誤ったアンブッシャーの改良

独学でサックスを勉強する場合に、最初一番気をつけなければ
ならないのが アンブッシャー です。

今回レッスンで60分で改造した事例を書いてみます。

まずAさんはソプラノサックスでのレッスンですが、歴は2年くらいで
最近うちでレッスンをしています。

うちに来る前にグループレッスンを受けておられたのですが、
アンブッシャーは ちとマズイ感じでした。。

まず写真を見てください。
サックス アンブッシャー

下唇がマウスピースの横でメクレてしまっているのがわかるでしょうか?

 

拡大してみると

サックス アンブッシャー

この赤丸で囲った部分です。これでは隙間から息が漏れてしまいます。
息漏れがおこるといこうと、音もまっすぐに伸びませんし、演奏中疲れやすく、
ダイナミクスも付けられなくなってしまいます。

原因は口の周りの 口輪筋 と 笑筋 の使い方に問題があります。
(顔の筋肉については ネットで検索してみてください。 顔 筋肉 とかで
検索すると出てきますよー)

特に 笑筋 の使い方が問題です。字のごとく 笑う時に使う筋肉です。
サックスのアンブッシャーではこの 笑筋 の使い方が一番重要です。

笑筋 を実感するには 鏡の前で ニコッ っとしてみてください、
そうすると横に引っ張る筋肉があります、それが 笑筋 です。

この笑筋を意識しつつまずはトレーニングしてください、んで慣れてきたら
徐々に笑筋を引っ張り過ぎないようにマウスピースを包むように「う」の口に
近づけていきます。

それをアンブッシャーの時にうまく使ってください。そうすると
下唇にも程よく引っ張られて 写真のような メクレ は発生しなくなります。

40分ほどで改善されました ↓

サックス アンブッシャー

たった1時間足らずで、音の揺れなどがなくなりました。
そしてこの状態から 口輪筋 と 笑筋 が鍛えられて行くと、
笑筋をここまで引っ張らずに楽に演奏できるようになります。
ようするに筋トレですね。

自分が気づき 改善方法を知り 吹くときに注意すれば
治るわけですから、もし皆さんの中にも 音の揺れ や カスレ
高音のリードミス に悩んでおられる方が居たら、まず手鏡を用意して
アンブッシャーを確認してみてください。

意外と気づかない間にアンブッシャーが壊れてしまっているかもしれませんよ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

50歳代・60歳代からサックスを始める

最近では50代 60代 からサックスをはじめる方が多いです。

今うちのサックス教室にも60代以上の方が何人もおられます。
皆さん最初に心配されるのが
「この年からサックスはじめても大丈夫・・・」という所みたいですが、

今までの経験からいうと、全然大丈夫ですし むしろ練習熱心な方が多いので、若手よりも早く上達する場合もよくあります。

結局のところサックスの上達は練習量で決まってくる事と、「年の功」で、練習にロジカルに取り組まれることで、効率化も図れるのではないでしょうか。

ですから、「思い立ったが吉日」是非サックスを始めてみてください 😛

一人生徒の方を紹介します。
Hさんは壮大な夢を60歳から計画し実現されようとしてます。Hさんはいまも某会社の副社長を務めておられて、海外を飛び回る生活をされています。そしてもともとの趣味は山登り。

趣味 といっても本格的で、世界の名峰を登っておられます。そして今の夢が ヒマラヤ山頂でサックスを吹く!!

普通の人なら「夢」で終わりそうですが、Hさんは現実にされるかも知れないです。着々と計画を進めておられます。
僕も 空気の薄いところでサックス吹けるのか・・・とか 気温-20度だとメタルのマウスピースはキツソウとか考えています w 昔やった仕事で 苗場スキー場の仕事でさえ死ぬかと思ったほどでしたから。。。

60代になっても 僕もあんな生き方が出来たら素敵だな・・と思います。
でも・・・
「先生も一緒に行きますかー」
「か・・・考えさせてください・・・」
Hさんより年が25位下なのに・・俺は・・ダメダメです。。。。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

四畳半サックス奏者。

いまサックスを教えている某女性アーティストさんが昨日のレッスン
の時に、すごく音色がよくなっていた。
「今週結構練習したんちゃうん?」
の問いに すぐさま
「わかりますー??w」
彼女は普段から出来るだけ練習はしている人なんだけど、
今週なに変えたんよーー?
ということで聞いてみたら、
とにかく大きな音で吹いたそうです。

そうなんですよね、どうしても日本の住宅環境・練習環境では
サックスの音量小さく吹かないと迷惑かな・・

小さく吹くには無意識にマウスピースの咥えが浅くなる。

音色がカスれたようになる。。と悪循環なわけです。

しかし練習しないよりはいいんだけど・・・
ちょっとしたジレンマですかね。

本来ffを吹けるポジション(マウスピースの咥える深度)で
pppまでコントロールするのが正解なのですが、浅く咥えると
pp~mpは非常に吹きやすいですが、ffを吹こうとすると
息が詰まって出ないし、音色も・・・・・。

これだと俗に言う 四畳半サックス奏者 になってしまいます。
高音域が出ない とか リードミスする人も、無意識に
咥えが浅くなってしまって、しかも噛みすぎで吹いてる
場合がおおいですね。

サックスを小さく吹かなきゃいけない環境の時は、大きな音もでる
ポジションで小さく吹くことを心がけてくださいね。
そうすると結構いい練習になりますからね。
手鏡を見ながら自分のアンブッシャー深度を
常に意識して吹くといいですね。

たまには勇気だして、これからの季節はは寒いけど
大きな公園とかでブヒョ~~っと ブローーーーしてみてください!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

スティーブ サックス氏ライブ。

昨日時間の合間を見てスティーブ・サックス氏のライブを
見てきました。
スティーブ氏とはお仕事でニアミスしたことは有りましたが、
演奏を生で聞かせて頂くのは初めてでした。
教会でのコンサートでしたので、なんと無料。すごいお得です。
スティーブ氏は奥様が日本人でありもう長く日本で活躍されて
おられます。
ピアノとのデュオでジャズスタンダード・ブラジル音楽などを
ソプラノとアルトで演奏されました。
職業柄一番前に座って楽器とかをマジマジと観察 笑
ソプラノはアメセルのマーク6 にセルマースーパーセッションの
マウスピース。アルトもアメセルマーク6 にニューヨークメイヤー。
ソプラノは僕と同じセッティングでしたー
スティーブ氏の演奏は勿論、音色も素晴らしかった!!!!
とくにソプラノはあれだけ音色・コントロールできる方は
少ないと思います。ほんとにいい音楽空間を作っておられました。
アンコールも含めると90分も演奏を聞かせていただきました。
帰り際に少しお話もできて良かったー
スティーブ氏のホームページは
http://www.stevesacks.com/
ハーバード大学卒業・・・すごい方です。。
アドリブも無駄なく、しかも流れるように歌い・・
刺激になりました!!
Minaswingのメンバーとしてスティーブ氏の演奏↓

ブルズアイ 小山氏

サックスをやっている皆さんでしたらご存知だと思いますが、
サックスリガチャーで有名なブルズアイの小山さんが事務所に遊びに来て
くれましたー。

小山さんとは先輩サックス奏者の倉冨義隆さんを通じてご縁ができて
もう数年になります。一緒に小山さんの主催するバンド 通称 リハビリバンド 笑
にも予定が合えば参加しています。

サックスのリガチャーで有名なブルズアイなので、意外かもしれないですが
小山さんは著名な トランペット奏者 なのですよ。
日本のビックバンド界では草分け的な 原信夫&シャープアンドフラッツ に
8年間在籍されていたミュージシャンとしても大先輩です。

ブルズアイ は 故マイケル・ブレッカー氏 も愛用していたことでも有名です。

んで実はブルズアイはサックスリガチャーだけではないんですよね、ということで
持ってきてもらった新製品をいろいろ試させていただきましたー!!

(36μメッキ)ROUGESELMERHARDRUBBERアルトHOT-GP光沢

まずはリガチャーから。僕もこのシリーズ 「リュージュ」をアルト・テナーとも使っています。程よい抵抗感と全ての音域でのバランスの良さが特筆すべき点です。んでネジに 穴 があいてますよね、結構これが 訳あり で、穴の無いネジと比べると全然吹奏感がかわるから不思議です。。
んでこの写真の物は特別品で、金メッキの厚みが半端じゃないんです。普通のモデルは6ミクロンの厚みらしいのですが、これは36ミクロンと通常の6倍の厚みで、手にするとずっしり重い。。。
吹いて見ると息の入るスピードが増し、その分楽に音がなります。音色は艶っぱくなり、ニューヨーク系のサックス奏者に変身できました 笑
とてもお勧めですよーこれ。まだ市場にはあまり出回ってないみたいです。

プロプラチナ ネックスクリュー

これはプラチナ製のネックスクリューです。ネックを本体に装着した時に締めるあのネジです。こんなんで 音かわるんかいな・・? と思うかも知れないですが、実は結構変わります。なんでかは僕には分かりません・・・。
装着してみると、これまた息がスムーズに入ります、かといって抵抗感がなくスカスカになるわけではないので、音がタツ感じになりました。音色はこれまた艶っぽくなりました。セルマーの純正と別会社のネジとコレを試しましたが、ブルズアイのこのネジは僕にはダントツでしたよー。

プロプラチナ スピーダー

これは まさかこんなところのネジだとは・・・・・ と思いました 笑 ネックのオクターブキーの裏にはバネが付いています、そのバネを固定するところのネジをこれに変えるというものです。最初は??????? こんなんで変わらんでしょ・・・と正直半信半疑でしたが 笑 いざ装着してみると、僕の場合は音色はそれほど変わらなかったのですが、息の抵抗感が軽くなりました。僕のセッティングだとちょっと鳴りすぎてしまうかも知れないですが、メイヤーとか使っている人は試すといいでしょうねー 息がスムーズに入る分楽して吹けるようになると思います。
しかしこんなところで変わるかわ、サックスはよく分からんですね 笑 てか外に見えない部分なので、めっちゃ隠れたお洒落なような 笑
これはテナーのオットーリンク8★を、なんとゲルマニウムメッキしたものです。メッキの前段階で、マウスピースもハンドフィニッシュしてあります。ゲルマニウムというとなんか健康にも良さそうですよね 笑

見た目は下地に銀メッキでその上にブラックニッケルメッキをしたような感じでとても美しいです。カイルベルスのブラックニッケルの楽器の色に似てますが、あれよりももうすこし光沢があります。

吹いてみてとにかく鳴りましたね。しかも下品な鳴り方ではなくて、ちゃんと中次の倍音も鳴ってくれてますから、図太いのに艶のある音がなりました。同じモデルのブラックニッケルメッキの物よりも、高次倍音が多いのか、高音域~フラジオはパワーもでました。あと見た目がなによりかっこいい 笑 買うとなると10万円超えるということです。ゲルマニウム高いらしい。。

ブローアップ

これはねーーー ほんと有りそうで無かったよね 笑
要するに普段楽器が吹けない時にマウスピースをさしてロングトーンする道具。
実際にマウスピースをさして見ると ↓ こんな感じ。

でねーーーー これめっちゃ練習になる!!!!! 抵抗感はめちゃめちゃ有るから、腹筋をちゃんと使わないと、まーーーーーっすぐに吹けない。。どこの筋肉を使っているかがすごい分かるし、なんせ家で吹いても大丈夫な音量です。たぶん楽器でロングトーン10分するのと、これで3分ロングトーンするのと同じくらいかもしれないです。1本試供品を貰ったので、うちの生徒さんにも試してみようとおもうので、また報告しますわ。

いろいろ今後の展開とかバンドの話をしたりして、楽しい時間を過ごせましたー
あとブルズアイさんの携帯ストラップを頂きました。こだわりのゴールドプレート 笑
BVLGARIっぽくてお洒落で早速携帯に装着しました 笑

通販も始まったようなので、ブルズアイさんのホームページに行ってみてください。

http://www.bullseyeligature.com/

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

 

 

リズムを把握するには何を聞くか?

バンド経験のある人は、バンドにはどんな楽器が有って
どんな役割をしているかは分かると思います。

しかしバンド経験の無い場合は、あまりよく分からないと
いう方も居られると思います。

僕もレッスンにおいては全曲カラオケを用意するのですが、
バンド経験の無い人によく質問されることがあります。

「リズムが分からなくなるのですが、どうしたら。。。」

そうですよね、カラオケをなんとなく聞いてしまうと、リズムはよく
分からなくなってしまうかもしれないですね。

人間の耳って不思議なんですが、なにかの音を聞こうとして
「耳を傾ける」と聞こえるのですが、どの音を聞くかという照準が
合ってないと 漠然と聞いてしまう傾向があるようです。

リズムをしっかり把握するには、バンドにおける リズム隊 を
まずはよく聞くようにしてください。基本は ドラム と ベース です。
ドラム が曲のテンポ・リズムを司り、さらに ベース がその上に乗り
さらにギター・キーボード・・・など全て リズム隊 の上に乗っかります。
そしてお膳立ての上に メロディー(サックス) が乗るわけです。

この リズム隊 を自分が演奏中に耳を傾けるように訓練してください。

 

下記にサンプルを作ってみました。
リズム隊の上に順番に楽器を乗せていってますので、
最後に全部の楽器がなった所でも、最初になってたドラムとベースに
耳を傾けてください。

楽器の入る順番

ドラム → ベース → パーカッション → アコースティックギター
→ ピアノ → シンセパッド

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

はや11月ですね。。

今日から早くも11月ですね。。。毎年ながらこの時期になると
年の瀬を意識し始めますね。
 今年はどんなとしだった・・とか 来年は。。。
とはいえまだ2ヶ月残っているわけなんですが。
 今日からガソリンが大幅値上げですね・・・困ったものです。
ガソリンが上がると輸送コストの増大により、サックスの価格にも
反映してきます。メーカーによってはこの4.5年で7.8万値上がりした
メーカーもありますね。もちろん輸送コスト以外にも金属価格の高騰
とかも要因ですね。
 この時期はサックスがよく売れる時期だそうで、皆さんの中にも
楽器を新しく買われる方も居ると思いますが、買い時 は非常に
難しいですね。セルマー社などは年々価格が上がっていますから、
ある程度気持ちが決まったときに買わないとだめですね。
 またビンテージの相場も新品価格と比例して上がってきています。
ものによっては100万を超えている楽器も少なくないですね。
僕の持っているセルマーの楽器も買った価格よりも、現在の下取りの
値段が上回っています。
 ほんとビンテージを買おうと思っている方は、納得のいくまで
試奏・選定をしてくださいね。100万出してもいいって思うかは
その方の判断ではありますが、プロユースの新品が3本買える
値段ですからね・・・。

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。