サックスセッティング オマケ MASAX編

一応私のセッティング遍歴も書いてみたり 見なかったりw
参考にはならないかも・・ですが。
※2015年9月 更新
ソプラノサックス
楽器    セルマー マーク6 (仏)
*1897・・
マッピ   セルマー スーパーセッションH 改
リガチャー ブルズアイ ルーク
リード   ファイブラセル 21/2
ラヴォズ MS 2-1/2

アルトサックス
楽器    セルマー シリーズ2 (仏)
*4197・・ メイン
*6497・・ サブ
マッピ   ブルズアイ ハンドメイド
デイブ ガーデラ KING R&B
リガチャー ブルズアイ ルーク
リード   ファイブラセル 2-1/2
バンドレン V16 2-1/2
ダニエルズ 2-1/2

テナーサックス
楽器    セルマー シリーズ2 (仏)
*4332・・
マッピ   オットーリンク tone master 7★
リガチャー ブルズアイ ルーク
リード   ファイブラセル 2 or 2-1/2
バンドレン V16 2-1/2
——————————————–
遍歴
楽器本体
アルトサックス
セルマーシリーズ2 → セルマー マーク7(アメセル) → セルマーシリーズ80-1 → セルマーシリーズ2 → セルマーアメセル6 → セルマーアメセル7
→ セルマーシリーズ2
テナーサックス
ヤマハ23 → セルマーマーク7(仏) → セルマーシリーズ2 → セルマーアメセル6 → セルマーアメセル6 → ヤマハ875 → セルマーシリーズ2
ソプラノサックス
セルマーシリーズ80-1 → セルマーシリーズ2 → ヤナギサワカーブド → ヤナギサワ880 → セルマーマーク6(仏)
ソプラニーノ
ヤナギサワ
wind syn
yamaha wx7 - AKAI EWI1000&2000 - AKAI EWI3020 - AKAI EWI4000

——————————————–
マウスピース
アルトサックス
セルマーC★★ → ARBハードラバー → アジャストトーン → 自作w →・・・・・・・色々
デイブガーデラ KING R6B(10年くらい) → ビーチラーハードラバー → ブルズアイハンドメイド

テナーサックス
セルマーC★★ → セルマーソロイストE → クラウドレイキ → デイブガーデラ1 マイケルブレッカーモデル →・・・・・・・色々→ バンドレンV16 → オットーリンクトーンマスター7★

ソプラノサックス
セルマーC★★→セルマーメタルF →・・・・・・・色々 → オットーリンク10*改(7年くらい) →
セルマースーパーセッションHリフェイシング(試奏して即替え)

※短期間使用のは省いてます。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

MASAX 音源視聴コーナー

よかったら聞いてください。

 

なにか懐かしい匂いというか、色彩を感じていただけると幸いです。

sop sax ; MASA
key: K.TUNODA

立ち止まってしまった時 すこしだけ前に踏み出す・・ちょっとした勇気が必要・・・

sop sax; MASA
key: K.TUNODA

あの雲そして自分は どこにむかうんだろう。。。

sop sax; MASA
key: K.TUNODA

澄んだ空気感の中の緊張感。

sop & tenor sax;
MASA
key: K.TUNODA
作曲家矢島ナツさんとのコラボレーション
GateInRecords presents 2003 winter Collection
作曲 YAJIMA N
マイナーのアルト曲

alto sax ;
MASA
名曲をソロで演奏してみました。
sop;MASA

楽器の種類での音色の違いとは? その2

では実際に色々な楽器で 440Hzの音を出して倍音の違いを
見てみましょう。
※ 440Hzはピアノのラの音になります。

ここでまず最初に サイン波 と呼ばれる音のグラフを
見てみましょうー

これをみてもらうとわかる様に、サイン波はほとんど倍音が含まれていません。
これは皆様もつかった事がある チューナー などから出る音ですね。
基音のみを出すことで、チューニングの妨げになる倍音を省いた音色です。
倍音が含まれないと、なんとなく無味乾燥な音に聞こえませんか?

では実際に楽器別に見ていきましょう!!

ピアノ
トランペット
トロンボーン
ホルン
オーボエ
ファゴット
フルート
クラリネット

スペクトラムグラフの違いがわかりますよね!

このように同じ高さの音をだしても、楽器の違いがわかるのは
この倍音の成分の比率の違いによるものなのです。

———————————————————-
また倍音の成分の違いは、同じ楽器でも変ってきます。
サックスにおいても色々な音色がありますよね?

これはマウスピースやサックス本体の材質・メッキなど様々な
要因で この倍音成分が違ってくるためです。

 ただし間違ってはいけないのは
マウスピースやサックス本体の材質・メッキの変更は豊かな倍音を得る
手段でしかないということです。

サックス本体の先にはマウスピースがついていますよね、その先は・・・・・

そうサックスを吹くあなた自身の 口腔 そして 喉 肺 共鳴を得る
体全体なのです。
腹式呼吸で息の均一化を図るとともに、お腹で共鳴させてより豊かな
倍音を発生することがなにより多くの倍音を出す秘訣なのです!!


喉を開く とか アンブッシャーを締めすぎない とかは全てこの
豊かな倍音を発生させるためなのですよー。

ですから日々のロングトーンでは 体全体・そして楽器全体を共鳴させる という意識を持って行いましょうね!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス セッティング アーティスト編

変ってる場合もあるので 参考程度に。

アーティスト
ソプラノサックス
アルトサックス
テナーサックス
Charlie Parker   (MP)ブリルハート エボリン(楽器)connとかkigとかセルマーとか  
Cannonball Adderley  

(MP)Gregory 4 or 5, New York Meyer 5

(楽器)King Super 20

(リード)Rico 2 or
LaVoz Medium

 
John Coltrane  (MP)Metal Selmer E  

(MP)Metal Otto Link 5☆~8☆

(リード)Rico 4

Gerald Albright  (MP)Dukoff D7 (MP)Metal Beechler 7 (MP)Dukoff 7
Bob Berg  (MP)Metal Selmer G   (MP)Metal Francios Louis,(リード)Rico
Medium
LaVoz(楽器)アメリカン
Selmer MkVI
Michael Brecker (MP)ガーデラ   (MP)ガーデラ 勿論ブレッカーモデル(リード)LaVoz Reeds

(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

Paul Desmond    (MP)Gregory 4A-18M(リード)Rico 3 1/2 Reeds – Selmer

(楽器) Super Balanced Action

 
Candy Dulfer   (MP)Saxworks
デュコフクリスタルブラック
(リード)Rico Jazz Select Medium
 
Bill Evans     (MP)Guardala Studio Model,(リート)Vandoren

(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

Kenny Garrett (MP)Selmer F(リート)Vandoren 3 (MP)Selmer E(リード)Hemke 3

(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

 
Dexter Gordon (MP)Metal Selmer C☆   (MP) OttoLink
Sonny Rollins     (MP)Berg Larsen
130/2
Wayne Shorter (MP)Hard Rubber Otto Link 10  

(MP)Hard Rubber Otto Link 10

(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

Joe Henderson     (MP)Semer Soloist D(リード) LaVoz Medium Soft Reeds
Joshua Redman (MP)Selmer Soloist Hard Rubber
G
(リード)Vandoren 2(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

(MP)Meyer New York USA 6 Hard Rubber

(リード)Vandoren 2半

(楽器)Selmer BalancedAction

(MP)Metal Otto Link 9*(楽器)Selmer
SuperBalanced Action
Maceo Parker   (MP)BrilhartEbolin  
David Sanborn   (MP)Dukoff D7~D9
一時サックスワークス(宣伝用?)
(リード)La voz
 
Ernie Watts (MP)Runyon 9 (MP)Lawton 9*
Barone Metal
(MP)Metal Otto Link 13
Kenny G (MP)Dukoff metal D8(リード)Hemke 2半 (MP)Beechler hard rubber S5S(リード)Hemke 3 (MP)RIA metal  5(リード)Hemke3
Brandon Fields  (MP)Selmer E

(MP)ガーデラ スタジオモデル

昔はMetalOtto Link

(MP)Metal Florida Otto Link #7(楽器)アメリカン
Selmer MkVI
Dave Koz (MP)Couf 8 (MP)Metal Beechler 7 (MP)Hard Rubber Berg Larsen
Eric Marienthal  (MP)Metal Beechler 8,(リード)Vandoren (MP)Metal Beechler 7 (MP)Berg Larsen 110/2, (リード)Vandoren 3

(楽器)アメリカン
Selmer MkVI

Branford Marsalis (MP)Bari   (MP)Guardala
Branford Marsalisモデル
(楽器)アメリカン
Selmer MkVI
Bob Mintzer    (MP)Berg Larsen 95/0 (MP)Hard Rubber
Freddy Gregory
(楽器)アメリカン
Selmer MkVI
Boney James   (MP)MetalBeechler (MP)Guardala King/R&B,(リード)Vandoren V16 3 1/2
Tom Scott   (MP)Guardala Studioモデル  
Kirk Whalum (MP)Dukoff 8*   (MP)ガーデラ(楽器)カイルベルス ブラックニッケル

(リード)Vandoren

4

Phil Woods    (MP)Meyer 5(リード)La Voz medium  
Jeff kasiwa   (MP)ガーデラ   

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスのアンブッシャー

最近来られた生徒さんがアンブッシャーが壊滅状態だったんだけど、
なぜそうなったかというと、前の先生にアンブッシャーを変えることを
強制されたから・・ということでした。。
有り得ん・・・ なんで強制するんやろね。。
サックスのアンブッシャーとはマウスピースの銜え方なんだけど、
大きく分けて2種類あるんよね。
●シンリップ奏法
サックス アンブッシャー シンリップ
シンリップ奏法はマウスピースを咥えるときに下唇を下の歯に巻く奏法。
一般的にクラシック奏法とも呼ばれることが多いのですね。
●ファットリップ奏法
サックス アンブッシャー ファットリップ
ファットリップ奏法はマウスピースを咥えるときに下唇を下の歯に巻かないで咥える奏法です。
本来クラシック教育においては、サックスより古い楽器でシングルリード
楽器であるクラリネットと同じシンリップ奏法が基本とされてました、
しかし現在も名を残したジャズミュージシャンが まだサックスを始めて
手にした際に、クラシックサックスの基本でもあったシンリップを知らずに
サックスを吹こうと練習したら 下唇を巻く なんて思わないですよね。
そのまま巻かずに練習することで、サックスの奏法としては間違った奏法として始まったといわれています。
しかしその間違いから始まった奏法は、60年を経て、今では
一つの奏法として確立されています。
さてじゃあどっちがいいのか?
答えは どちらでもいい です。
シンリップでは音が細く、音程の変化がつけにくい とか
ファットリップでは音程が不安定で・・など色々と論争はありますが、
どちらの奏法も突き詰めれば同じです。
ですから先生によっては奏法を変えろという人もあるようですが、
変える必要はないと思います、むしろアンブッシャーを壊して
しまいますからね、合う先生探したほうがいいかもですね。。
厄介なのは大学のサークルなどで先輩が大学からサックスを始めたので
ファットリップ奏法。 後輩は吹奏楽から始めたのでシンリップ奏法。
そして先輩はいいます「ジャズはファットリップじゃなきゃ駄目だ」

後輩は そっかジャズはファットリップにしないと・・・とそれから
シンリップを捨てようと頑張ります。 それでもいいけど、それなら
今まで培ったシンリップ奏法を極めていけばいいわけです。。

どちらの奏法でも 練習して極めればいい音色でるし・いい奏法なのです。

さらに、ダブルリード楽器を吹くときと同じように、ダブルリップ奏法でサックスを吹く方もおられます。

シンリップ、ファットリップの人も、ロングトーン練習だけ、ダブルリップでやってみると、変な力が口輪筋にかかりませんから、リラックスして息圧の安定につながります。

僕自身はアルト・ソプラノはシンリップ で
テナーは シンリップとファットリップの中間みたいなアンブッシャーですかね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスの練習メニュー 短時間編

生徒さんたちのほとんどが限られた練習時間のなかで
サックスの上達を目指しています。
学生時代ならまだしも、社会人となるとなかなか時間は取れない
ですし、プロを目指してる生徒達も生活のためにはバイトもしなくてはなりませんしね。
では限られた時間の練習はどうすればいいのでしょうか?
——————————————————
■練習時間の最低10分はロングトーン!!
ロングトーンですが、めちゃめちゃ大事なのは言うまでも
ありません。例えばピアノはロングトーンの練習はありませんよね、でも管楽器・弦楽器では必須の基礎練です。

わかっちゃいるけど、あんまり楽しくないって??
わたしもわかります、その気持ち。
でも、大事ですからやってくださいw

ロングトーンの方法論は教本などにも沢山紹介されていますから、説明はそちらにお任せいたしますが、とにかく大事なのは自分の音をよく聞くということです。
チューナーを置いて、音程が揺れないように気を付けて吹く事も重要ではありますが、よく聞いていれば音が揺れるの(音の大小・音程のふらつき)わかりますよね? ですから、チューナーはひつまず使わなくていいんですよ。-10セントあたりででも一定に揺れなければ、立派なロングトーンです。仮にチューニング音で安定して低ければ、マウスピース少し挿せば済む話ですからね。

■指の練習
これは色々な練習曲(エチュード)が存在します。
クロイゼ などは有名ですよね、ただし結構中盤からは
難しいですね。普段からエチュードを使って無駄な動きを
減らす練習をしてもいいですし、自分の好きな曲の中で指が転ぶ
所をメトロノームに合わせて重点的に練習するのもいいでしょう。
でも、基本は半音階とかメジャー全12調を練習するのが、初期段階では非常にいい頭と指のトレーニングになります。
かならずメトロノームを使うことと、極力譜面に書かずに指の”流れ”で覚える、んで指の転びをシビアに判断できる注意力が必要になります。
■曲の練習
短時間練習においては、曲の練習まで時間がなくなってしまうかもしれないですが、表現力を身につけるには必要不可欠です。
表現力 は 楽器のコントロール 譜面解釈 表現手法 ・・ など等を学ばないといけませんから、結局は基礎練習も必要になってきます。
しかしいま自分で出来る限界までチャレンジしてください。
自分の演奏の納得のいかない部分を具体的に解析する癖をつけましょう。

ダイナミクスの幅狭くない? とくに小さい音つかってる?

ほとんど最初の頃はコントロールできないため、ppなどは使って
演奏してないと思います・・・ これを克服するならロングトーンに クレシェンド デクレシェンド の練習をしっかりしなきゃ。

譜面解釈はしてみた?
譜面解釈はまたいつか書きますが、歌心 とか言われる
フレーズの吹き方、ダイナミクス など様々なことが
解釈から生まれます。
プロ奏者はメロディーを吹くときにすごい考えて 計画的 に
吹いている事を知ってくださいね。
「こう吹いたらサックスらしく かっこよく聞こえるはずだー」と計画して確信を持って吹いてます。あるいみ腹黒いのです 笑
そして解釈すれば、ブレスの位置など全てのコントロールが決まります。

等々 曲を練習することで、足りない部分を自覚して基礎練習に立ち戻り、また曲を吹いてみて・・・と繰り返しになります。ですから、ひたすらロングトーン して 20分は指・・という風に決め付けて練習せずとも、次第に自分のペースをつかんで来ると思いますよ。
曲を吹くことでサックスの楽しさもわかりますし、足りない部分もわかるとおもいますから、沢山曲を吹いてください。
そして自分に足りない基礎部分を発見して そこを練習・克服して完成度の高いレパートリーを増やしてください。
しかしまあ、基礎連てツボにはまりだすと、面白くなってくるんですけどね 😛

 またスマホなどでの録音・撮影機能を活用して、客観的に
自分の演奏をきくようにしましょぅ!!!!!!

 

ちなみに、わたくし個人的なルーチン練習としては、最初の30分のメニューは、何年も変えていません。最初の30分は指温めと頭の中整理といいますか、ちゃんと運動的に動く状態と頭が回る状態にまずもっていってからその日の練習に入る感じです。
まあ、正直なところ、最初のルーチンメニュー30分が終わると一旦集中力が切れてしまうので、10分くらい休憩いれます(^^; んでまた40分やって休憩して・・・と繰り返しています。
これは私のペースではあるので、皆さんが真似する必要はありませんけどね 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

音程と音の干渉について。

音程というのは実に奥が深いので、ここではほんと簡単に説明します。理論などでは多少突っ込んだ説明をしますが、まずは音程の基本からです。

音程 というのは音楽的には ある音 と ある音 の隔たりを表す単位 ということになります。
単位は 度 を使います。
家からコンビニまでだと 200m とか距離の単位は cm m km などですよね。じゃあ ド と レ はどれくらい離れてるの?説明して? といわれたときに単位がないと困りますよね、そこで音と音との隔たりの単位があるわけです。

しかし音楽演奏者でよくいう 音程(ピッチ) は多少意味合いが違います。
サックス奏者二人が同じ音をだしていても、完全には一致してない場合 濁り が生じます。
この濁りは物理的に言うと、音波の干渉 です。

音の高さを表す単位は Hz ヘルツという単位を使います。これは空気の振動によって生まれます、1秒間の振動数をあらわす単位がこのヘルツなんです。
たとえば1秒間に440回空気を振動させると ピアノのラ(A音) の音になります。厳密には室温や湿度など様々な条件がくわわります。逆にいうと440回振動させた音(440Hz)はピアノのラの音にしましょう と取り決められたわけです。これが下記にも書きますが国際基準音というものです。

では音の干渉(濁り)を聞いてみましょう。干渉は簡単に説明すると同じ ピアノのラ音 でも440Hz と 439Hzを同時に鳴らした場合不快に感じる音の ウネリ が生まれます。管楽器などは各々の奏者が音程をコントロールしないと正しい周波数で演奏できませんので、このズレが他の楽器と音の干渉を生み演奏を聞くものにとっては不快と感じてしまいます。

音の干渉を聞いてみましょう。

完全一致の場合 (2音とも440HZ)
ズレが有る場合2音 (339Hz と 440Hz)
ズレが有る場合2音 (338Hz と 440Hz)
ズレが有る場合3音 (339Hz と 440Hz と 441Hz)

音のウネリわかりましたか?

微妙にずれた2つ以上の音が鳴ると、音が回転しているように聞こえると思います。

楽器の場合のよく言う 音程あわせてっ!! ピッチ悪いよ・・ は同じ音を出そうとしているにも係わらず
合っていない場合を指すことがおおいです。

正しい音程という基準は実は物理的な振動数で実は決まっています(国際基準音 A=440ヘルツ)。その基準から各音の周波数が決まってきます。自分が出してる音と基準音とを比べて、合っている とか 高い 低い と表示するのがチューナーの役割です。チューナーでは基準A(ラ)の周波数を変えることも出来ます。空気の振動である音波は湿度や気温によって多大な影響がありますから、夏の暑い場合吹奏楽などではA=442Hzなどでバンド全体で基準を高めに合わせる場合もあります。

音程を合わすことに関しては自分の周りにサックス奏者や音楽知識のあるひとに実際に聞いて体験してくださいね。

音痴なサックス奏者 にならない為にはまずこの音程の存在を知っておいてください、しっていてもサックス技術がおぼつかない時期にはコントロールできないと思います。しかしその時に自分が音痴になってることを「気持ち悪い」と感じることが音痴サックス奏者にならないための重要なポイントになります!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。