サックスマウスピースにも当りとはずれが・・

ある程度サックスを経験されている方はご存知だとおもいますが、
サックスのマウスピースにも当り・はずれ があります。

ただここには非常に興味深い傾向もあったりします。。
そこがまた選定のむずかしい所なんですが。。。

一時一世風靡した デュコフ のマウスピースを例にとりますと、
現状ではなかなか アタリ に出会うことは少なくなってます。
僕自身もディコフは何本も買っていた時代がありますが、いま思えば
アタリ ではなかったと思います。

なぜ アタリ ではなかったか・・・ 結局アタリを吹いた事が
無かったので、アタリが分からなかったわけです。。

あるときにディコフを使っていた某海外のサックス奏者の方に
「俺のデュコフは凄くいいんだよーー 吹いて見たいかー?」と
言われて、うんうんうんうんうんうん 吹きたい!! といって
吹かせていただきました。
吹いてみた瞬間びっくりしました。。。

自分の思っていたデュコフ像とは全くの
別物で、息の入りといい 音色といい 素晴らしいマウスピースでした。

そして本人に話を聞いてみると、やはり凄く沢山のデュコフを試したけど
これ以上のものは今まで出会っていない。。といってました。
冗談で「売ってよ~」っていったら「$1000でもうらないよー」って・・
まあほんとに$1000現金渡したら多分彼は売っていたとおもうけど 笑
でもそれくらいレアなんだと思います。

でもね でもね そのマウスピースの作りは、見た目は左右対称ではなく 見るからに
左右ズレてたんですよね。。。でもめっちゃいい。。。

実際にビンテージと呼ばれるデュコフは高値で取引されていますよね、
昔のデュコフには 鉛 が入っていたりするわけで・・体には良くない・・
けど音色はいい・・・音色的に素材として鉛はいいらしいけど、現在の法律では製造できないし。。。
アタリ ハズレ の差が大きい有名メーカーとしては
メタルでは デュコフ オットーリンク が代表的だと思います。
しかし愛用者の多いのも事実です。
つくりが粗い ということは裏を返すと 一本一本の個性が強い・・
と考える事も出来なくはないわけで??。
困った話です・・・・。。。

某日本メーカーのメタルマウスピースは非常に精度が高く、
ほとんど吹き比べて見てもスゴイハズレ はありません。

設計制度・工作機械精度の高さ と 出荷時の検品の
厳しさ がそうさせているのでしょうね。

しかしそれがいいのか悪いのか どのマウスピースも横並びで個性が出にくい という評判にも繋がっています。。
この相反した理屈があるので 結局吹き比べて選ばないと
その人に合ったマウスピースを選べない。。わけですね。。
———————————
今まで自分がマウスピース選びで得たこと
他人のマウスピースはよく聞こえる!!
マウスピースが悪いのか、自分の対応能力がないのか考えなきゃ。。
(後の祭り なんだけどね w)
試奏して「全然今までとちがうーー」ってすぐ「これくださいー」は駄目。。
そりゃ・・今使ってるのと別の種類のマウスピースやねんから・・
全然ちゃんうよ。。
以上全部僕の失敗談です。。。
———————————

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスってリガチャーで音色は変るの?

サックス本体・マウスピース・リードが決まってから、次に悩むのはリガチャーかもとれません。

たかだかリードを止める部品・・と思ってしまうかも知れませんが、
実は全然音色・吹奏感が変ってしまう大事な部品なんです。
これは、リードを留める留め方(4点留めなどリードに接する点の数・レール縦留め・レール横留め・面留め)や
リガチャー本体の材質・ネジの質量、メッキによる比重変化なども要因となります。
「何が一番の要因か」は詳しく分からないところも多いのですが、固有振動数も関係してくるのかもしれません。

マウスピースを購入すると 大体のメーカーにはリガチャーが付属でついて来ますが、オマケ程度に考えたほうがいいかもしれません。セルマー・ヤマハ・ヤナギサワ等は、つくりのしっかりした良いものが付属していますけどね。

では実際にちょっとした実験をして見ましょうー。
border
楽器とリードは変えずに、リガチャーだけを変えて、それぞれ
同じフレーズを吹いたものを、スペクトラムグラフで見てみましょう。
スペクトラムグラフについては 楽器による音色の違い の項を参照
してください。

※今回のサックスセッティング
アルトサックス本体  セルマーシリーズ2
リード  バンドレン ZZ
マウスピース ビーチラー ラバー


リガチャー ビーチラー音を聞いてみる


リガチャー ウィンスロー
音を聞いてみる

リガチャー 不明・・

音を聞いてみる


リガチャー ヤマハ

音を聞いてみる

リガチャー?? ガムテープ
音を聞いてみる

非常に微妙ではありますが、それぞれ周波数特性が違っていますよね。
「ガムテープ」と「ビーチラー」「ウィンスロー」と比較すると、上の方の音は聴感上でも明るさが全然違ってきますね。
これは、倍音の含まれ方に、リガチャーそれぞれの差がでてきているわけです。

倍音成分の違いはあいまって音色の変化となるので、自分の方向性が
ある程度決まって、マウスピース・リード・サックス本体などのセッティングが決まって
きたら、リガチャーで微調整ができるということになります。

あとなによりも吹いた時の抵抗感や、高音域・低音域などの音の出方が
変ってきますので、よりスムーズなレスポンスを模索できます。
貴方もいろんなもので試してみては??
例えば、プロ奏者でもタコ糸で巻く人も居ますし、ゴムで止めたり、100均でも売っている、手芸用のフレキシブルな金属をコイル状にして使っている人もいます。

よく高音域の音が出にくい とか リードミスしやすい場合は、リガチャーを
交換することで改善される場合がありますし、フラジオ音域の出しやすさは、同じマウスピースでもリガチャーで大きく左右されることがあります。
border
お店に行くと沢山のメーカーから色々なリガチャーが売られていますから、
機会があったら是非試してみてください。
た・・・ただ、お店でリガチャーの試奏って、ほとんどできませんけどね 🙄

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コード理論とアドリブの入り口

生徒さんの中でジャズを吹きたくて通ってる人 と
別にジャズじゃなくてもいいからサックスを演奏したい人と
大きく分けて二通りおるんやけど、やっぱし譜面に書かれてる
コードネームが気になってきてとか、バンドとかするようになって
ソロ吹かなあかん・・という場面にぶち当たって、アドリブに
興味をもつようになる場合が多い。
アドリブというと難しい というイメージがあるとおもうけど
ん・・・簡単ではないけど 笑 でもそんなに構える事もないとは
思う。

理論書を買うとたくさんの情報が一気に頭に入ってきて
何が何やらわからんようになって、結局途中であきらめる・・。
めっちゃいいアドリブソロをするには それ相応の練習と
経験が必要になってくるのは確かやし、長い時間をかけて
熟成させていくし、熟成されていく。

そういう意味ではおれもまだまだまだまだ勉強中。
でもコード進行から調性(トーナリティー)を勉強する
ところまでは、レッスンでは大体4.5時間くらいで終わる。

音程の表記方法(度数)を学ぶ
ここを曖昧なまますすめると、結局なんも分からんようになります。

度数が分かったら コードネーム の表記がどのような決まりに則っているかを知る。
コードネームの構成音が分かる様になったら、とにかくコード構成音を吹けるようにする。サックスは単音楽器なので必然的にアルペジオで演奏することになるから、とにかく反射的に対応できるまで反復練習あるのみ!! アドリブの理論とかしらなくても、その曲のコード進行に合わせてコード構成音を吹ける様になりましょうよ!!


メジャーのダイアトニックコードと機能を知る

マイナーのダイアニックと3種類のマイナースケールを知る

ケーデンス(終止形) トニック とか サブドミナント とか
ドミナント とか まあ要するに 起承転結 の法則を知る
と だいたいここまで教えてから実践をしつつやけど、
よく ドレミファソラシドが吹けたらアドリブができる って
本とかあるけど じっさいそうなんよね。

逆にいうと全部の調のドレミ・・・は最低限吹けんとあかんねんよね。
そやから、まずは全部の調でメジャースケールはふけるように
日々練習してくださいね。
よく几帳面にノートに全部の調のドレミ書いて練習してる人いるけど、
それでは 譜面が読めるようになるだけ やから極力指が勝手に
動くように ある程度身についたら譜面とか使わんようにね。
かくいう私も、最初全部書いて、見て吹いてたけどね 笑

あと b系の調は ちゃんとbisキーで吹くようにしなあかんよ。
また詳しくはいつか書くけどね。。
こうやって文章でかくと難しそうかもしれんけど、
まず基礎的にはこのへんまでは音楽経験まったくなくても
2ヶ月くらいで分かってくるんよね。

まあ平行して ジャズレガート の練習もせなあかんよね。
でもこれもいいエチュードがあるんよね これ使ったら
一ヶ月ですぐにジャズ吹きできるようになる。
まあこれは俺も昔師匠から紹介されて、自分もレッスンで
使ってるんやけどね。

んで昨日3ヶ月前から理論勉強してアドリブを始めたばっかりの生徒さんが、セッションに行って来て、はじめてアドリブをしてきた とメールきてんよね。レッスンでやってた曲を3曲ほどアドリブしてみたらしく、自分が思ってた以上に周りの評価がよかったらしい。楽しめたーと
書いてありました。『どうやってアドリブ勉強したんですか?』って
聞かれたらしい 笑 てかあんたもまだコード覚えだして3ヶ月やし 笑

でもこうやってセッションの場に飛び出していくのはなによりも
勉強になるんよね!! 人のも聞けるし、また課題もたくさん見つかるし。
結構都内では初心者にも優しいセッションを企画されてる
ミュージシャンの方も多く、とても楽しい環境で学べるようで、
ぼくもそのミュージシャンの方々の姿勢には学ぶべき部分も
たくさんあります。

みなさんも怖がらずに とにかく楽器もって セッションに
参加してみるといいと思いますよ!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスレッスンの時だけ吹く

いま来てはる生徒さんは、普段仕事が忙しい人が多い。
そんでもって、普段練習できない人が多い。

やっぱし上達するには練習が必要だし、本人もそれは重々お分かりだが、
物理的に練習時間がとれないわけである。

「先生・・練習できませんでした・・」申し訳なさそうにおっしゃる。
本人的には練習したい・・けど時間とれない・・・
だから仕方ないわけですね。。

どういった形で、サックスと係わっていくかは人それぞれだし
学生時代にサックスを始めてたら、時間もとりやすいだろうけど、
社会人になってからだと、時間の制約も大きいですからね。

週1回とか2週間に一回サックスのレッスン時に吹くだけでも
「サックスと生涯付き合う」 ここ重要なので、
それぞれのライフステージにおける優先順位で、サックスと関わってみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスの持ち替え

サックスの持ち替えは、指が基本的に同じだから簡単なように
思うかもしれないですが、それがなかなか大変なわけです。

アルトサックスとソプラノサックス とか テナーサックスとソプラノサックス とか
アルトサックスとテナーサックスとソプラノサックス とか組み合わせはありますが、
持ち替えの難しさと克服についてお話しますね。

僕自身は最初はテナーサックスからだったんですが、最初に買ったマイ楽器はアルトサックスでした。吹奏楽部からのスタートだったので、学生時代には全ての楽器を演奏しましたね。
高校3年のコンクールでは なぜか3本持ち替えでした 笑

皆さんには メイン楽器 というか おれはアルトサックスがメイン おれはテナーサックスがメインというのが有ると思います。

勿論メインのサックスにかんしては、セッティングや細かい所でいうと
リガチャー・サムフックにまでこだわっているかもしれないですね。

そして持ち替え楽器はどうですか? あんまし練習してないとかないですか?
持ち替え楽器の方もメイン楽器と同じくらいこだわって練習していかないと、うまくなりませんよね。

特にテナーサックスとアルトサックス持ち替えは色々と気を使わなくてはなりません。
それぞれのセッティングが決まっても、1曲目はアルトサックス そして2曲目はテナーサックス みたいに使い分ける際に、2曲目のテナーサックスに持ち替えた瞬間に音が鳴らない とか問題が起きる場合があります。

実は僕も昔持ち替えを始めた頃苦労した点です。
2曲目にテナーサックスに持ち替える必要があり、いざ吹こうとするとキツイ・・必死でしたね 笑 その2曲目は間奏の8小節のソロでいきなりフラジオからだったのですが、ピィ~~って 笑

要するに個々のセッティングがまとまっても、持ち替えを考えた場合には、その 摺り合わせ が必要になってきます。
たとえばアルトサックスとテナーサックスで極端に開きの違うマウスピースを使ったり、極端にリードの硬さが違うとスムーズに持ち替えが出来なくなってしまいます。

そうなると音程が不安定になったり リードミスも多くなってしまいます。
セッティングの摺り合わせは、まずテナーもアルトもきっちり練習してから取り組む方がいいと思います。

若干アンブッシャーも違ってきますし、なにより マウスピースの
ヒットポイント がリードの大きさが違う為使い分けなければなりませんから、最初の頃は練習時にコロコロ持ち替えるのは避けて、じっくりと片方づつ練習するほうがいいと思います。

またアルトサックス・テナーサックスではフラジオ音域の運指が違ってきます、僕の場合はある程度共通に出来るものは共通にしてますが。
テナー独自・アルト独自のものは避けられませんから、この点でも注意が必要ですね。

ソプラノサックスとの持ち替えも非常に難しい部分もあります。
音程などの問題は練習して克服する必要がありますが、
ソプラノ独特の奏法が多く、これを基本から学ぶ必要があります。
音色もソプラノのいい音をよく聞いて、丁寧にロングトーンしてあげましょう。
とくに低音部発音・ビブラート・タンギング等がソプラノ奏法といってもいいくらい、アルトサックス・テナーサックスとは違ってきます。

なんかここまで書いといてなんなんですが、ぜひ持ち替えしてレパートリーを増やしてください!!
本数が増えると、リハーサルとか電車に乗るの億劫になったりしますけどね 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

楽器の種類での音色の違いとは? その1

 たとえばサックスとトランペットは違う音色してますよね?
当たり前の事とはいえ なぜ違って聞こえるか疑問を持ったことはないですか?

色々な楽器で同じ高さの音をならしてみても、楽器の違いは聞いてみるとわかると思います。

それぞれの楽器にはそれぞれの 音色 が存在するわけで、どうしてこの 音色の違い が生まれるのかを解説してみます!!

まず人が耳に出来る音域の話しをしなければなりませんね、人は通常20Hzから~20000Hz程度の音を音として感じることができます。
この周波数帯域を可聴域といいます。

この可聴域を超えた場合 20000HZ以上は 超音波 とよばれ
20HZ以下は 低周波 と呼ばれます。

人間以外の動物では可聴域が変ってきます、コウモリなどは
30HZ~100000HZまで聞くことが出来ると言われてます。

では本題に入りましょうー

よく犯罪捜査などで 声紋分析 というのがテレビで紹介されたりしますよね、
楽器の音色の違いというのも実は声紋分析と同じ方法で視覚的に見ることができます。
声紋分析では人それぞれ違った音の成分を持っている為、人を判別できる訳です。

この音の成分が 倍音 と呼ばれるものです。
どんな楽器・生活音・声など、自然界に存在する音にはこの 倍音 が存在します。
ある音(基音)を出したときに、実は ある音(基音)以外にも、別の高さの音が
うっっっっすらと同時になっているんです。

この同時に鳴っている別の高さの音を 倍音 といいます。

倍音には含まれ方の法則があります。

この法則が倍音列です。では
ここで倍音列を紹介しましょう。

1 を 基音 としたピアノなど楽器を鳴らすと、2~16の倍音もうっっっすらと含まれて

聞こえて
います。普段の生活においては考えるだけ無駄なんですけどね 笑

理論的には第17倍音以上も無限に存在するんですが、先ほど書いた人間の可聴域を
超えてしまうので、音楽的には省かれます。

※あまり細かく書いちゃうと、倍音だけで論文になっちゃうので、知識程度にしときますね。

実はこの倍音の含み方(倍音成分)の割合が、楽器によって違うので、
人間の耳には 音色の差 となって聞こえます

 

さて実際にこの倍音の成分の違いを視覚的に見てみましょう。
視覚的に見るには先ほど言った 声紋分析 の時によく画面に

出てくる スペクトラムグラフ をつかってみます。
たとえばこれはピアノのA音のスペクトラムグラフです。

スペクトラムグラフは

横軸は  時間

縦軸は  周波数です。

※縦軸の周波数は下が20HZ~上が22000HZ(可聴域)となっています。

音を聞いてみる

 

色が 白 > 黄色 > 赤 > 紫 の順番で成分が多い(音が大きい)ということになります。

ここで鳴っているのは 基音 が 440HZなのですが この基音あたりは白~赤にかけて

大きく聞こえています。それ以外の小さく鳴っている基音より上の紫の部分は 倍音成分となります。
では その2 では、同じ高さの A音 を色々な楽器で出して

それぞれのスペクトラムグラフで倍音成分の違いを見てみましょう!!

つづく → 楽器の種類での音色の違いとは? その2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

ソプラノサックスでのレッスン

いまうちの教室にはソプラノサックスしか吹かない生徒さんも
数人いてはります。そのうち2人はソプラノサックスしか吹いた
事がないんだけど、ソプラノからサックスを始めるのは・・という
意見も多いことは事実なんよね。

というのも音程とかとりにくい とか マウスピースが小さい分
難しい・・とか いろいろ意見はあるけど、結局
アルトサックス・テナーサックスに比べたらソプラノサックスは難しい なんよね。

ソプラノサックスしか吹いたことない人は 比べる対象もないから
「こんなもんなんだー」ということで まったく気にしてないし、それで上達していってます。
たしかに教える側からやと、アルトサックスとかに比べたら最初の2ヶ月の
進度は遅くなるのは事実やねんけどね。

それはアンブッシャーとか、ストラップがあまり役に立たない分
構え方とかに時間がかかるからなんやけど、それクリアーしたら
しいて問題はないと思います。

ソプラノサックスはサックス族のなかでも 特殊な存在だと私は思いますわ。

奏法なども非常に緻密に練習しないと駄目やからね。
特に下の方の奏法ねー。またいつか書くけど、
「アルトサックスとかテナーサックス吹けるからソプラノサックスも指一緒やしふけるわーー」的に演奏しちゃうと
ほんとチャルメラになっちゃうから 気をつけましょうね!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。