッコ 2カッコ とよばれます。リピート記号とセットで使われます。
カッコ がついた場合は くり返しを挟んで数字の順番に進んでいきます。
進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7
例 3)
進行順序  1→2→3→4→2→3→4→2→3→4→2→3→5→6→7

 

ダル セーニョ
  
は セーニョ と呼ばれます。 は ダル セーニョ で 簡単に言うと セーニョ に 行け!! ということです。
ダルセーニョ の出てくる譜面では 通常 コーダ と共に使われます。一緒にコーダも覚えましょう。
コーダ
  
は コーダ と呼ばれます。 は トゥー コーダ で 簡単に言うと コーダ に 行け!! ということです。 は曲の終結部分(エンディング)に向かう場合に使います。
例 1)
2小節目の頭に 
3小節目の頭に 
4小節目 は 1カッコ 
4小節目の終わりに
6小節目終わりの上部には 

7小節目の終わりに 
8小節目の頭には がついています。さてどうやって進行するのでしょうか。反復記号には 優先順位 があります。
まずは  が優先されます。これに 1カッコ 2カッコ ・・ も含みます。

次に →  があれば コーダ より優先されます。

 

サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2(上のは通過)→3→4→3→5→6(6小節目終わり上部のは通過)→7(7小節目終わりにがあるので記号のある2小節目へ)→2→3→4→3→5→6(6小節目終わり上部にがあるのでマークのある8小節目に飛ぶ)→8→9
————————————
1→2→3→4→3→5→6→7→2→3→4→3→5→6→7→8→9
————————————
例 2)
サックス教室 譜面の読み方
例 2 では 一箇所 例 1 と違う部分があります。の横に (STRAIGHT)と書かれています。ストレート ですから 直訳すると 直進 ということになります。
この場合 ダルセーニョしてきた時はサックス教室 譜面の読み方 サックス教室 譜面の読み方のリピートを無視して 直進してくれーー ということです。
例2では 1カッコ 2カッコ がありますので、直進するには 2カッコ に進行します。
カッコが有る場合 ストレート の時は一番数字の大きいカッコにそのまま進行します。
進行順序 例1) 1→2→3→4→3→5→6→7→2→3→4→3→5→6→7→8→9

例2)
 1→2→3→4→3→5→6→7→2→3     →5→6→7→8→9
例 3)
サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2→3→4→3→5→3→6→7→2→3→4→3→5→3→6→8→9
例 4)
サックス教室 譜面の読み方
進行順序 1→2→3→4→3→5→3→6→7→2→3→6→8→9

 

ダ カーポ
 曲の一番最初に戻ってください!! という意味です。
例 1)
サックス教室 譜面の読み方
は 優先順位としては ダルセーニョ や コーダ より優先されます。 効力は1回限りなので、
繰り返してきて再度の小節にきても、その場合は無視してそのまま進行します。
進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7→1→2→3→4→2→3→5→6→7→8→9
例 2)
サックス教室 譜面の読み方
D.C time straight などの注釈があるときは 直進するので この場合は 2カッコ に進行します。

また 7小節目の最後にある D.C の部分に あわせて D.C straight と書く場合もあります。

進行順序  1→2→3→4→2→3→5→6→7→1→2→3→5→6→7→8→9

 

border

さて ちょっと長いですが 練習問題 です。 まず自分で書いてから 答えみてください。

区切り線
問 1
サックス教室 譜面の読み方

 

区切り線

 

問 2
サックス教室 譜面の読み方

border

答え
問 1

123434567891091091091112131478910910910911121516

問 2
12343434567891091091091112131478911121516

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。