コードネームの理解への道 5 実践編 2

さて前回まではルート音は全て C で考えてきました。
今回はルート音を別の音で考えて見ましょう。

基本は前回までのルート音 C の考え方なので、しっかり
理解したうえで、今回の章を読んでください。

では実際に見てみましょう。

border

まず CM7 コードで復習してみましょう。

CM7

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
M7

ということなので、3 5 テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
M3
M7

ということで C と E と G と B が入ってるということに
なります。

こういうことになりますね。

border

では ルート音 を D にして

DM7

ならどうしましょうか?

まず見えない枠組みを書いてみますよ。

D
M7

ということなので、3 5 テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

D
P5
無し
M3
M7

要するに ルート音 が変わった以外は全て同じですよね、
ルート音 が変わったということは

D から見た Major 3rd の音

D から見た Perfect 5th の音

D から見た Major 7th の音

になるわけです。

では D から見た・・・を考えなければならないですよね。
例えば D から見た Major 3rd は Dから 半音で4つ上だから・・・・
とか 考えても勿論答えはわかりますが、合理的ではありませんよね。。

そこで D からの ドレミファソラシド の音階(メジャースケール)を考えます。

Major 3rd は ルート音 から距離でいうとメジャースケールでは3番目「ミ」の位置に着ますよね。
ルート音 を ド として考えると、すべての調のメジャースケールを ドレミ・・・と考えればすぐにわかります。

ド = C と考えるのではなく ここでは D からのメジャースケール(ドレミファソラシド)を考えるので
今回は D を ド として考える考え方です。これを 移動ド(唱法) といいます。

border
最初に先ほどの C を ド としてピアノの鍵盤では

border
次に D を ド としてピアノの鍵盤を考えると

となります。

こう考えると

DM7    は

D から見た Major 3rd の音  → F#

D から見た Perfect 5th の音  → A

D から見た Major 7th の音  → C#

となりますよね、これで構成音がわかりました。

各キーのメジャースケールを覚えることで、そのキーの ドレミファソラシド が
分かれば 前に話した下記のことを適応すればいいわけです。

任意のキーで ドレミ・・・を考えた場合

ド  と ド    P1

ド  と レ    M2

ド  と ミ     M3

ド  と ファ   P4

ド  と ソ    P5

ド  と ラ    M6

ド  と シ    M7

ド  と オクターブ上のド  P8

ですから ルート音 をまず ド としてメジャースケールを考える
度数は簡単に考えることが出来ます。

調
ファ
度数
P1
M2
M3
P4
P5
M6
M7
P8
C
C
D
E
F
G
A
B
C
C#
C#
D#
F(E#)
F#
G#
A#
C(B#)
C#
D
D
E
F#
G
A
B
C#
D
Eb
Eb
F
G
Ab
Bb
C
D
Eb
E
E
F#
G#
A
B
C#
D#
E
F
F
G
A
Bb
C
D
E
F
F#
F#
G#
A#
B
C#
D#
F(E#)
F#
G
G
A
B
C
D
E
F#
G
Ab
Ab
Bb
C
Db
Eb
F
G
Ab
A
A
B
C#
D
E
F#
G#
A
Bb
Bb
C
D
Eb
F
G
A
Bb
B
B
C#
D#
E
F#
G#
A#
B

border
ということで、 メジャースケール は必須ですよね、勿論慣れてくれば
コードの構成音などは覚えてしまうので、最初の頃の考え方として応用してください。

次回は問題をといて見ましょうーborder

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 4 実践編 1
コードネーム 理解への道 5 実践編 2
コードネーム 理解への道 6 実践編 3
コードネーム 理解への道 7 実践編 4

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コードネームの理解への道 4 実践編 1

前回お話したコードネームの理解への道 3 表記法則 を

もういちど見てください。

border

その1  

3度 と 5度 と 9.11.13(テンション)


その2

7度については

まとめると 表記はこのようになります。
※この鍵盤図はまとめてみただけなので、気にしなくてもいいですよ 😆

この基本事項を更に理解するために、実際にコードネームの構成音を
探す練習をしましょう。

border

ex)1

 

もしくは C△

コードネームにおいて C と書かれていた場合は Cの音の単音という意味ではありません。
れっきとしたコードネームですから、コードの枠組みが存在しているわけです。
また C△ は シー トライアド と読みます。 △ は トライアド triad(三和音)という意味を持っています。また後々でてきますが △ を メジャー という意味で使用する場合もあります→ △7 で メジャー セブン という意味で使ったりします。

見えない枠組みを書いてみますよ。

C

ということなので、3.5.7.テンションは書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
M3
無し

ということで C と E と G が入ってるということになります。

※ 同じ C という和音の書き方には色々ありまして。。

C , C△ , Cmaj , CMaj など。。。 統一はされてないわけでして・・
基本が分かって来たら、異表記同和音 は判ってくると思います。

border
ex)
2

 

Cm もしくは C-

これも表記は違いますが、同じ意味です。小文字の m の変わりに
 マイナスを書いて代用するわけです。これもどちらもよく使います。

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
   
m
 

ということなので、5.7.テンションは書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
m3
無し

ということで C  と E♭ と G が入ってるということに
なります。

border
ex)
3

 

CM7 もしくは C△7

(まれに Cmaj7 ともかかれます、個人的には読みにくいので嫌いです 😆 )

 

これも表記は違いますが、同じ意味です。大文字の M の変わりに
△ を書いてメジャーという意味で代用するわけです。これもどちらもよく使います。

 勘違いしやすいのが M と 7 を分けて考えないようにしてください。
大文字 M は Major 7th の時に使うわけですから、M 7 とセットで考えてください。

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
M7

ということなので、 3 5 テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
M3
M7

ということで C  と E と G と B が入ってるということに
なります。

border
ex)
4

C7

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
7

ということなので、3 5 テンション は書かれてません。

7 とだけ書かれているということは、
実際には minor 7th の音が入っているということになります。

C
P5
無し
M3
m7

ということで C と E と G と B♭ が入ってるということに
なります。

border
ex)
5

Cm7 もしくは C-7

これも表記は違いますが、同じ意味です。小文字の m の変わりに
- マイナスを書いて代用するわけです。これもどちらもよく使います。

ここで気をつけなくてはならないのは、m7 の部分です。

まず正解からいうと これは m   と   7  は別物です。
基本に立ち返りますとminor 7th は 表記するときには 7 とだけ書くわけです。
ですからコードネームにおいて 小文字の m  もしくは  (マイナー) が
ついた場合は 3度の音が minor 3rd ですよーーっと言っている
ことに
注意してください!!!!!!!!!!!!!!! ここ最初結構勘違いするからね。

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
m
7

ということなので、5  & テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
m3
m7

ということで C と E♭ と G と B♭ が入ってるということに
なります。

border
以上が基本和音の枠組みです。もちろんまだまだ種類はありますが、ここを
理解できたら応用が利きますから、しっかりと理解してください。

次回は ルート を C 以外の音にして、考え方を説明します。
border

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 7 実践編 4
コードネーム 理解への道 8 実践編 5

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コードネームの理解への道 3 表記法則

今回は表記法則をお話します。

(コード表記はそれを解く方法論を身に付ける
必要があります。サックスは単音楽器ですから、
異なった4音を同時に鳴らすことはできませんが、
分散和音 という形で、連続して構成音を吹くことは可能です。
コードの理解 構成音を知ることは 譜面からの情報量を飛躍的に
増加させますから頑張ってください。)

コード表記の見えてない枠組み

前回 例としてとりあげた和音を見てください。

ルート   C音 

3度   E音 は Major 3rd

5度   G音 は Perfect 5th

7度   B音 は Major 7th

でコードネームとしては

CM7 もしくは C△7 と表記されます。

これはどうなっているのかを説明しますね。いよいよ正念場ですよー!!

———————————————–

コードネーム には下記のような

基本枠組みが存在しています。

それぞれの枠には上記を記していくことが基本原則です。
しかしそれぞれの枠の全ての度数を記号として書き込むと、
見た瞬間に判断に要する時間は長くなってしまいます。

ということで、 書かない場合はこうしましょう という決まりがあります。

ということで最初の例で書いて見ますね。

ルート   C音
3度   E音 は Major 3rd
5度   G音 は Perfect 5th
7度   B音 は Major 7th


これを枠組みに全て書いてみます。ここからは

Major 3rd
 は M3
Perfect 5th は P5
Major 7th  は M7


と略号に切り替えます。

これを枠組みに当てはめると

これをこのまま表記すると

となってしまいます。。もちろんこれでも判るのですが、記号 という観点からは
もっと省略できる部分は省略するわけです。

ではそれぞれどんな場合に省略するかです。

その1  

3度 と 5度 と 9.11.13(テンション) については

 

その2

7度については

という決まりになっています。

逆をいうと 何もかかれて居ない場合は

3度は M3

5度は P5

の音が入っているということになります。

 

この決まりを守って表記してみると先ほどの例で

ルート   C音
3度   E音 は Major 3rd
5度   G音 は Perfect 5th
7度   B音 は Major 7th

↓↓↓↓↓↓↓ 

Major 3rd
 は M3 → 書かない

Perfect 5th は P5 → 書かない

Major 7th  は M7 → 書く

と略号に切り替えます。

これを上の枠組みに当てはめると


↓↓

↓↓

となるわけです。 3度が M3 で書かない場合は
その部分をスペースは無いものとして詰めて書きます。

ここまでだと まだ頭の中はグレーゾーンだとおもいますが。。。
次回は例題をこなして、しっかりと身につけましょうー

 

border

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 4 実践編 1
コードネーム 理解への道 5 実践編 2
コードネーム 理解への道 6 実践編 3
コードネーム 理解への道 7 実践編 4
コードネーム 理解への道 8 実践編 5

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コードネームの理解への道 2 コードとは

この章をお読みになるまえに今一度前章の
コードネームの理解への道 1  音程と度数 を
マスターしてください。これを曖昧なまま進めても
すぐに頓挫してしまいますから、頑張ってください!!

border
はコードとはそもそもどういう基本で作られているのかを
知りましょうー!!

ポピュラー・ジャズ理論においては コード の構成音は基本4音で考えます。
では基本の 4和音 のつくりを学びましょう。

まず今回も C音 を基本に、その上に3つの音を重ねて「4和音」をつくってみます。

早速鍵盤図を見てください。

基本となる音(今回は C音)のことを ルート と呼びます。日本語だと
根音 といいまして、まさに 根っこの音 ということになります。
基本和音では ルート からみた 3度 5度 7度 の音を足します。

この図では

ルート   C音
3度   E音
5度   G音
7度   B音

です。さてここで前章コードネームの理解への道 1  音程と度数で
お話したように、3度 にも minor 3rd と Major 3rd があるように、
それぞれ音には ちゃんとした 度数表記 があるわけですから、
コードネームはこれらの情報も全て表記されているんです。

この図の音をちゃんと表記すると

ルート   C音 は (根音なので度数は省略)
3度   E音 は Major 3rd

5度   G音 は Perfect 5th
7度   B音 は Major 7th

となるわけです。ようするにコードネームの情報としては
Cを基準にC音から見た Major 3rd と Perfect 5th と Major 7th の
音で和音を作ってくださいーー ということがかかれています。

答えからいうと このコードネーム表記は
CM7 もしくは C△7 と表記されます。

なんで2種類もあるねん・・・と思うかもしれませんが、両方読み方は
シーメジャーセブン(ス) です。 記号 である以上 簡略記号化 を進めると
この2種類のように同じ意味でも書きやすいものを使います。

基本が分かれば 記号化 はすぐに理解できますから、ここでは深く考えなくて
大丈夫でしょう。

では 次章では コードネーム表記法則 を学びましょう 

border

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 7 実践編 4
コードネーム 理解への道 8 実践編 5

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コードネームの理解への道 1  音程と度数

コードネームには 例えば C7  Cm7  Cmaj7 など数字と
略号が使われます。これは 音程 を学ぶ事で理解できてきます。
そもそも 音程 とは? これは以前にもお話しましたが → コチラ
ある音 と ある音 との隔たりのことを言います。単位は 度 になります。
ポピュラー音楽の世界では 英音名 を使いますから、まず英音名を
理解しましょう。 → コチラborder
は早速音程の 度数 についてのお話です。

ここはコードネームなどを理解する上で一番基礎となり重要な部分なので、しっかりと理解してくださいね。

ここでは視覚的に一番分かり易いピアノの鍵盤図を用います。
基準(スタート地点)は C として、Cとそれぞれの音との 度数 を表していきます。

基準音(スタート地点)を C とした場合の
それぞれの音までの度数。

黒鍵にあたる音の異名同音※1 は #表記 ♭表記 を両方記しておきますが略号は主要表記のみ記入します。

比べる音
Cからの
半音数
度数
(日本表記)
度数
(英表記)
略号
C
0
完全1度

Perfect 1st

P1
C#
1
増1度
augment 1st
m2
Db
1
短2度
minor 2nd
D
2
長2度
Major 2nd
M2
D#
3
増2度
augment 2nd
m3
Eb
3
短3度
minor 3rd
E
4
長3度
Majorr 3rd
M3
F
5
完全4度
Perfect 4th
P4
F#
6
増4度
augment 4th
-5 又は ♭5
Gb
6
減5度
diminish 5th
G
7
完全5度
Perfect 5th
P5
G#
8
増5度
augment 5th
+5 又は #5
Ab
8
短6度
minor 6th
m6
A
9
長6度
Major 6th
M6
A#
10
増6度
augment 6th
m7
Bb
10
短7度
minor 7thr
B
11
長7度
Major 7th
M7
C(オクターブ上)
12
完全8度
Perfect 8th
P8

 

※1 異名同音とは同じ高さの音を#であらわすか、♭で表すかで名前は違うけど音は同じ
いう意味です。
例えば 鍵盤図の黒鍵の C# と D♭ は同じ音ですが、読み方は違ってきます。

このように考えると C も B# と書くことも出来ますし、D♭♭(ディー ダブルフラット)
などと書くことも出来ます。

理論上は厳密に区別される場合が多いのですが(調号との兼ね合い等で)、まぁ最初はそんなに難しく考えなくて大丈夫です。ある程度理論の勉強が進めば理由が分かってくるはずですからね。

さて度数は表にあるように 完全 とつくもの 長・短    増・減
という表記があります。

このセットはまず覚えてください。Cから見た場合にメジャースケールの音
(要するにドレミファソラシド)をそれぞれ見てみると。

ド (C) と ド (C)    完全1度

ド (C) と レ (D)   2度

ド (C) と ミ (E)    3度

ド (C) と ファ (F)   完全4度

ド (C) と ソ (G)     完全5度

ド (C) と ラ (A)   6度

ド (C) と シ (B)   7度

ド (C) と オクターブ上のド (C) 完全8度

まずはこの関係を覚えてください。

長 の付くものから見て半音下になると 短 (半音上は 増)

完全 と付くものから半音下は 減 半音上は 増

ということになるだけなので、よく考えたらそんなに難しくはないんですよー。

何で 完全 とかつくかというと、音と音との協和具合でついてます、要するに
完全という音程は一緒に鳴らしても にごり がなく完全協和音程だから・・・とか
理由はあるんですがね。
※厳密には平均律では多少ズレが生じます。←今は分からないと思いますが、気にしなくていいです。
border

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 5 実践編 2
コードネーム 理解への道 6 実践編 3
コードネーム 理解への道 8 実践編 5

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

音名とは

名というのは ドレミ とか CDE とそれぞれの音の呼び方の事なんですが、
音名は各言語によって違ってきます。

ここでは代表的な 英音名 ドイツ音名 日本音名 イタリア音名 を
紹介します。

英音名
C
D
E
F
G
A
B
シー
ディー
イー
エフ
ジー
エー
ビー
ドイツ音名
C
D
E
F
G
A
H
ツェー
デー
エー
エフ
ゲー
アー
ハー
イタリア音名
Do
Re
Mi
Fa
Sol
La
Si
ファ
ソル
日本音名

ポピュラー音楽では 英音名 を使います。そしてクラシック系や吹奏楽では
ドイツ音名を使います。
日本の教育現場ではイタリア音名なんですよねー ソル だけは ソ といいますけどね。
各音名に#や♭がつくと呼び方も多少変化します。
英音名の場合は C# シーシャープ とそのまま読みますが
ドイツ音名では C# は Cis チス となります。
日本音名では C# は 嬰ハ(えい ハ)となります。

まあポピュラーでは英音名を覚えれば大丈夫です。ただ吹奏楽からの
出身者が多いので B♭ を ベー とドイツ音名で呼ぶこともよくありますけどね。

昔の業界用語でギャランティーの話をするときに ツェー万 とか デー万 とか
いうのはドイツ音名ですね 笑 ツェー万 は 1万 デー万 は 2万 ・・ということです。

border

音名とは
コードネーム 理解への道 1 音程と度数
コードネーム 理解への道 2 コードとは
コードネーム 理解への道 3 表記法則
コードネーム 理解への道 4 実践編 1
コードネーム 理解への道 5 実践編 2
コードネーム 理解への道 6 実践編 3
コードネーム 理解への道 7 実践編 4
コードネーム 理解への道 8 実践編 5

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

チューナー と 単位 CENT

サックスで音程などが合っているか測る場合にチューナーを
使うと思います。

チューナーには色々な単位がかかれていますよね
Hz ヘルツ(周波数)  そして CENT セント です。
11_14.jpg


 今回はこの CENT という単位についてお話しますね。
まず CENT という単位は 音楽的数値単位 です。
何を元にしているかというと 半音を100CENTとする という
考え方です。
これが実は理解がメンドクサイんですよね。。。
何故かといいますと、隣り合う半音の周波数差は全て一定ではない
からなんです。
例えば ドが100HZ で ド#が150HZ レが200HZ みたいに
半音が50HZづつ増えるとかなら
1CENT = 50HZ ÷ 100 = 0.5HZ とか計算できるのですが、
隣り合った半音の周波数は一定な値で増減しないのです。。
ということは 1CENT は 何HZか? という質問には答えは
無いんです。
ちと難しいですが CENT は 相対的数値 なんです。

半音は音が高くなるにつれて、隣り合う音との周波数差は小さくなります、
これは下のギターのフレットを見てもらうと分かると思います。

フレットとはギターのネックの部分写真では白く見える線です。
隣同士が半音の関係を作るようになっています。
写真右に行くほどフレットを押さえて弦を引くと、高い音になります。
11_14_2.jpg

サックス 音程 ギターフレット

高いほうに行けば行くほどフレット同士の間隔は狭くなっているのが
分かると思います。

この隣り合ったフレット同士の間隔を100等分すると、その音を中心とした1CENT分ということになります。

サックスにおいて高い音をチューナーで合わせようとすると
すこし口が緩んだりしただけで針が大きく振れてしまいますよね。
これは高音域に行けば行くほど低音域に比べて半音の周波数差が小さく
なるので、1CENTも非常に微妙な差になってくるからです。
ソプラノサックスが音痴になりやすいのも、これが原因でもあります。
ですからすこしの音の変化で大きく針が動くわけです。
チューナーを使って練習するときには、すこしこの概念を
知っておくと、音程の矯正にも役立つと思います。
アルト・テナー・ソプラノ それぞれのサックスの、それぞれの音域での音程感を養ってください。
高音域においては +20centだから といって低音域と同じ感覚で口を緩めると、逆にフラットしてしまいますからね。

まぁ・・あくまでも単位なんであまり深く考えることでも
ないんですけどね 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。