サックスのリードの選び方

サックスのようなリード楽器にとってリードの良し悪しは
音色・吹奏感に多大な影響を与えます。
またリード選びは今後楽器を続けていく上で経験とカンを
養っていく必要があります。
では実際にリード選びの手順を書いてみます。
まず一番重要なことは リードメーカー と モデル 硬さ 選びです。
例えば バンドレン でも トラディショナル(青箱) JAVA V16 ZZ ・・
など様々なモデルが存在します。
クラシックにおいては 青箱 が定番ではありますが、ジャズ・
ポピュラーにおいては好みとなってきますので、まだリード選びが
わからない初心者の頃は JAVAの2-1/2 が無難なところだと
思います。
モデルによってリードの厚み分布がことなっており、それぞれ
特性を持っています。
セッティングも影響を与えますから、まずは 硬さ 2-1/2 で
いろいろ試してみるといいと思います。
10枚のうち5.6枚 鳴る メーカーとモデルと硬さが見つかるまで
多少出費はかさむかも・・・ですが。。
僕もクラシック時代は 青箱の3-1/2 を使っていましたが、
いまはそんなに硬いリードではセッティング的に無理なので
青箱を買うときも 2-1/2 を使います。
以上はまた詳しく説明する機会を設けますね。
さてリード選びです。
1 買ってきたリードをコップに水などをいれて、3.4分漬けます。
リードは本来唾液の水分が入った状態で いいもの わるいもの の
実力が問われます。一枚づつ咥えて湿らしながらでもいいですが、
一気に選ぶ為に僕は水に漬けてます。生理食塩水がいいという方も
おられますが、まあそこまで浸透圧に拘る必要もないと思います。
ある程度経験のある方は買ってきたリード10枚くらいで選んでも
いいですが、初心者の方は5枚までにしたほうが無難です。
吹いてるうちに訳がわからなくなりますからね。僕も初心者の
頃はよく訳が分からなくなって結局選べなくなってましたし w
2 一枚づつ試していく。
リード選びはその日のアンブッシャーの具合や、直前まで付けていた
リードの感覚に大きく影響されますから、付けた瞬間にあまりにも違和感を
感じる場合はすぐにパスしましょう。
ある程度 鳴るー と感じたものは、低音域・中音域・高音域 と
音色を試してください。リードによっては中・高音がスキテーーなのに
低音域が鳴らないものや、高音域だけならないもの・・と様々です。
平均的に見て合格点 というのが存在するのですが、
これは経験値からのカン所でもあるので、最初のうちは自分なりに判断していくしか
ないかもしれません。
いいものには ◎  次は ○  次は △ んで × と
順位をリードに書いていくといいと思います。
僕は昔ちょっと リード追跡日記 というのをつけていた
事があります 笑 ◎ が使ううちに へたって来ると どうなるか。
○ リードもしかりですが、△にも硬くて吹きづらい△なら、
多少ヘタッテくるとやわらかくなってくるので、ある時期には○になったりと・・・
結局植物なので、次第に変化していきます。
慣れてくると△でも使い込んでいくとよくなる 潜在的 ○ が
あったりします。経験を重ねると将来的に良くなりそうな△も
分かるようになってきます。皆さんも リード追跡日記 いかがですか w
ただ×に関しては陽の目を見ないことが多いですね。。。
しかしマウスピースなどセッティングを変えたときに、×物も
もう一度試すチャンスはあるので、取っておくといいとは思います。
リード選びにおいて ◎ 以上のリードを僕は 神 とよんでます w
この神リードは出現率はほんとに低いです。。。
音色・吹奏感・全ての音域での安定性 と植物素材のリードですから
自分にピッタリであるのはほんと千枚に1枚とかそれくらいかも知れません。未だに18年前の神リードは印象がのこってたりします 笑
普段は○以上のものを使いますが、潜在的△はたまに吹いて育てる
感じですね。
◎リードでも一番いい状態に育ったものは、本番等に温存します。

あと高音域・低音域がなりにくい場合が多いときは、リガチャーや
マウスピースに問題がある場合も多いので、その辺も研究してみて
ください。
リガチャーを変えたら高音域が出やすくなる とか 低音域が
出やすくなる とかはよくありますからね。
僕はリードがある音域だけに問題があったりする時は、その問題を
改善できるリガチャーに変えたりしています。
根気のいる作業と経験になってしまいますが、いろいろチャレンジ
してみてください。
リードの保管方法・ローテイションに関してはまた書きます。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

そらそうでしょ。。。

誰々みたいな音がだしたい!! とだれしも憧れを抱く
ことがあると思います。
丁度某SNSで論議が行われてて、外野から見てると、色々な
意見があるなぁ・・・と傍観してたんですが、なかなかああいう
場所では本音がかけないのでここでかいてみよっかな 笑
——————————————————
■質問者
サックスをはじめて2ヶ月の者です、練習頑張っているのですが
●●さんのような音色がでません、どうしたらいいでしょうか?
——————————————————
正直・・・まぁ・・・・ 笑
これを別の事に置き換えるといいんでしょうね。
車の免許を取って2ヶ月の者です。練習頑張っているのですが
レースで優勝できません。。どうしたらいいでしょうか?
こうすれば答えは明白ですよね・・。
もちろんはじめた当初から好きな音色を持っていることは
とても重要な事です、しかしやはりそこまで行くには 沢山の
練習と試行錯誤をしなければなりませんよね、だからこそ
楽器は奥が深く、一生の相棒となれるわけですからね。
質問者へのアドバイスの中には、
<プロはエフェクターで音色をつくっているから・・
これも間違っていますね、もちろんエフェクターをかけた
状態でCDなどは発売されていますが、奏者の音色を変えてしまう
エフェクト効果にしてしまうと何の意味もありませんからね。
——————————————————
■質問者
サックスをはじめて2ヶ月の者です、練習頑張っているのですが
●●さんのような音色がでません、どうしたらいいでしょうか?
——————————————————
に答えるとすると。
はじめて2ヶ月で自分の好きな音色を発見できた貴方はとても
すばらしいと思います。その音色を目指して10年間練習を続けて
ください。そしてようやく自分の音色の方向が見つかると思います。
そしてそのあとの長い時間をかけて、その音色を作っていくといい
ですね。

選定いってきました

サックスの選定してきました、関西からわざわざ来てくれました。
テナーで特に機種も決まってなかったので、本人と一緒に
新大久保やら回って、良いの見つけましたわー
昨日は6本吹いたけど、某メーカーの新機種は 残念・・ って
感じやったね。値段もそこそこやし、見た目もかっこいいし 高音域は
結構よかったのに中音域は・・・あれは惜しいなぁ。。。
別の同機種も同じ感じやったから、あともう1.5歩くらいやったわ。
最終的には B&S メデューサ ブラック
ニッケル ほとんど新品 値段も安かったしね。俺もあれほしかったよー
隣のアメセルのテナーと比べて音の方向性は全然違うけど、俺は好きなタイプやったね。カイルとかの現代サックス方向の音色は俺は大好き
やからね 笑 カークウェイラムもどきの音色がするから、
試奏というか練習してた 笑
ちなみにカーク来月来日するんよね。。行きたいなぁ。。

バンドでサックス演奏

皆さんの中にもバンドでライブ活動をされている方も
多いと思います。
ライブが終わってから録音を聞いてみると、自分がすごく
音痴になってしまっていることってないでしょうか?
ライブ中には自分自身は気持ちよく吹けたはずなのに・・・と
凹みますよね。。 僕もアマチュア時代には何度もそういう経験が
ありました (x_x;)

原因には色々な要因が関係してきますが、もし悩んで居る方
居られたら試してみてください。
まず本番中に演奏が熱くなってきてしまって、オーバーブロー
気味に吹いてしまって口が緩んでしまってる。
これにはライブのリハーサル サウンドチェック時に、モニターの
調整を自分なりにうまく調節する必要があります。
大きすぎても・小さすぎてもライブ中気持ちよく演奏できないですよね。。

サウンドチェック時にはあまり大きな音(f~ff)で調整しないように
するといいかもしれません。とりあえずミキサーの方は貴方が
大きく吹こうが、小さく吹こうが、客席側の出音をバランスよく
調整する仕事ですから、サウンドチェック時に大きく吹いてしまうと
当然ミキシングコンソールの貴方のフェーダーは下げ気味に設定
されてしまいます。貴方が一人でソロならいいかも知れないですが、
ドラム・ギター・ベースとバンド全体になると小さくなってしまいます。

もちろんバンドで音を出した状態でもミキサーの方は サックス小さい と
感じると大きくしてくれますが、バンドで演奏してるときは、音が小さいから
貴方も大きく頑張って吹いてしまいます。結局このバランスでライブが
始まってしまうと・・・そう貴方は聞こえないからがんばりっぱなし。。

口も疲れて ピッチはbしてしまってきます。
これは モニター の調整にも影響してきますから、サウンドチェック時は
mfくらいまででバランスをとってもらうといいかもしれないですね。
ステージ側から言うと、外部スピーカーよりモニターが命綱ですよね。

モニターに返すほかの楽器のバランスも重要ですが、これは 経験
となってきますから説明は・・ちょっと できないかも。。かな すいません。

僕の場合はモニターにも多少リバーブをかけてもらい、心地よく
演奏できるようにお願いします。
バラード系が多い場合はとくにそういう感じですね。
ホーンセクションのときは全然ちがいますが。。

音量は編成にもよりますが、基本的にドラムのスネアーとハイハット
キーボード・ボーカルを中心にベース・ギターを少々聞こえるようにして、
自身の音は 硬め にモニターしてもらいます。
音量はほかの楽器よりも多少大きめくらいにしてます。
プロの中でも人によって全然バランスは違いますけどね。。

あと音程に関してもうひとつ重要な要素に 聴感上 の響きの影響があります。
バンド全体においてギター キーボード ベース などでコード(和音)
がなっていますよね。んでその 和音構成上 にボーカルやサックスは
乗る 感じで演奏している状態になります。

この状態の時にバンドは440Hzでチューニングしていると思いますが
サックスは倍音の関係で多少ピッチを高めに吹いたほうが綺麗に聞こえます。

アルトサックス・ソプラノサックス など音の高い楽器ほどピッチを高めにとるほうが
ソロの場合は綺麗に響いて聞こえる傾向があります。

とはいっても 高すぎてはもちろん駄目ですよね。。多少ということですから
チューニングの段階で441hzくらいで試してみてください。

ただこれは 聞く耳 ができてくると問題なくなります。
他とのバランスや音程を 聞く ようするに客観的に 聴感上 から
判断できるようになるには多少の経験が必要です、でもまず先に書いた
モニターとのバランスなどをうまくとって、聞ける環境をつくるのが
先決かもしれないですね。

あと余談ですが ベースアンプの前に立ち位置を絶対にしない!!!
ベースのような低い振動数がスピーカーからでていると、空気を振動
させる管楽器にとっては非常に影響がつよく、ある瞬間に楽器が鳴らなく
なったりします。音波の干渉がおこってしまい、リードの
振動がなくなって音がならなくなってしまいます。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスの調整

サックスは見て分かるようにメカニカルですよね、簡単に言うと
精密機械な訳です。
精密機械を維持するためには調整も必要ですし、時には故障もする
訳で、そのときには楽器店などに調整・修理を依頼します。
サックスなどの管楽器を調整・修理する技術者がリペアマンです。
女性もいますからリペア師とでも言いますかねー。
さてサックスの調整は定期的に出す必要があります。
サックスのキーの裏側には タンポ と呼ばれる部品がついてます。
材質としては 鹿皮 ブタ皮 などが一般的です。
ようするに スキン ですから、スキンケアが必要になります。
またサックスには通常演奏していないときに 閉まっているキー と 開いているキーがあります。
閉まっているキーのタンポには トーンホールの溝がタンポ側にも
しっかりと付いていますが、普段開いているキーのタンポは
復元力 が働き、閉まっているキーのタンポに比べて
溝が薄くなりやすいです。
ようするに気密性が失われやすいということです。

管楽器にとって気密性は音色・吹奏感・音程に多大な影響を
与えますから、あまり吹いてない楽器ほど調整は必要になります。
また普段から演奏している場合でも、楽器は細かな振動をしています、
振動の影響でネジなど機械的な部分に誤差が生じてきます。小さな誤差
でも沢山の部品があるサックスでは相まって大きな変化となってしまいます。

徐々に状態が悪くなるため、あまり本人は気づかない場合が多いのですが、
半年に1回は調整したほうが無難ですね。
また新品購入の場合は最初は3ヶ月ごとくらいでもいいと思います。
タンポが新しい分復元力が大きいので気密性も崩れやすくなります。
また調整には修理というよりも、音程や吹奏感を有る程度変える
ことでも利用します。キーの開き具合 バネの張力 タンポの材質
タンポの設計 などマイナーチェンジをして自分にあった楽器に
調整していくわけです。これはリペアマンと仲良くなって色々と
情報を聞いて相談してみるといいですね。
先ほど書いた タンポの気密性を保つために、保管時に普段開いている
キーを閉めた状態に保つための キークランプ という商品も売られて
いますよ。僕はティッシュとコピー用紙をうまく使ってお金をかけずに
キーを閉じて保管してますが 笑
—————————————————
以下リペアマンには怒られると思いますから 自己責任で。。 笑

さっき書いたタンポのスキンケアですが、僕はオリーブオイルを
使っています、食用でもちょっと高価なのね。
顔とかのスキンケアに使うスキンケアローションも使ったことありますし 笑
たまにタンポに綿棒で薄ーーーく塗ります。ほんと薄くでいい
ですよ。するとどうでしょう・・調整直後の感じにもどります 笑
なんどもいいますが自己責任にしてくださいよ。。苦情は一切
受け付けませんからね・・ 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

アドリブの基礎 その1

サックスを何年か吹いているうちに、ジャズやポピュラーにおいても
ソロを吹く機会が出てくると思います。
そして なんとなく気になっていたけど、触れないように
していた C-7 とか B-7b5 といったコードネームが気になって
きますよね。。
そして理論書を一冊買ってみる・・・ところが チンプンカンプン・・
んで挫折。。。。
この繰り返しを味わっている方も多いと思います。
「アドリブは自由に吹けばいいんだーーー」とかアドバイス
された方も居ると思いますが、たしかに究極的にはそうかもしれません・・。
しかし ある法則 に基づいたなかで、自由に吹くということですから、
その ある法則 を学ぶ必要があります。

■まずとにかく全ての調のド レ ミ ファ ソ ラ シ ド を
吹ける様に練習してください!!!!

いまは必要性を感じてなくても、理論の勉強・調性・アドリブに
おいて全ての調の ドレミ・・・を吹けることが大前提となって
きますし、コードネームを理解する上でもとても重要です!!!!!!!!!!
今回はまず手順を説明しますね。詳しくはそれぞれ後日アップして
いきます。

1 音と音との距離を表す単位 度 を学ぶ。
長2度 長3度 短3度 完全5度・・・など。
これはコードネームにおける基礎となる部分です。
長3度 → Major 3rd
短3度 → minor 3rd
という風に アメリカ表記 がコードネームの基礎となっています。

2 コードの表記法則を知る。
コードネームというのは、ジャズが盛んとなったアメリカで
発達してきたものです。
もともと人間の作った記号ですから、法則を知れば誰にでも
読むことができます。
最初は複雑で分かりにくいかも知れないですが、表記法則は
一貫した決まりがあるので、それを知ればあとは訓練で大丈夫
です。

3 コードネームを理解したら 調性(Key) を理解する。
例えばバンド経験の有る人は、体感していると思いますが、
「ちょっとー ここ ソロ吹いてー」って言われたときに、
その部分に合う ドレミファソラシド を探した経験ありませんか?
例えばある部分では
ソ ラ シ ド レ ミ ファ# ソ の調が合うけど、次は
ファ ソ ラ シb ド レ ミ ファ の調に変ってたりと
部分部分で転調していたりしますが、どの部分にも 調性(Key) が
存在します。この調性(Key)を理解することがアドリブの第一歩
です。
そこで調性(Key)を知る為にまず
ダイアトニックコード を学びます。

4 ダイアトニックコード を学んだら 今度はコードネームの
連結の法則 ケーデンス(終止形) を学びます

5 色々な曲のコード連結を 解析(アナライズ) します。
ここらへんまで来たら なんとなく自分がアドリブするために
どんな練習すべきかが分かってきてるはずですよ。
もちろん細かい部分は沢山あるんですが、それは大木の幹の部分を
固めてから枝の部分を学ばないと、結局わからなくなってしまいます。

6 小節単位のフレーズ(lick)を各キーで練習する。

 

まずは 全12調 の ドレミ・・・・・をふける様に

しといてください!!
んで律儀に譜面に書いて練習しないでください、頭で体で覚えないと
いざというときに直ぐにはでてきません。
それに伴って 調号 と 調 の関係も覚えましょうー
#が4つ って言われたら すぐに ミ~ のドレミを吹ける様にねー。

サックスのリード調整 入門編 2

※その1 はコチラ

さてでは実際に削って見ましょう。

まず とくさ か サンドペーパー を用意して水にぬらします。削るリードも水でぬらします。

これはリードを画像処理して厚みの分布を分かりやすくしたものです。色の濃い部分が厚く、明るい部分は薄くなっています。
リードを手にとって、光にかざしてみると分かると思いますよ。吹いてみた感じがとりあえず硬い場合は、全体を満遍なく削りましょうー
削る場合は、とくさ サンドペーパー のかける方向を間違わないようにしてくださいね。矢印の方向にのみ動かしてください。

逆方向に動かしてしまうと、リードの植物繊維を痛めてしまうので、ザラザラしてしまいますし、うまく削れませんからね。
あと2.3回削ったら吹いてみて また削って 吹いてみて と徐々に削りましょう!!

「ちょっと待て その1削りが 命取り」

硬さが程よくなったら 微調整 にはいります。
この写真で 青色 の部分はもう手を入れないほうが懸命です。先の方の青部分を削りすぎるとリードミスが頻発したり、音がぺらぺらになってしまいますし、中央青部分は リードの腰 の部分です。ここを削りすぎるとまったく使い物にならなくなってしまいますから、なれてくるまでは、微調整はやめときましょ!!でも失敗を恐れてはだめなんで、色々試して駄目だったら最後にここら辺を削ってみると、どう変るか分かると思います!!
さてリード削りはこの写真で示した部分の調整が一番効果があります、真ん中のレ~高音域くらいまで、この部分の調整で変化していきます。
まずは左右のバランス(厚み)を均等にするといいですね
光に透かしてみて、透過する光の濃淡で把握してみてください。あまり広範囲を削るより、前のほうとか 後ろのほうを少しづつ吹いてみると変化がわかると思います。この色の付いた部分は たとえばバンドレンというメーカー一つとっても V16 と JAVA だと厚みの分布が違っています。逆に言うとメーカー側はリードの厚みの分布を変えることで、違った製品名にしてるわけです。
分布を変えると抵抗感・吹奏感・音色が激変しますからね。

 

リード調整はある程度サックスにもなれてから行ってくださいね。
アンブッシャー ・ 呼吸 などが一定でないと、リードが原因かどうか
分からないですからね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。